• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

近江神宮献茶式 他

jinbeiseisaku.jpg
すっかりと夏の陽気かと思ってしまうのですが、それも例年のことでしょうか。実際に7月8月の暑さは別のものですね。おかげ様ですっかりと風邪も治りまして。起き上がってさて、稽古もお休みを頂戴するなど数日は体調の宜しくないままに過ごしていたのですが、近江神宮の献茶式には参列をさせていただいて。

amehuritoomoikiya.jpg 
当日は出立時点でも随分と雨が降っていたのですが。 

oumijinguukentya0.jpgoumijinguukentya1.jpg
いつもながら大宗匠の御献茶では雨が止んでしまいます。
御姿を見るだけで何か学ばせて頂ける様な。
大宗匠の凄味といいますか、何といいますか。

 oumijinguukentya2.jpg oumijinguukentya3.jpg
協賛席にては社中大先輩の酒井先生が釜を掛けられて。
熱い薄茶を一服。皆さん「あ、美味しい」と口々に。
雨で小寒い中の熱い一服というのは、本当にホッとしますね。 


oumijinguukentya5.jpg 
もう1つの御席は、ちょっと場所柄見えなかったので残念ながら
掛花入は貞光さんのものでありましたか。

oumijinguukentya4.jpg 
そうそう。点心は近江グランドホテルから料理人さんが。
いつもながら、食べきれない程の御馳走を頂戴致しました。



毎年の献茶式。例年5月29日が日吉大社、6月9日が近江神宮。去年はちょっと法事で行けなかったりもしたのですが。毎年同じ献茶式のことを書いていながらに、ブログの記事の書き方1つでも随分と変わってきたなぁ、と思いながら。もちろん例年道具も変わっていれば、御家元に大宗匠の様子も違いますけれど、本質的には御献茶の神事というのは変わらないもの。でも、毎年感じることが変わりつつ。

そうそう。日吉大社献茶式の協賛席にては御家元より「彼の水指だね」と御言葉を頂戴したと聞き及びました。真に有難い限り。当日は私が参席した際にも御正客より「彼の作品ですね」と。非常に沢山の方々から御言葉を頂きました。改めてこちらにても御礼申し上げます。有難うございました。

sanzennyuumon.jpg 
ええっと。写真は最近の愛読書(?)ですが。宗道先生が若い頃に勉学されていたという大森宗玄氏の書籍。風邪で家にいる時間が長かったものでして、何度も読み返しているものですが、読むほどに色々な基礎的誤謬に気付かせて頂けるので、本当にありがたいものだと思いながら。公案というものについての基本的な解説は、そのまま御軸の言葉の感じ方の基本姿勢になるものでしょうし、点前1つ行うにしても、それが座禅の要素を持ってこそというような事も教えて頂けるものにて、いやはや。そういえば稽古場にては「一昧禅」と掛かっていたように覚えますが、「茶禅一味」という言葉1つでさえ、言葉は覚えていても、さて実践ともなれば遠すぎて困り果てるようなものでしょうか。

そうそう。先日の稽古における訓示にては「情を通わせなければ何の意味もない」という御話でしたか。言葉や知識をどれだけ振り回しても意味はなく、言葉を身に染み込ませて、無意識にその振る舞いが出来るまでになって、ようやく「分かってきた」という話になるようで。「御軸の言葉が分かるように修練を積みたく思っています」と、この言葉通りのものを、その意味がようやく感じられたように思いながら。

と、入門書を読みながら感慨を深くしているようで、全く入門の前段階もいいところで。
まだまだ、この世界の奥は果てがないようで、楽しみであります。

陽気

yoitenki2.jpg yoitenki_201503191246592de.jpg

すっかりと暖かくなりまして。少しは寒の戻りもあるのでしょうけれど、嬉しいものですね。我が家ではようやくに梅が咲いてきた頃合い。まだまだ寒いので風邪には気を付けつつという辺りでしょうか。苦労されている方は花粉も少々大変なのかもしれません。

komori.jpg
今日は子守。今月から嫁さんの育児休暇が終わってお仕事へ。なので子守の日も回ってくることに相成ります。前半は個展手伝いなどもあり、他にも茶会など用事のある際は実家に預けて面倒を見てもらっています。日々成長。大したものですね。一人遊びをするようになってきたので、ブログくらいは更新できる感じに。きなこもち(猫の名前)も、子育てなどしたことが無いのに尻尾を動かしています(子守する時の動き)。ここ数日は作品の制作他、確定申告など。昨日は高圧洗浄機を取り出して工房の掃除などをやっています。今日は朝までガス窯を焚いていたので眠いのです・・・。

ここ数日で大きなことは
北野天満宮は明月舎での茶会水屋に入らせていただいて。
kitanosan0.jpg kitanosan01.jpg
 毎年とはいっても、やはり明月舎。水屋の方々も6時過ぎから着々と御到着。
とはいえ宮の方々はもちろん清掃作業を始められています。

kitanosan.jpg kitanosan02.jpg
来客は異例の多さで約400名に。何の宣伝もなく集まられた方々。
明月舎の許容数にも精一杯だったのではないかと思いつつ。

滞りなく進行するための工夫。水屋からの一服も美味しい一服を。
いつもいつも、新しい工夫を考案されて。それを学ばせて頂いて。 

kitanosan03.jpg
早朝から3時まで切れることなく。片付けが終わっての一服を頂戴して。
特別に手配されていた菓子も水屋の人数分を取り置いて頂いたらしく。
「社中こそが一番大事」とのありがたいお言葉にて。   



さて、今年も春を迎えつつ。段々と忙しくなってまいります。

冬の色々

色々ありまして更新も遅くなりました。

sitijizuisin.jpg

先週は水曜日に冬季大炉研修会と七事式。稽古場にて毎年冬の最も寒い頃合いに。遠路はるばる多くの一門の方々が集まって、大炉と七事式の実践稽古をつけていただきます。普段の稽古とは違い、各種の七事式を次々と決められた組で実践して、他の方々はそれを拝見という形になりますので、なかなかに緊張感も高いもの。茶会については日々本番の機会を頂けるわけですが、七事式の本番の機会というのはなかなかありません。そういった意味にも意義のあるものとして行われているのかなと感じます。

大炉もまた、「冬は暖かく」の実践。寒い時節に身を置いての工夫を学ぶ機会。炉縁1つにしてもそうですが、一つ一つに配慮があることを教えていただきながら。点前順序だけではない「お家元の考案んされる工夫の実際」を、色々な話を通じて教えていただいて。七事式もまた、亡くなられた後に発表されることが多いとも聞いて。工夫1つ、配慮1つにしても水準の高低というものがあることを学ぶ場とも感じつつ。

御軸は「七事随身」。天竜寺の大森曹玄老師。若いころ、宗道師が縁を求めて訪ねて往かれて老師に講演会を開いて頂いたのだとか。その際に御染筆頂いたものだそうです。七つの心得についても御説明頂いたのですが、さて、どれか1つからというあたりでしょうか。折に触れて禅の厳しさを教えていただく程に、稽古の心得も改まる気が致します。


以下は気楽な話。

yononakaha.jpg hakamairikara.jpg
で、世の中はこういった御時勢ですが。嫁さんの祖父七回忌。毎年この時期です。 
法事は無事に済んだものの・・・

oirumore.jpg 
はい。車のエンジンがお亡くなりになりました。オイル警告ランプがついたのでカー用品店で補充してもらって宿泊先へと移動したのですが、さて着いてみると煙は吹いているわ、オイルはダダ漏れであるわ。なぜか作業員が気づかないままに送り出したそうで、責任者の方が来てくれて色々と説明を受けて。少し前から状態の悪化があったのは認識していたのですが、遠出によって損傷が拡大しやようで。とはいえ修理に出すにも帰らにゃなりません。適宜ガソリンスタンドでオイルを入れてもらいながら、つまり全量漏れる前に足しながらという方法を提案してもらって、気を付けながら走行してはみたものの・・・

hitoannsinndesu.jpg
1時間半程も走った頃でしょうか。「そろそろだな」と思った頃合いで「キュ!」と音がして完全に停止。滋賀県まで帰りつけるかと思ったのですが、市内を出ることもできませんでした。JAFにお世話になりつつ。20分ほどして交通整理の人が、40分ほどでJAFの救援という辺り。交通量多く速度の速いバイパス道路にて、路肩に停車中でも突っ込まれる、本当に事故の多い場所だったそうです。分かっていただけに慌てることなく路肩へと退避出来たわけですが、何も知らずに車線上で止まっていたら追突される可能性も非常に高く、いやはや運の良い?ことでありました。名古屋辺りの運転は危険な運転も多く、飛ばせる場所では本当にスピード出してきますからね。路肩に寄せた隣を猛スピードでスレスレに走るトラックも何台かいました。そういう走り方をする人が一定割合でいる。いやはや、相変わらず名古屋の運転は怖い。瀬戸で修行していた頃も、名古屋市内の運転だけはコリゴリでした。

rekka-syadejitakumade.jpg 
ともあれ止まってしまったものは仕方がない。JAFの長距離レッカーにて自宅まで送っていただきました。車修理の専門家さんですから、道中いろいろな話を聞いて。「1つ不幸な事故が起きた場所は、同じ場所での故障発生が多く、事故件数には出ないものの、相当数の異常発生があって、何度も同じ場所にレッカーへ行くのだとか。やはり世の中はまだまだ分からないことが多い」なんていう話を聞いて空恐ろしいなと思ったりしつつ。そうそう運んでいただいた車ですが、「こんな感じで止まって・・・」と説明したところ「まぁエンジンは完全にダメになってるでしょうから廃車の可能性が高いですね・・・」とのこと。

ううむ。少し前にファンヒーターが突然壊れて、先日はPCが壊れて、今度は車。
ホント嫌なんですが、妙なことに立て続けに起こるんですよね・・・・。
家で大人しくしていないと危険な時節。慎重に行動してはいるんですけどね。

と、そんな感じです。明日からもちょっと出かけるのですが、なるべく大人しくしておきます。
田村神社の厄除け祭りにも寄っていこうかと。迷信といえばそれまでですが、それでいいんです。
何年か前にも同じく立て続けに色々あったのですが、厄除けにて肩の荷が軽くなった覚えがあります。
要は心の持ち方でしょうか。理屈で割り切れる世の中なんて、全く面白くもなんともないですからね。
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。