• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

老子読解 その八

よし、老子の勉強をしよう。

>
微明第三十六
之を廃せんと将欲せば、必ず固(シバ)らく之を興す
>

衰退の前には隆盛の時期がある。陶芸史などでもそうであるが、伝統工芸全般に於いて、常に隆盛していたものというのはホトンド無い。十数代を数える名家といえども、多くは江戸時代に衰退期がある。歴々たる茶道宗家なる千家でさえ衰亡の危機があった程であるからして、何事も一時の隆盛ばかりを夢見ていては難しいのだろう。最近の陶芸史に於いても、例えば21世紀の前半は凄まじいまでの瀬戸窯隆盛期であるが、21世紀の末、バブル期を過ぎて自らの膨張を制御しきれず、以降は墜落するが如き凋落の憂き目を見ることとなった。バブル期を経て、その過剰なる大量生産技術が機械と共に中国に渡り、日本どころか世界の窯業を苦しめている。目先の利益に囚われてしまう事の愚かしさであろうか。

>
為政第三十七
欲せず以て静かなれば、天下将に自から定まらん
>

無欲に、鎮かにしていれば天下は自然と安定に向かうもの。先の三十六の例を見ての様に、淡々と自分の手仕事を守っていれば今の凋落も無かったであろう。あれよあれよと、作れば売れるというような時代に任せて好き放題をしてしまった結果が現在のもの。町や村にそれぞれ小さな職人が居て、それぞれの領分で仕事をしていた時代であればこそ、天然資源である良質粘土の枯渇など生じるわけもないのである。この緑豊かな日本で山林資源が枯渇したことがあるわけだが、やはりこれも戦国時代の大量消費。田舎の役所は人口増に躍起になって、新興住宅地の開発にいそしんでいるわけであるが、税金が欲しいがために街並や住民環境は悪くなる一方である。伝統的な木造住宅の衰亡も同じ理由だったという話であり、まぁともあれこの手の切り口が色々な伝統を破壊してきたのである。明治維新とて、古来の日本文化を捨てずに改革出来ればこそ最上であっただろうことは言うまでも無いだろう。古来の寺社仏閣仏像を壊したあの革命が、「西洋的な観点では理想的な革命」であるらしく、今も左様に歴史教科書では教えるわけだが、さてどうだろうか。

>
論徳第三十八
上徳は徳とせず、是を以て徳有り。下徳は徳を失わざらんとす、是を以て徳無し。
>

自然に振舞って徳に叶ってこその仁徳。仁徳者として人に認識させるような行為は本物の徳ではない。茶道にも「叶うはよし、叶いたがるは悪し」と云う言葉を聞き及ぶのであるが、おそらくこの思想が根底になっているのだろうかと思う。茶陶にも「無作為」と「無作為の作為」の違いが指摘されるもので、非常に難解なもの。上辺だけそれっぽくするのは容易であるが、淡々と作って自然とにじみ出るようになるまでには遠い修練が必要だとされるもの。現代は「上辺さえよければよい」として、ちょっと「見分ける力」の欠如を感じるといいますか、見る方もネットやらの即席知識で色々なことを知ったつもりになってしまう面がある。そんな時代だからこそ大切にしたい言葉でしょうか。

>
法本第三十九
玉の如くならんと欲せざれ。落々として石の如くあれ。
>

栄誉を求めることなく、路傍の石の如くなろうとすべきである。宝石は確かに美しいもの。しかし路傍の石、例えば御地蔵様、また古い寺院の苔蒸した燈籠石も劣らずに美しい。桜の華やかさに対して枯淡の美を賛美するのは茶道の特権と思われ勝ちであるが、思想原典とも言うべき老子にしてその思想を見出す事が出来る。「落落として」とは枯れ果てた状態の事を示すものであるそうだ。その賛美が仁徳、道徳へと繋がる道であるという点、全く道教と茶道は軌を同じくしているように感じる。

>
去用第四十
天下の万物有より生じ、有は無より生ず。
>

全てのものは無(道)から生じている。茶道というものは奥深いもので、様々な自然からも道徳を学べと訓えてくれる。そうして実際、例えば苗1つにしても、若い頃に添え木をしてやるだけで真っ直ぐに伸びるし、樹木も不要な枝を払ってやれば高く太く成長する。人間だけが道徳だのを心得ているわけではなく、むしろ自然に学ぶことは多くして、「人間どころか、万物にこそ道徳が在る」と言われれば、なるほど感心し、学ぶ様になったこの頃であります。最高の美にしても、多く自然のものが最高美を持っています。日々変化する青空、夜の星空、風の音に気温、虫の音。歴史を越えて愛され、いつまでも変化を失わないもの。誰もが毎日眺めることが出来る。何も代価は要らないし、それぞれの場所に、それぞれの青空があるわけです。なんと贅沢なものでしょうか。その上にして、そこには学ぶべき道徳が在る。これこそが老子道教の思想の根幹でありましょうか。


今日はここまで。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。