• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

「禅のすすめ 道元のことば」より その4

「禅のすすめ 道元のことば」角田泰隆氏 より、適当な独り言。その4。

>p19『典座教訓』道元
道元”如何是文字? 如何是弁道?”
典座”一二三四五 遍界かつて蔵さず”

文字とは何か、修行とは何か。
文字は文字であり、修行でないものは何もない
~~~~~~

言葉は言葉。道徳は「実践」してこそ。
「行動しないなら何もしないのと同じ」という教訓。
やろうと思うと、理想的な人格の実践は、とても重い。

分かったような顔をして、無理をして実践してみて、
そうして自分の身体を潰してしまった私のような例も。
「出来ることを、自分の範囲で、日々実践する。」
そういうことが、尊いのだなぁ。

高い理想を語るのはだけで、実践出来ないのはダメ。
これを学んで、実践してみたけれど、届かなかった。

それで、自分の居る世界が、見えるようになったかな。
「修行でないものは、何もない」なら、「全てが修行」
届かない自分の姿を発見するのも、また修行だったのかな。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。