• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

7月の②

すっかりと蝉の声が日常になりつつありますね。7月の週刊日記その2。

renseikai1.jpg
 renseikai2_201407201545008ce.jpg
台風一過しての祇園の頃は例年の夏合宿・練成会。47回目だったかな。当初の頃は三井寺に間借りをしての1週間稽古であったと聞くもの。色々な茶会に触れていくと、何より西洋風の建築物、特に新しいものというのは、綺麗は綺麗かもしれないのですが、やはりシックリと来るものがありませんね。それは畳1つとってみてもそうですが、昔の建築というのは欄間1つにしても人間の手間があり、生活空間を彩るための意識の高さを感じます。文化的な水準、進化や退化の基準というものを日常生活の文化水準に鑑みて算出するとなれば、どうしても現代というものは文化が低い。ひょっとすれば、ここ1000年の歴史で最も古いかもしれませんね。

とはいえ。環境はさておき、練成会の主目的は「稽古は回数こそものを言う」との訓話から来るもの。とにかく回数優先。実際の話、回数というのは大きなものです。前も書いたかもしれませんが、「陶芸教室10年選手の腕前」というのは、「駆け出し1年目の新米陶芸家」と同じくらいか、それ以下。つまり毎週末に終日の稽古をしたとしても、実はそれほど深いものにはならない。稽古稽古、ロクロロクロで2~3年もやって、ようやく「繰り返しだけでは進歩することが出来なくなる」という様な段階が見えてくる。陶芸教室や、週に1度の稽古で云えば20~30年の歳月という計算になりますが、現代には職業的な茶人という方が少ないのも道理です。「教室ゴト」というものの限界ですね。

そういった意味で台子の稽古というのは、特に稽古不足が深刻であるのだとか。今年は行之行、真之行、大円草の点前を2日間掛けて教えて頂きました。まだまだ手順を覚えるだけで精一杯というものですが、宗道師曰く「手順を完璧に覚えて、綺麗な所作を身に着けて、ようやくスタート位置に立てるのが台子点前の根本」という訓話にて。とにかく手順でオタオタするような段階をクリアするのに何年も掛かっている様では話にならぬというもの。仰る通りと思えばこそ、実践しないといけませんね。日頃から自宅で復習をしていれば、手順などは1週間掛からずに覚えられるはずのもの。

あ。そうそう。真の点前では天目に仕覆が付きます。その所作を身に着けておきたかったのも1つ嬉しいこと。師匠の天目茶碗、まぁ現代では使われることの難しい理由なども、台子の精神を聞けば納得できるものでしょうか。天目台の種別についても、さてさて陶芸だけの知識では全くに想像することが難しい側面もありまして・・・と、そろそろこれくらいで。

 nekoga1.jpg nekoga2.jpg

で、合宿で留守にしている間にウチの猫が大怪我をして。ヘビに噛まれたとか。いやはや全く。東陽坊の翌日から旅行予定だったのを台風で取りやめて、1週間後に延期していたものも、この怪我で世話をしてやらねばならず、中止。痒いのでザラザラの舌でなめて傷を悪化させるんですよ。本能だけで放っておくと治るものも治らない。他人事ではない教訓でしょうか。

tougeikyousitunomono.jpg satogaeri1.jpg

で、合間合間で仕事もしつつ、嫁さんが出産のために里帰り。予定日は来月の盆頃。 色々と考えることも多くて大変です。

natumaturi1.jpg natumaturi2.jpg

などと悩んでいる暇もなく、ここの連休回りは夏祭り。祇園祭りなので喧嘩系ですが、高齢化の進んだ村ですので、それほど激しいものではなくなって。甲賀一帯で行われてきた花奪いによる祇園の厄除け神事。今は基礎部分を使いまわしで使っているのですが、昔は祭りの当日に切り出した竹と藁を使っていたそうです。台子稽古での話、その日の朝に切り出した清冽な青竹を、1日限りで使う。そういったものが神仏に捧げるものの道理であるとか。朝から作って、夕刻から荒っぽい祭りをして壊してしまう。そういった祭り。装飾に赤を多用するのは古代の色彩なのか、炎の色彩なのか。

natumaturi3.jpg natumaturi4.jpg

ともあれ。昨年は3役で運営の中心に居たため、今年は補助的な役割でお手伝いをさせて頂いて。若い者が中心になって出店の運営などをするのですが、人数的な限界も見えて来て、またボランティアの労働ですからね。とはいえ村全体が集まって1つ心を寄せ合うような側面があるとすれば、薄れても祭りなのだなぁ、ということを感じます。

natumaturi5.jpg 

そうそう。私は知らないのですが、今年のゲストは「忍たま?らんたろー」という子供に人気の長寿アニメ。作者さんは甲賀出身というか、御近所に住まわれていたりします。子供を大事にする側面も大きいのですが、しかしなかなか。小学校は全校で50人も居ないというのが実態。多くの人が田舎の風景を褒め称え、古民家を羨ましいと言いながら、実際には多数のものがすり切れて、失われているのが実際。これからどうなって行くのでしょうね。

ともあれ前日準備から、当日は夜中まで、翌日昨日も片付け作業。酒も残っていたり、油っぽいものと酒で過ごして胃も荒れてという数日でありました。今日はちょっと体調も持ち直して。嫁さんが里帰りしているので、どうしても食事がね・・・。まぁちょっと体重増加傾向にあったので、頃合いです。


暑い日が続きますが、がんばりましょう。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。