• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

梅雨入り

さて、何か梅雨入りしたとか、しないとか、したとか。
(近畿地方は梅雨入りしました。)
mansui.jpg
 

山河に満々と水を湛える季節でしょうか。映り込む景色に気をとられてしまいますね。田舎では川沿いに田圃が並んでいて、ちょと見方を変えれば、今の季節は田圃の大河が流れている感があります。夜は月が映り込んで綺麗なものですね。昔は梅雨の季節が嫌いだったものですが、雨の日は雨の日で。乾燥が遅いという面もありますが、削りのタイミングの時間も長くなりますから、少し仕事にゆとりの出る面もあり。梅雨が無ければあらゆる食物の恵みというものも無いわけで、野菜ならずとも、牛などの餌である野草も雨なくしては在りません。梅雨が終われば、牛の背丈を越えるような草が生息し始めます。

さてさて。仕事は何だか。夜中に焚いていると時間感覚というか、時間管理というか、はて今日は何の仕事を進めたもので在ったか、どこで睡眠を摂ったものか、色々と思考があやふやになります。

梅雨は梅雨で、ボチボチと仕事を進めております。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。