• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

洋菓子

kukki.jpg 

一週間程早いのですが、洋菓子の日でありました。

ke-ki.jpg

ケーキなども作って貰いました。

洋風というか、キリスト教の風習ですね。もちろん日本創作的な商業的イベントの側面はありますが、昔から割合に、風習というものはいつのまにか定着していくのでしょうから、特段に目くじらを立てるものでもないかと。年賀状などもそうでしょうけれど、元々は年始挨拶の欠礼状というようなものでしょうか。中元・歳暮の贈り物というものも、本来は「祖霊供養のための供物を、遠い分家の者が宗家へ送る慣習」だったそうであります。言われてみればなるほど、親父などが盆暮れに行った際、まず仏壇に供えておりますが、現在は何か、例えば某ハムの様に、祖霊が喜ぶものではなく、本人が喜ぶようなものを送っていて、全くの形骸化も観じます。

いやまぁ、だから別に否定するわけではなく。
変質というものはある種の変革です。

現代は新しい意味づけ?として御歳暮や中元も「感謝の印」と表現されているのですが、「洋菓子の日」も最近は「感謝の印」というものになってきている様な感がありますから、段々と同じ様なものというか、新しい形の風習に変貌しつつあるのかなぁ・・・と。キリスト教的なイベントとしては、「年末のキリスト教イベントよりも、「それらしく本義に近いのかも」などと感じましたか。

と、「意味の無い感想」でありました。

でわでわ。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。