• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

利休忌の茶会

今日は楽志庵の定例茶会。いつもは水屋ですが、今回は久しぶりに御客様で寄せて頂きました。

kodouhanaire.jpg
 

利休忌の頃。毎年に茶会を迎えて行くと、何かやはり、特別な感があります。
初めての時は長次郎黒楽にて、衝撃を受けたものでした。

茶会は利休道具を用いてのもの。

古材風炉先に南蛮水指、中興名物の翁手茶入に愚郎井戸。
茶杓は武野宗瓦でありました。二つ節のもの。

床は「打破虚空堂七八回」でしょうか。ちょっと自信がありません。
利休遺偈を想起します。

愚郎井戸の名品も、次第に育っている様子を楽しみに。
今は茶道口が開いた瞬間に見分けられるくらいです。

続き薄茶にては仙叟書付の黒棗。これも時代を経ているもの。
漆を厚く塗り付けているものでしょうか。

利休の道具。その良さを様々に感じられる様になって、茶会自体の楽しみも随分と深く、広くなっている事を感じておりました。そのどれもこれもが、利休の創始在ってこそのもの。私自身の仕事も、利休無くしては今日在るものではありません。あらゆるものへの感謝を旨とする茶道。正に、何事にも感謝であります。


mokuseinotukue.jpg 

午後からは来客にて。柿の木を用いた展示台を頂きました。是非使って欲しいということで造ってきて頂いて。まだまだ、これから展示を思案するものですが、何とも有難いものであります。足は桜の枝。また近所より赤松の薪材も頂戴して、今日は色々と感謝することばかりでありました。


コメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。