• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

ようやく一息?

ennennto.jpg tonomuratei.jpg
お久しぶりの更新です。今は早朝4時ですか。
1ヶ月半に渡っての深夜仕事も、ようやく終わりが見えました。
製作総数としては420ほどでしょうか。手ヒネリの茶碗。

itusikasamuku.jpg otukimi.jpg
始めた頃には扇風機を使っていたものが。
今はすっかりとストーブに。朝晩は冷え込みも。
連日休みなくの朝3時、時に5時も普通に。

unndoukai.jpg
外出も最低限のものだけ、直行直帰。
ありがたい事に、子供が元気に過ごしてくれて。
保育園も、奇跡的なくらいに休みなく通って。

konnpousagyouhe.jpg
先日に、第1次の梱包・納品を済ませて・・・
 
youyakuowariga.jpg 
今は最終便を焼いている次第です。


信楽の作家市なども出店出来ず。まぁ出店場所が確保出来なかったのですが、
実際にそんな余裕も無かったので。目当てにして下さった方にはすみませんでした。

ともあれ、最後の追い込み。
首、肩、腰、あと貧血。蓄積疲労がヒドイ。

そして今日・・・子供が・・・「はやり目」を発症・・・。
ギリギリ仕事が終えるタイミングで・・・

感染症なので。完治まで半月~1ヶ月の保育園お休み。
つまり・・・それまで「子守り」です。
タイミングは良かったのか、悪かったのか・・・。

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・

はい。明日からは背負って焼成作業です。
でも、ロクロ作業などは終わったので。


ダイジョウブ。ダイジョウブヨー。

嫁さんも、両目発症。強力な感染力を持つ病気。
多分。。。私も時間の問題のような・・・。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。