• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

行きつくところの

kamataitemasuyo.jpg 
さて。今は穴窯を焚いています。
前回の焼成失敗を受けて、再度の火入れ。
挑戦的な焼成方法の延長戦。

簡単に云うと。

・「まず安全策で、失敗も少ないであろう」の焼成理論A
・「うまくいけば格別のものが出来るが、成功確率は未定」の焼成理論B

と、私の中で構築してきた推論には2つの柱がありまして。
ここ数年に渡って、A論とB論の中間地点を探るような焼成方法をしてきました。

んが。

よーわからん。という事で、「ガチガチの焼成理論B」で焼成をして失敗。
その結果の再調整といいますか、再検証という辺りでしょうか。
失敗なら失敗で、しっかりと要素を把握してしまいたい。

色々と忙しかったこともあり、ちょっと準備も十全ではないのですが。
さて、結果はどう出るものか。


ええっと。最近ですが、茶道。

syoitinenn.jpg sikigamanotyato.jpg
志季釜。 初めて釜を掛けて亭主をされる方の御席。
それぞれの感慨を持たれての御席が多く、水屋としても嬉しい次第。
今回は灰形と火入も担当させて頂きました。亭主の御苦労の大きな部分。
1年半ほども灰形の稽古をしてきて、少しばかり、役に立てるように。

「灰が出来ないような者は、本当の水屋ではない。」
とは宗道先生の御言葉。亭主の気苦労を大きく引き受ける。
それこそ裏方水屋の大事、ということを実感させて頂いて。

sinnnotyajito.jpg sinnnotyajito2.jpg
また一方では、淡交社の「真の茶事」の水屋を。
こちらでも火入れをさせて頂き、お客様からもお褒めの言葉を頂いて。

席としては、「極み」の席。道具も違えば作法も。
色々な御話を漏れ聞きながら。

でも、根本はやはり、お客様をお迎えして、心を尽くす事。
どうすれば良いか、ということを常に考えながら行う。
志季釜と、真の茶事と。茶道の根を訓えて頂いた様に思います。


色々な経験を積ませて頂きながら。それが降り積もる様に、
少しづつ、少しづつですが、成長をさせて頂いて。



来週というか、今週末は信楽祭り。そういえば土曜日から信楽伝統産業会館で
伊賀水指も展示されています。30人くらい?の若手作品の一堂展覧の端っこ。
搬入は委託したので、どんな展示か私も見れてないのですが。

ともあれ、目の前の焼成へ。4日程の焼成予定です。

(さっきからアライグマが屋根を歩いてて、新しい頭痛の種が・・・)

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。