• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

大雪で

さて。大雪が降りました。

itumonoyuki.jpg


いつもはこれくらい。それほど降る地方ではないので、これくらいの雪が冬に数回降る程度なのです。気温自体は低いので、通りがかると山際に融けないまま残っている雪を見ることがあるかもしれませんが、回数自体はそれほど降るものではありません。道路も山道が多く、急な坂、下りカーブなども普通に作られています。

hurihajimenokoro.jpg 

で、よく降ってこれくらい。風情も好いですね。道路事情が随分と悪くなるのですが、翌日には大半が融けてくれるので、実際的にはそれほどの影響はありません。坂道を避けて、車通りの多い幹線道路を選べば問題はなく。年に一回、あるかないか、という雪です。

ooyukinohi.jpg 

先日の大雪は・・・こんな感じでした。さすがに枝が折れそうな重量。三重県には大雪警報が出ていたそうですが、同じくという辺りでしょう。滋賀県の街中などではそれほども降らなかったようですが・・・甲賀はおそらく、ここ10年来の大雪であろうかと思います。夜まで降り続いていました。私も子供の頃以来、これほどに積もった雪は見たことがないような気がします。庭先を見てみた感じですが、15㎝~20㎝くらいでしょうか。

困ったことに。御来訪頂いた方はご存知であろうかと思いますが、拙宅の入り口は急な坂道がありまして、通常の日でもスリップして上がれない車があるのです。しかもカーブしているので・・・もう雪が降ってしまうと、登りはともかく、車で降りるのは困ったことになります。はい。しかもこの大雪。朝一番の寒い時間帯から降ったせいか、下に薄氷が出来ていて、その上に積雪しているので、まぁダメでした。 あらかじめ車を下の道路に降ろしておけば良いのですが。

とりあえず雪かき?をしてみようかと思いましたが、滑る道を作るだけという感触。雪に馴れていない都会人というわけではありませんが、タイヤもノーマルタイヤに戻してしまっているので、はてさて。 下に置いてある車も、スリップするので雪かきをしてようやく道路に出る辺り。

kokohayukiguni.jpg 

聞く話には街中はもう、すっかりと今日には雪が融けたらしいです。こちらは変わらずドサドサと、屋根から雪が滑り落ちる音がしています。さすがに明日には融けてくれると思います。工場もありますから、幹線道路まで出れば融雪剤が撒かれているので大丈夫です。

yokuwakaranai.jpg 

よく分からない足跡があったりね・・・

とまぁ、そんな辺りで、今週は止む無く茶道の稽古も御休みを致しました。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。