• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

また1つ

6月になりましたか。臥翠窯には静かな、暖かい日々。
変わらず、お客様にも御来訪頂いて、ありがたい限り。

DSC_1141.jpg DSC_1140.jpg 

先日に伯母が畑で急死。その実感も無いままに日々が過ぎています。
いつも、奇麗な花を育てて、私が初期のころに作った花入に、毎日。
その日も活けてありました。

交通事故で伯父が亡くなって、お独りで暮らしておられて。
色々ありました。支えられる所は支えながらに。
伯父が亡くなった時は一緒に駆けつけて。
愛猫が亡くなった際も、私が一緒でした。

仕事をしていると、軽トラックでやってきて、缶コーヒーとオヤツを。
少しばかりの田舎話をして、帰っていくのが常でした。
厳しい人だと聞くのですが、私にはとても、温かい伯母でした。

その伯母も、畑仕事の折りに動脈の破裂ということで。
まだまだ、元気も元気。伯父も、元気な中の急死でした。

やっと最近、子供達も工房から伯母の家まで散歩出来るようになり。
安定した日々が過ぎていたように思っていた最中のことでした。
長年乗っていた私の車が不調でして、伯母の車を借りたりして、
縁側に座って、ずいぶんと長話をして、それから間もない日々に。

こうも簡単に、御二人を見送ることになろうとは思いもよらず。
まだ、牧場には伯父が脱いだままの形で上着や合羽が残されていて。
気づけば、あっという間に葬儀も済んで、抜殻だけが目前にあり。
昨年末にも祖父が亡くなったばかりだというのに・・・

DSC_1122.jpg DSC_1114.jpg 
畑では、イチゴが赤々と実をつけて。その収穫も終わりです

DSC_1125.jpg 
子供にブランコを作ったり。参観に個別懇談。
行事も色々と出させて頂いて。

残された伯母の畑に水をやったり、草刈りをしたり。
車も、新しいものへと変えねばなりませんし。

やることは、色々とあり。子供は元気で。
沈んでいるような時間も、無いのが良いのか、悪いのか。

ともあれ、なんだろう。

色々何がどうだかわからないのですが・・・。


しばらく、淡々と静かに、日常を精一杯、生きたいと思います。


コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。