• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

環境一新へ向けて

さて、少し色々とありました。

4月から不調の続いていた環境も転機を迎えたようで。
切り替わって、色々な良い話もありまして。

瀬戸に居たころの恩師3名から手紙や電話など御連絡を頂いて。
同日です。不思議なものですが、時々覚えのあることで、文字通りの転機。
悪い事が続いたあとの転機は、こういう不思議なことが多くあります。

ともあれ、ありがたいことで。

iroiroarimasite.jpg  yorumade.jpg

それで、瀬戸へ2度ほど。3年振り?くらいでしょうか。
子供のことや体調などで出不精をしておりました。

水野先生の所にて、遅くまで久しぶりに積もる話など。
先生も手術などあって、療養が続いておられました。

kakuninnnaka.jpg 
で、瀬戸での用事はテレビの撮影。
(写真は本番前に台本を読み込んでる水野先生です。)

あ、私は別に出演しないですよ!

週明けまで撮影があるという長丁場。番組の中で、
天目茶碗で一服点てることになり、諸々の御支援をさせて頂きました。
ん~。しかし撮影現場ってのは好きになれないですな。

まぁ、番組の詳細など開示可能日はまだ先、と決まっておりますので。
その辺りは近々になればという事にさせて頂きたく。


で、別件。

水野先生の紹介にて、陶芸教室を本格的に始動することに。
陶芸教室自体は、まぁ依頼がある時には普通に開催しておりました。

何が変わるって、営業面で「じゃらん」さんにお世話になる事に。
つまり、観光客など広く開放しての、「陶芸体験」ですね。

そんなこんなを打ち合わせ、進行中です。


特別に、何か劇的な効果を期待してるわけではないんですが・・・

昨今の「陶芸に対する世の流れ」も、随分と流れが出来て読めてきた頃。
伝統工芸品を「買う」という時代は、もう終りを迎えようとしています。
百貨店で個展を目指して頑張れる枠内に入るには、茶道具では難しい。
茶道人口自体も減少傾向で、時代と共に、ゆるやかな着地へと向かっている
というのが実感として思うところでしょうか。


色々な対策と云いますか、対応が作家毎にあるかと思いますが、
少なくとも数年、子供の事で、私は家から離れられない生活でもあり。

水野先生も、すでに方針を転換して安定した教室運営をされて。
そのススメに、転機を受け入れて行こうと感じた次第。



で。自分で使う分には散らかった土間で制作していれば良いのですが、
来客対応できる環境にはちょっとヒドイので、改修作業中です。

kaisousagyoutyuu.jpg

まぁ、といっても自分でトンカンやるだけの範囲です。クモの巣とか、
そういう細かな掃除と、雑多に積み上げていた未処理作品の整理。
それに、照明を明るくしたりという次第で、他は配置整理くらい。
自分の作業場でもあるので、使い勝手を考えながら。

7月の頭にはWebでの営業開始予定とか。
臥翠窯のWebサイトも更新途上で止まってますので、更新も。

薪窯も途中!だったりするのが困惑材料。
改装作業はもう終わるので、そうすれば制作に戻れます。
使いやすくなって、制作も向上が見込めるかと思います。


とまぁ、そんなこんな。

子供も風邪は引いてるし、遠足で弁当はいるし。
茶道も、献茶式が間もなく立て続けにあります。


何とか、色々助けて頂きながら、頑張らせて頂いております。
そんな近況報告まで。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。