• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

天日

いやぁ、昨日に引き続いて晴れ間も御座いまして、何とも有難い限り。

tenpibosi.jpg 

曇り空ですから、突然の小雨に気を付ける必要はあるにせよ。乾燥具合が全く違います。雨天では丸一日必要な乾燥時間が、天日では僅か数時間で終わるわけですから、何とも天日の恵みは有難いもの。梅雨時に天日の恵みを体感するというのも不思議ですが、毎年に感じるのは梅雨時ですね。つまり「日頃の感謝が足りない」という話で汗顔で御座いますが・・・。

削り仕事の器も一挙に削り時を迎えるのでなかなに大変ではありますが。


今週は割合に雨が少ないとか。さてさて今の内に仕事を進めておきましょう!

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。