• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

更新頻度向上月間?

更新頻度向上中。画像の貼り付け方法が簡単になる方法を見つけたので。

といっても、昨日は終日窓の取り付け工事。今日は窓の取り付けが終わったので部屋の大整理。嫁さんが風邪で少々寝込んでいるので、乳児の世話の手間もあり。妊娠から育児から、ほとんど1年に渡って薬が飲めないってのは大変ですね。12月も目前という辺りにて、紅葉もあっという間に過ぎ去っていく感があります。春の桜の短さなどはよく言われますが、秋の紅葉も、思っているより短い期間で終わってしまいますね。

とりあえず昨日今日と御仕事をしていないので。まぁ子供も寝ているので夜中にロクロへ行こうかと思いつつ。これ書いている時点で深夜1時ですが、夜はよく寝てくれるので、平穏な時間。

konpo.jpg

そういや。前回は電子機器の寿命の短さについて嘆いてみましたが。長持ちしている家電製品もあります。コタツなどは結構に長持ちでしょうか。修理道具も普通に売られていて、長期愛用を前提とした感触がありますね。写真のものはCD再生機器。この手のものは短い寿命のものと、そうでないものと両極という感じですが、これは高校生の頃だったか、それくらいから愛用しているもの。さてさて、寝かしつけるに頃合いの音楽を探してみようと思ったものの、結構難しいですね。テンポの速いものが多い。結局それらしいのは映画音楽でした。「海の上のピアニスト」という映画。「ニューシネマパラダイス」と同じ監督で、さすが音楽が美しい。海を主題とした曲が主題なので、ゆったりとしたテンポが心地好いようで、今日はサックリと寝てくれました。

とまぁ、映画評論をしてもしょうがないので、これくらいで。


コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。