• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

謝。

大晦日。1年間、誠に有難う御座いました。

sinsaku.jpg
 

今回の窯の作品を1つ。まだ窯出しをするには100℃以上あるのですが、年賀状用に窯の手前から1つ取り出して参りました。ビードロと焦げの両立。いつもなら狙いに狙って成立させるものですが、今回の焼成では欲張らず、淡々と焼いた結果で得ることが出来ました。誠にありがたい限り。

形は利休所持の信楽水指です。図録などでも信楽水指の代表格なのですが、形が素朴であるだけに、信楽の作家は見向きもしない様な側面があるわけですが、非常に好ましいもの。難点を云えば蓋が合いにくいという辺りでしょうか。ロクロで挽いてしまうと全く味の無いものとなり、さりとて適当に手捻りで作っても風合いが難しい辺りの形です。


あ。そうそう。昨日に出してきたので、年賀状は「今から」です。済みません。昼には出掛けてしまうので、賀状自体が手紙による省略ではあるものの、到着は随分と遅れることになろうかと。と言っても、昨今友人なども年賀状を出す人は少なくなりました。メールで賀状を頂くことも普通に御座います。本来的には「年始挨拶」をして廻るお相手に、簡略な礼儀として出すものでしょうか。とにかく出しておけば欠礼には当たらないという感覚も少し違うのかな、と思いながら、では手書きでという暇もなく。ウチの嫁さんなどもそうですが、世間では30日まで仕事という会社も珍しくありませんので、何分と、それぞれに無理のない形が自然であろうかと思います。


ええっと。今年。

連年とはいえ、献茶式にもありがたく。また何より桐蔭席。大きくはこの2点。特に桐蔭席というのは御家元の管轄される道具最高位の茶会を執り行う厳正な茶席ですから、名実とも非常に大きなもの。陶工としてはこれ以上のものを望むべくもない辺りでしょうか。それくらいのものです。師匠を始め、皆さんのお引き立てに深謝するばかり。今年は謝茶という言葉をしみじみと感じる1年でした。

窯の仕事は2回の焼成。春、そして今回の冬。共に想定通りの結果を得る事が出来ており、窯焚きの技術の安定もかなり進展をしてきている様です。毎回色々な工夫を加えて、焚き方にせよ、炎の微調整にせよ、毎度新しい発案を導入しながら、1つ1つ安定すべき辺りに落ち着いてきたものでしょうか。形からも随分と見栄が少なくなりました。色々とお引き立てを頂いていることで、無理に主張する必要もなく。

「気負い」の様なものが一時期あり、今年はそれに苦労した覚えがあるのですが、それも少し落ち着いてきたように思います。宗道師は驚くような茶歴を数多く有して居られながら、一切それを自慢したり、御自身から話をされることがなく、折に触れて1つ、また1つと知るわけですが、その姿勢から学ばせて頂くことも多く。過去の実績や肩書で自分を語らない。自慢している暇があれば、先へ先へと進むことでしょうか。私もそれを実践したいと思っています。


そうそう。仕事自体としては全く営業活動を停止中です。とはいえ御仕事を頂くこともあり、誠に感謝しております。また御来訪頂いての作品御求めという方も。修業中の少ない収入なれば、今の時節の御支援というのは真に有難いもので、お陰様で安定して茶道を進めながら、その精神修養で以て茶陶の錬磨をすることが出来ております。また少し環境が変われば、営業活動も必要になろうかと思いつつ。そうそう春には水野先生の名古屋三越での個展がありましたね。


他・・・。今年やり残したこと、かな。井戸茶碗。喜左衛門井戸を見に行く予定をすっかり忘れてしまっておりました。12月頭から窯を焚いて、会期ギリギリで東京まで見に行く積もりをしていたのですが、諸事情で予定がずれこんだ際、忘失していたようです。同じくMIHOMUSEUMの根来展も見に行けず。今年は天目を見に行ったくらいでしょうか。外出が少ないですね。紅葉なども見に行かぬままに。色々他にも忘れたままになっているような気が致します。

根来といえば漆も。教室は1年以上休止のままになっています。水指の蓋について、もっと勉強をしたいものですが。茶道具の塗師をされている先生の担当曜日が変わってしまって、なかなか再開出来ずにいます。金銭も高額なので、億劫なままですね。青年部の茶会やら会議も増えて、何くれと細かい外出が多いので、更に毎週1日の消化を追加するのが難しい辺り。とはいえ、やらねばならぬもの。


と、この辺りでしょうか。ともあれ本業は伊賀焼成。茶陶。”「精進致します」と言いながら、本当に精進しているのかね?”とは稽古納めにての宗道師の叱咤でありましたか。振り返ってみるにまだまだ「精進」は足らぬもの。至らぬものばかりです。

長くなりましたのでこれくらいにて。


今年1年、誠に有難うございました。来年もどうぞ、宜しくお願い申し上げます。
好い御年をお迎えください。


コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。