• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

若い方々

台風一過・・・というより、そもそも来ませんでした。

makigatoutyaku.jpg
 

こちらは薪が到着したりしつつ・・・

saisiken.jpg 

試験に失敗したりしつつ・・・

goraikyaku.jpg 

今日は来客。大学の茶道部御一行様。大学としては後輩ですが、私の学生時代は陶芸部にも茶道部にも入って居らず、随分と遊んでいたものではあります。先日の茶道サロンの際に声を掛けさせて頂いた処、夏休み中という事もあり、即座に御来訪。御蔭様で台風の影響もホトンド無く、ありがたい限りでした。

諸々、工房を御案内してから、自宅へ。拙宅へ来訪された事のある方は御存知の、いつものコースです。天気が良かったら成田牧場でアイスでも食べるのですが、さすがに台風の雲模様ですから割愛という辺り。なかなか、大学生の方は他府県からの方も多いので、滋賀県在住の方々でさえ信楽焼にせよホトンド知らないもの。増して他府県からの方々では、知らぬ事ばかりで、説明が先走ってしまったかもしれません。(御存知の様に、器の事となるとまぁよく喋るので・・・。)

大雨も来なかったので夕刻まで色々と話をさせて頂いて。聞くならくの料理人の心得ではありませんが、分った事や、感じられた事だけでも覚えておいて頂けると有難く。新鮮だったのかどうかは分りませんが、良い経験にしてくれれば有難いものです。先日は合宿に四国まで遠征しての茶会で在ったとか。土産も頂いてありがたい限り。

今後も茶道サロンなど、色々と御一緒する事もあろうかと。その節は宜しくお願い申し上げます。
お疲れ様でした~。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。