• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

一服。

今日は朝から御茶会へ。松雲会の志季釜にて、とても気楽に一服を頂戴させて頂ける楽しい茶会。軸は「閑座聴松風」にて茶杓は「庵の友」。梅雨頃に染付など爽やかなる取合せで御座いましたか。早朝八時半よりの第一席に寄せて頂いて、朝からありがたい一服を頂戴してまいりました。

umenoki.jpg umenomi.jpg

帰宅してガス窯を点火して、午後からは梅の収穫。自然なる花も綺麗なものですが、実もまた素晴らしい色彩である事が多いのは何故でしょうか。梅雨時の風物詩なのでしょうか。漬けるのは母親がやってくれます。漬けものも勉強すればまた別なのでしょうけれど、なかなか余裕がありません。

今日は窯を焚きつつ大井戸形の粉引を挽いて。濃茶用の大振りのもの。そろそろと碗形も安定して、迷い無く挽く事が出来て一安心しつつ。まだ削り仕事があるにせよ、まずはロクロが一番大事であります。

朝が早かったのですが、昨日は乾燥進行具合により深夜に削り仕事をやっていたので、ちょっと寝不足。とはいえ今日も一時頃が焼成終了の予定時刻。晴れている間に御仕事を進めております。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。