• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

春らしい?

今日は何となく、雨に春の薫りが混じっていた様な気がしたのですが、さてどうなのでしょう。

う~ん。とりあえず今月から漆教室を休養にして。今日は自宅で補修作業を進めておりました。正直、萩焼並みの土作りというか、粗い粘土ってのが、さて漆で止めるものか、米なりで止めるものか、調べるのも大変です。ちょっと大量に貯まってきているので、困った物。以前はまぁ、正直それほど止める意味があるのか?などと思っていた頃もありますが、現代の茶事情を考えていく際には、程度を踏まえないと難しい面を感じます。

次回の焼成は・・・どの程度で行くかなぁ・・・と思案もしつつ。

前回はかなり粗い粘土を用いたので、これはこれで困った面も多く。


tokonoma.jpg 

昨日の蹲花入もその1つですが、当日は問題ないものの、
一日を経てしまうと水が少し溜まります。

実際には敷板を用いるので敷板が濡れる風情でしょうか。敷板があると、板が水を吸収して、外観上の問題も無くなるのでありまして、真行草などの話だけではなく、実用面もよく考えられているものだと感心します。板は濡らしておくものと聞きますが、その理由というものの1つでしょうか。

ただまぁ、掛花入では敷き板がありません。どうかとなれば、程度によって温かい会場であれば浸水量よりも乾燥の方が早い場合もあろうかと思います。気化熱で水が冷えてくれて清浄に保たれ易くなります。古来知られてきた水甕作用。使っていれば止まって来るものですが、花入などは茶が入るわけでもないので、花のアクなどでしょうか。なかなか止まり難いのが実際。そんな浸みの程度1つでも、確認には時間が掛かります。

昔に販売されていたものなどは、確認も適当であった面があるような感があり、
浸水の多いものが時折に散見されるようですが、この辺りの理由でしょう。

何くれと、手間が掛からないようでいて、焼締めというものは非常に面倒を見なければなりません。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。