• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

さぁて今週の

というわけで週刊日記です。

setagawadesu.jpg roiyarudesu.jpg
 
えっと・・・今日の話から書いてしまいましょうか。今日明日と楽志庵の定例茶会。実践の場でどれだけのものを吸収出来るか、また日頃の点前稽古を披露する場でもあります。折に触れて、季節毎に同じ場所での茶会水屋。さてこそ2か月の進歩や如何に、というような意味合いもあろうかと感じる次第。今年はどうも、今現在も梅雨の頃とはいえ、ジメジメとした季節というよりは、しっとりとした清風の季節。明日に茶会へ行かれる方もあろうかと思いますので、内容は記載せず。

hakememokaizen.jpg wannnarihenkou.jpg
 
仕事。茶碗の改善。刷毛目の改良については水野師から助言を頂いての実行結果。同時に全体的な品格不足を解消するために碗形を1から再構築。従来の挽き方を0にして、改めて狙い方を組みなおして。まぁ、「組み直し」とは言っても様々な茶碗の図録をひっくり返して、目指す形を「選びなおす」という辺り。文字通りの学問知識を基礎にして、その特質を踏まえてロクロを挽く。一応は「古典写し」の技術と目を磨いてきているものですが、元になる古典に関する資料というものは必要。実物も大切。いろいろな経験を動員してのもの。例にもれず、私も随分と資料を抱えています。最近は本当に好いものが載っていない限り図録も買わなくなりましたが、手本とすべき名品はやはり多く知るほどに綿密な検討が出来ますね。

金曜の稽古の際に宗道師にも講評を頂いて。「手を変えた」という辺りを一発で見抜かれる辺りは、さすがというか当然というか。幸いに品の良くなった点を誉めて頂きましたか。私としてはもう1段、透明釉の部分に改良を考えているのですが、焼成も含めての検討なので、また別途。夏辺りに、たまには瀬戸へ行ってこようかと思いつつ。

そうそう。稽古での講話は「直心是道場」について大宗匠から伺った際の話などを頂戴しましたか。稽古とは「日頃の成果を師匠に見て頂く機会」と言われてみれば、なるほど。茶道の師弟は住み込み型の「内弟子」ということは、御家元くらいなものでしょうか。およそ大半が「外弟子」です。陶芸でいえば、出来上がった作品を常から批評してもらって、指導してもらうもの。同じくと考えてみれば、なるほど稽古日というのは自宅稽古の成果を見て頂くのが、本来の弟子の在り方なのだと言われれば、誠にもっともな話。そういえば自宅で点前の稽古など、長らくやってはおらぬ不肖の弟子。気楽に稽古出来るように電熱風炉でも作ってみようかと考えています。電熱は発注したので、風炉作って穴でもあけるかねぇ。

asitaha.jpg asitaha2.jpg

で、明日はちょっと陶芸教室を頼まれているので準備に掃除。まだ土の用意があります。なんだかんだと茶碗の焼成もあり、青釉の試験焼成もあり、溜まった素焼き品の処理焼成もやって、あと地元夏祭りの準備会議などにも出席して、と、夜中遅くまでという日々が続いています。


来週は青年部行事もありますので、その辺りの用意も少し思案しつつ。

そんな感じの一週間でした。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。