• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

色々ありまして・・・

さて、前回の更新から1ヶ月が経過しているようで。

その間、窯焚きが出来ていれば良かったのですが、思いの外のことが色々と。
ようやくに区切りがついたので、簡単にという次第です。 

kodomonohi.jpgkaiyuukannhe.jpg

子供は元気に。とまぁ、一方でウチの大黒柱である嫁さんが仕事を辞めることに。

ご時勢ですかね。厳しいところは厳しい。

務めていた会社が、大手からの仕事を失って実質倒産状態→大会社への身売り。
リストラで大半の社員が辞め、転勤も。事務員についても明らかな過剰体制。
というか、昼寝が許されるような状態で、寝てるような社員も普通に居たそうで。
嫁さんも、遠方にある工場に出向というような感じで1か月ほど遠距離通勤したり。

そんなこんなの状態が去年から続いてきたのですが。

やはりというか。リストラともなれば皆さん「我が身大事」です。
「足の引っ張り合い」が始まると、引っ張らない人は負けるのが道理。
管理側としても、「肩を叩かずとも人が減るなら、まぁ・・・」という話。

というわけで、イワレのない陰口合戦は、辞める人が出るまで続くわけです。

しかし陰口合戦に勝ったところで、人間として何も得るものなどないわけで。
子供も居るし、と頑張ってくれていたのですが、すっかりと疲れてしまって。

そんな不健全な環境、正直、とっとと見切りをつけるが良いと分かっていな
がらも、簡単にはいきませんものね。


そんなこんなで退職。優秀な嫁さんですので、次の勤め先もスグに決まって。
収入的にはむしろ多くなるくらいです。


とはいえ・・・ちと朝が早いので御座りまして・・・。


子育ての比重は私中心に。送り迎えをしてからしか動けなくなるので。。
茶会のお手伝いなどには出られないことになりそう。


色々、生活配分の立て直しをしなければならなくなっています。


そんなこんな。です。


ともあれ、GWも終わりましたね。陶芸の森の作家市には今年も出店できず。
というのも・・・

karetesimate.jpg 

今年から、滋賀青年部にて三大神社の藤棚野点席の取りまとめをさせて頂くことに。
5/4、5/5には呈茶をさせて頂いて、数百名のお客様をお迎えする次第にて。
前日準備を初めとして、こまごまとした準備などが重なっておりました。


それほど沢山の準備が必要というわけでもないのですが、
過去の資料から洗い出したり、というような予算分配の思案が1番の難点。

私も随分と、クラフトフェアなども回りますし、GWは作家市に出ていますから。
屋外イベントの集客は、天候などによって、簡単に半分になったりします。
作家市も、「終日雨」×「肌寒い日」など、ホトンドさっぱり売れませんからね。
もともとが収益団体でもないので、赤字は困ることになるわけです。
なので、しっかり予測して、菓子と抹茶の数量を読んでいかないと、というもの。

準備自体は、私だけが行うのではなく、皆さんの協力もあり、神社の協力もあり。

そんなこんなでしたが、今年は藤が「10年来の不作」ということになりまして。

今年は「桜がもう終わっている中での”桜まつり”」が散見されたわけですが、
こちらも、「藤が終わってしまっている中での”藤まつり”」と相成りました。

なんとか、赤字にならずに終えられて。また、皆様にもお茶を楽しんでいただけて。
ありがたい次第でありました。


ん~。しばらくは春の作家市、出れないのかなぁ・・・・

とも思いつつ。

まぁでも、お茶をする少ない機会かなぁ・・・

とか

今月後半!窯焚き間に合うかなぁ・・・ 去年みたいに6月になるかもだなぁ・・・


と、ブツブツと呟きながら、新緑の青空を眺めています。

春にはなったけれど

ohanami.jpg
さて、すっかり花見の季節も終盤。
あとは山桜が楽しみという次第でしょうか。

sotuennsiki.jpg 
年度替わりということで。
卒園式を経て新しい保育園での入園式。

その間の春休みは預け先もなく、
新しい保育園はステップ保育。
今月は短時間で帰ってきます。

これって。普通、仕事してたら無理ですよね。
それも新年度早々から。

両親とも仕事をしていなければ保育園の入園許可は出ない。
そも入園許可は待機児童よろしく不可思議な点数判定があって、
その機械式の判定には明らかに欠陥を感じる部分がある。

そしてどちらかが退職すれば即座に保育園への通園は停止措置が来る。
就職が決まってないと原則的には入園の申し込みさえ出来ないのに、だ。

新年度始まって、入園式などは全部平日。4月入社なら、就業規則もらう
かもらわないかという入社直後に休暇を使うことになる。それも1日だけ
ではない。
ステップ保育という、短時間のみしか預けられない期間が半月ほどある。
その間、風邪などで子供が休めば、その期間は延長されるという仕組み。

入社1か月は3時間だけの勤務とか、そんなことを受け入れる会社はない。
平常から3時間だけのパートでは、保育園の入園許可を得るのは難しい。

なんだこの。保育利用者を抑圧した仕組みは。
もちろん各種提出書類は平日に役所へ行くことになる。


用意もいろいろと大変。そも8時半からの保育という前提があるなら、
8時半にしか門は開かない。私も実際、「あと1分待ってもらわないと
触れません」という事を言われたし、「お迎えが1分遅れたので追加料
金」という請求も受けた。そういうものらしい。

8時半からタオルやらオムツやらを親が設置。保育園を出て会社へ。
それで、さて9時始業に間に合うてのは、さてどこの話なのやら。


うん。つまり。仕事が進められてないってことが言いたいんです。はい。

そんなこんなで。とはいえ、子供は新しい環境に放り込まれるわけで。
そっちの方も大切。日々嫌がらずに頑張ってくれるとこまで、こちらも頑張らないと。


ついでに。薪の調達も難航したまま。「2~3回分の薪を確保しておくべき」
といわれるものですが、こうなってみると確かに。まぁ、無いことも無いんです。
でも、貯蓄用を使ってしまうのは、ちょっと怖いというか、もったいない。
本当に勝負したい時を思いながら、使いよいものを残したりしているので。
確保はしてるけど・・・です。

これ以上難航するなら、貯蓄用の薪を使うことになるかと思いながら。

まぁ、ほとんど子育てに時間を取られている状態です。
2人とも新しい環境に放り込まれてという状態なので。


ていうか・・・子育て大変ですね・・・。ホント。

難航中?

harunohiyori.jpg

さて、すっかりと春になったわけですが。

nannkoutyuu.jpg 

薪の調達が難航しております。3月はムリ。
4月中の窯焚きも、ちょっと日程が組めるかどうか怪しい。

おそらく5月になるかと思います。

国産木材になるのですが、その需要が全く冷えているらしく。
薪で使わせてもらっている端材どうこうという話にならず。

これまで、こういった事は無かったので、油断しておりました。

suidoukannsyuuri.jpg 

まぁ他、細かいことでは水道管の破裂など。
修理自体が難しい場所でなくてありがたく。
冬の凍結で、おそらくヒビが入っていて、それが破裂。

kennkyuukai.jpg 

茶道の方では、研究会に出させて頂きました。
科目は平花月にて。先生の日頃の御指導のお蔭で無事に。

青年部でも懇親会などがあり、土日は忙しく。
今週末には長男3歳の卒園式、自治会の総会など。

まぁ、2週間後には次の保育園の入園式です。
3歳とはいえ、妹の面倒など、色々と助かっています。


とまぁ、そんな感じに。

薪で足止めをされて、またイベントやら、子供の休園やら、
また冬に体調不良で動けなかった分の、家や工房の手入れ。

色々とスッキリしない状態を抱えながらの作陶という次第です。
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。