• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

キーボードを買い替えて、ようやく文章を打つのが楽になりました。

biwakozoi.jpg

今日は茶会の前日準備にて遠路お出かけ。県内は県内ですが、片道一時間半ほどでしょうか。途中で道具などを積み込む必要がありましたので、かれこれ朝から2時間半ほどの湖岸ドライブ。

 keiunkaku.jpg
場所は長浜の慶雲館。ちょっと忙しくて由緒など諸々調べることが出来ていないのですが、駅前でありながら風情もあり。慶雲館自体は日本式の二階建て家屋。幕末から明治の頃に建てられた、ちょっと洋風の感じがある日本建築の形だと思うのですが、全く違ったらすいません。(と書きながら確認したら、合ってました。というか、写っている石碑に明治天皇云々と書いてありますね・・・)

 tyasitunonamae.jpg
明治となれば日本文化というものが打ち捨てられていた時代ですが、見直されるようになった時代でしょうか。茶室が付属しています。庭園もきれいなもので、専用の庭師さんが毎日手入れをされていて。掃除をしながらにお話しを伺いましたが、毎日自然に触れておられるだけに含蓄がありますね。

tukubainosouji2.jpg tukubainosouji.jpg

御席は滋賀青年部の幹部にて運営をさせて頂くもの。どなたでもお越しになれます。今日は前日準備という事で、茶室全体から外回りまでの清掃作業。外回りの仕上げは庭師さんがしてくださるそうで、通り道に出ている枝なども邪魔にならぬようにきれいに刈って下さったり。こういった庭師さんが居られるというのは大事なことですね。

あとは帰りに諸々の運動会用の買い出しを済ませながらの帰宅。ガス窯を焼こうと思ったのですが、時間的に無理をするのは避けて、とりあえず夕刻から地元の常会(月例会議)へ出席をして。

明日も7時集合と朝が早い。茶席は9時より。今日は早めに寝ることに致します。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。