• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

気分転換

akinoiro.jpg 

秋ですねぇ。しかしちょっと寒い。妙に体がだるいなぁと思ったら、僅かに風邪気味です。

siitakematuri.jpg  siitakesyuukaku.jpg

今日も収穫。天麩羅にして頂きました。

mihomu.jpg doguuten.jpg

少し気分転換にMIHOミュージアムまで出掛けて。土偶展です。
今回は作るものがなかなか浮かばないので困ってます。

といっても土偶を作るわけではありませんが。土偶も祭器。紋様は青銅器系も多いです。
形も、古伊賀に酷似したものも多く。「天衣無縫」などと云いますが、精神的な自由ですね。
土偶も焼物として見れば様々考えられて作られているもの。技術的にも粗末なものばかり
ではありません。むしろ現代の作家にこそあのような仕事は不可能。

と、そんな話はええのですが。

困ったものです。構える程に難しい状態です。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。