• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

2014窯焚焼成記録 仕事納め

さて、今年も残すところあと僅か。12月21日より窯焚きにて、26日まで6日間の焼成でありました。季節柄、いつもより気温も低く、窯のコトも少し案配を変えての仕事となります。焚き手の環境としても防寒の用意が色々と必要で、前準備なども色々と。

kamadume_201312281141369f8.jpg
 

たまには。というより、窯内の写真を出すのは初めてかと。窯詰めの風景です。1つ1つを配置して、炎の流れであるとか、作品の密度であるとか、この配置自体が焼成結果にも深く関わる重要なもの。段取り八分とも云いますが、窯焚きというものも例外ではなく、非常に重要。八分までは行かぬまでも、3~5分くらいは窯詰め次第です。まぁ、普通一般のガスや電気の窯などは便利なもので、適当に詰め込んでもOKだったりします。何くれと現代のものは全てが簡便に用意されているものですから、人間自体の人間力というか、そういった面の能力や技術は随分と退化していますね。現代の陶芸家などはガス窯もライター1つで点火するだけですから、薪や炎の扱いなど全く知らないのが一般的な姿です。

aburikara1.jpg 

炙り。炎の扱い。適当に燃やしていればOKというものではなく。どの薪がどれくらいの炎で、どれくらいの時間で燃え尽きるのか。木の種類は勿論、湿り具合、生木、密度などなどを含めてのもの。薪から生じる炎の温度は高い。それ故に、早いうちに作品に直火が当たると破裂してしまいます。破裂したら・・・ね。窯をやり直すことにもなりかねない大被害です。茶碗や水指、あらゆる作品に破裂破片が入ってしまうので、窯詰めからやり直すことになります。だから薪の種類による炎の長さと火持ちの時間を把握して。もちろん温度が低すぎては時間が掛かり過ぎるし、急冷というように風が流れ込んだら、今度は「冷め切れ」という亀裂が発生します。何事も序盤は大事。写真のコトを松丸太で真似しようものなら一撃必殺で爆発が起こるので、素人さんは真似をしないように。現代は松一辺倒の窯が多いので、他の木材に対する感覚が無かったりします。

takidtudukeru2.jpg huyubarenohi5.jpg

ある程度温度が上がってしまえば、あとは安定して焼き続けていきます。時折に澱が貯まるように不具合が起こるので、適宜解消するなどの作業を挟みながら。今回は特に強風も無く。初日にミゾレが降り、最終日に雨が降ったくらいでしょうか。淡々と薪を燃やして炎を与え続けます。まぁちょっと、今回は花入が倒れてしまうという事態が3度起こりまして、その処置が随分と大変でした。薪を入れるにしても、ちょっとしたことに気を付けながらの作業です。

dokusyositari.jpg 

薪を投入したら、数分程の時間があるので、薪を運んだり、ちょっと本を読んだり。淡交の新年号。今年は師匠の記事が連載されるのですが、また新年号には先の桐蔭席の会期もあり、広間にて「伊賀破れ壺」と、会記にも記載を頂きました。ありがたい限り。ちょっと「?」という記事も載っていましたが、まぁ美術館関係の話はそんな辺りでしょうか。

aozora7.jpg tyuuyatowazu3.jpg

こんな感じで5昼夜。冬の青空は綺麗です。昼の時間が短いだけに、より一層に温かく感じますね。

keitaigakowarete6.jpg inosisi_201312281142051c7.jpg

あ。そうそう余談。窯詰めの際、気付いたら携帯電話がパネル割れにて破損。公式店に聞いても一切知識もなく、結局自力でデータを取り出して移植。あと牛小屋にイノシシが御来場。牛のエサを食い荒らす。人が来てもお構いなし。夜には鹿がチラホラと。

honoonoiro.jpg 

そんな感じの窯焚きにて。窯出しは・・・年内?はムリかもしれないのですが、正月にすると遅くなってしまうので思案中。一応、6日間120時間というものにて、過去最長であろうかと思います。結果の程は窯を開けてのお楽しみ。正月元旦に窯出しという話もありますが・・・はてさて。 とりあえず年賀状もやらねばなりませんし、まだ疲れも残っていて、昨日は起き上がるにも苦労する有様でした。うん。そして年賀状を印刷するにもプリンターが壊れているという体たらく。

ともあれ。

無事に焚き終えました。ありがとうございます。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。