• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

次の御仕事。

dassousurutokoro.jpg

水田に映る青空の心地好い季節。さて、風邪も・・・おおよそ治りました。まだちょっと治りきってないのですが、長引くのはいつものコトです。崩れる時はホントに崩れる。まぁ予想範囲です。この辺りは外見通りといいますか、身体頑強とは行かない辺り。薪窯をバリバリとやって豪快に焼き上げる割に細身で・・・というのはよく言われる事ではありますが、見た目通りの側面もあるというのが実際の辺りでしょうか。

天気が好いのでノンビリと過ごしつつ。

 taisaku1.jpg origadekimasita2.jpg

1つは獣害対策。毎年、猿によって壊滅的被害を受けてきた畑ですが、近隣の方々に比べて対策が遅れていたのも確か。1つ隣の、猿が頻繁に出没する集落では天井から何から完全に網で囲って、家によっては金網を使っているもの。今更市販されているような「猿対策網」という程度では何の話にもならない状態です。なぜって、猿も知恵をつけて進化してきますし、30匹からの群れとなれば、侵入を試すにも相当な無茶が出来る。仲間が居ますからね。

今年も既にタマネギが半壊。食事も2週目に入っているのか、最近また猿が来ていることがある。次にやられれば根こそぎ。ついでに植えたばかりのジャガイモの種芋が掘り出されて、というのが昨年でしたか。次は夏にトウモロコシの季節で、トウガラシ以外のあらゆる野菜から秋向けの野菜苗までが潰されるというもの。

と、いうわけで、もはや完全防備という事で、景観的に難があるのは止むを得ない。自然の脅威に対抗するわけですが、周辺との防衛設備競争。猿の群れは全方向を網で囲まれた畑を日頃から相手にしているわけですから、それを上回るだけの設備がなければならず、設備の最も弱い家の畑が狙われる。何か祇園祭りの厄払いみたいなものですね。隣村で払われた厄が廻ってこないように、近隣でも厄払いの祇園祭りが始まる。そうして遠くへ遠くへと厄を払っていく。「鬼は外」というものもそうですね。獣害は文字通り、退治しない限り止まらずに進化を続けていく。しかし猟師もおらず、動物愛護で退治自体が止められるのが現実というもの。

動物、特に猿というのは人間に最も近い動物という話ですが・・・。美味しいところだけを食べ、収穫のことも何も考えずに食べたいもの、甘いところだけを食べて、あとは全て捨てる。動物の中でも群を抜いて非常に悪質。今しがたテレビを見ていても、新興国の文明的生活への憧れの勢いは凄まじく、もはや原発の安全など欲望の前には消し飛んでしまうという世界情勢であるとか。人間生活の欲望も、確かに近いものがあるようで、我が身も他人事ではなさそうです。堅牢な網1つにしても、我が身の畑を奪われんがためのもの。

まぁ、そんな話はさておいて。

igaitoerabundesune3.jpg

ちょっと「食器」にも考えを巡らせながら。試作もちょっと作ってみることになっています。先日の御本手、まぁ元々は菓子鉢ですが、自宅では普段に使ってみます。発見もありますからね。使ってみると意外と御本って色合わせが難しいんですね。信楽など焼き締め系はおよそ万能的に使えるのですが、意外と御本の扱いって難しい。食器としては扱いにくい部類かもしれないです。 

tyawannnokoto0.jpg 

あと・・・次の御仕事は再び茶碗。夏向けの、平茶碗ほどではないが、少し浅い茶碗。普通は井戸茶碗しか作らないですからね。なかなかに夏向けの茶碗というのはありません。特に作家モノとなれば、まず基本的には見ないんじゃないかと思います。手本を送ればロクロを挽いてくれる磁器モノ産地、京色絵くらいなものでしょうか。茶碗の作家でも基本的には作らないですね。

私もまぁ・・・。といいますか、実際的には浅い茶碗にしても、井戸茶碗が挽けて、その次なんです。茶碗としては発展形ということ。それだけに難しいし、悩む。形に品を持たせるにしても、浅い茶碗というのは本当に難しい。単に浅いだけであれば良いのですが、高麗系なりの雰囲気を損なわずに、ということになれば難しい。以前にも書いた覚えがありますが、およそ茶碗において、夏茶碗の名品というのは滅多に見ることが出来ません。仮にそれが高麗であっても、また現代の著名茶陶作家の作品であるにせよ、日頃の水準からすれば相当に見劣りするものしか出てこない。まずそもそも茶碗において浅い茶碗という発想は、茶道と共に作ってくる形の仕事をしていなければ出てこないです。

まぁそれだけに、追及はどの作家も甘い。よくある平茶碗にしても、基本的に点てるに向かない茶碗が多いです。堅い茶筅で点てようものなら、というような茶碗も多いですし、その上、見込の形が茶筅の形に添わないから、「点て残し」も起こり易い。ザックリ言えば作家泣かせというような側面があるわけですが、何とか形に仕上げたい。

今日はちょっとガス窯の調整。前回還元焼成の効きが甘い感触があったので、その確認をしつつ。釉薬の試験も必要なので、またしばらく焼成を続けることになりそうです。ガス屋さんが来て「もうガスないよ~」と新しいガスも持ってきてもらいましたか。そんな感じです。


あっと。あとですね。

ちょっとお付き合いのある画廊さんが展示場を開店されたという案内を頂いたので。四国は高松市の美術工芸小川さん。書こうと思いつつ多忙にまかせて遅くなってしまいましたが、おめでとうございます。何か機会を作って訪れてみたいな、と思いながら。様々に御注文を頂く他ですが、私自身は営業活動をほとんど何もしていないのです。けれど、ありがたい事に、遠路、また県内からも作品を求めて来訪して下さり、御支援頂く方が居られます。それは本当にありがたく思っております。 いつか御恩を返せたらとは思うのですが、今はまだ、作品を磨き続けたいと思いながらの日々でしょうか。少しでも、色々な自然に触れて、その中からより良い作品を作らせて頂ければと思いつつ。 日々感謝ですね。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。