• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

梅雨もあっという間に

sukkarito.jpg yuudatimoooku.jpg
よく晴れたと思ったら 土砂降りの夕立。梅雨というよりは夏を感じる6月。

umetori0.jpg umetori.jpg
といっても梅の収穫などもありますので、雨模様が少ない以外はいつもの通り。


今週も色々と。お稽古はもちろんながら、灰形教室もあり。
tokuseikabann.jpg 
灰匙や蕨の火箸が入るようなカバンを丈夫な帆布で自作してみました。前記事で息子が着ている甚平のついでに、まぁ風邪で寝込んでいたときの暇潰しみたいな感じで作ったのですが、使い勝手は悪くないので一安心。細かい不出来を隠すため、蛇足ながらの真田紐のタオル掛けを飾りにつけてます・・・。灰匙はもちろん、茶道の袱紗など諸々に財布など入れると、まぁ結構な量になってしまって。頃合いの大きさのカバンを探していたのですが、世の中って変に合理化されちゃっていて、定型のものばかり。すると頃合いのものを探そうにも、デザイン以前に頃合いの大きさが無く、端から話にならない。最大公約数的な、大多数が欲するものだけが安価量産される時代の、反面困った点でしょうか。職人さんと話をしながら作ることの良さというものが、ちょっと現代には乏しいものですね。

今週の稽古は朝から点前稽古もさせて頂いての灰形稽古も。

まだまだ二文字を始めたばかり。「初心者のツマヅキ」を感じている頃合いです。五徳がちょっと違う、風炉がちょっと違うだけで、さてこそ戸惑ってしまう。回数をこなす程に上達する時期でもありますので、家でも稽古出来るように五徳に前瓦なども買ってきて、というように、自宅稽古の形だけはシッカリと準備してみた次第・・・。

そうそう。月一回の灰形教室。来月からは「茶道水屋塾」に昇格(?)するという御話にて、茶花などについても御指導が頂けるようになるようで楽しみ。稽古に来られている方々は常から茶事をされている様な水準の方が多く、更に色々と勉強させて頂ける機会が拡がって、誠にありがたい。

ただ・・・来月末は息子の1歳の誕生日なので一升餅などをせねばならずお休み予定。


あとは茶会の御水屋手伝いにも入らせて頂いて。
daidou.jpg misimamizusasi.jpg
最近は禅語の拝見が楽しい。(※理解しているわけではありません!)

初めて茶会をされるという御亭主にて。思い入れの深い道具を各種持ち出しされて。当日は宗道師は長崎での茶道講演会へ出掛けられていたのですが、雨もいつの間にか快晴となって。御席を引き立てる見事な水指も宗道先生から御亭主が頂いたものとお聞きして。お目出度い御席の水屋へありがたく入らせて頂いて。この日は蹲踞からの御席入りという形。「大道透長安」は大亀老師の晩年の筆。茶杓は大宗匠「努力」。高僧に、御家元に、良い師匠に。色々と導いて下さる師匠あってこその自分なのだなぁと、改めて感じながら御手伝いをさせて頂きました。ありがとうございます。

sakuhinnnoseiri.jpg tougeikyousitunoyoui.jpg
で、昨日今日は自宅。蔵の中を含めて作品の整理をしつつ。

明日は陶芸教室にて、昨年に引き続いて著名な料理人さんが御来訪の予定です。


コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。