• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

「中国文明論集」より、陶磁史の視点 第七回

第七回。
itisada.jpg
 

東洋史論:「宋代文化の一面」より抜粋・雑感。
(※元本は宮崎氏の東洋史論文集です。)

>
北宋の仁宗皇帝の治世四十一年は、中国の長い歴史の中でも稀に見る太平の世の中、風は枝を鳴らさず、雨は土くれを破らずといわれるほどで、小説集に収められた恋物語など、大てい、宋は仁宗皇帝の慶歴年間に、というところから始まっている。(中略)彼らはどこまでも自由でありたかった。何者にも屈したくない。何でも自分の思うがままに振るまいたい。ところがそういう彼らを抑えつけて束縛するものがある。それは古い中国の伝統を象徴するかの如き、儒教の権威である。

いったい権威というものは生物で、だんだん成長する。古い権威があると、そこへ次第に新しい権威がつけ加わって、それがあたかも原来の権威であったかの様に威力を振るうものである。儒教の権威といっても、孔子の権威はわずかのもので、それに後から色々な権威が付加されて出来あがったものである。王安石はこの付加された権威を取り去って、純粋の権威だけを裸にしようとした。
>

人民の哀しき時代は、結局は権力層が闘争によって自滅・疲弊したことで終焉を迎え、手枷・足枷から解放されて新たなる時代へと向かう。その自由への希求が、様々な活力の原動力となり、新しい太平の世を手にする事となる。その歴史は、日本で言えば戦国時代を経ての桃山時代であろうか。

>以下も引用、適宜中略
宋代家法の喪失によって起こった知識人の間の思想解放と同じ様なことが、芸術界にも現れている。それは師法の喪失からくる新気風の発生である。唐代まで書にも画にも厳格な師法というものがあった。もちろんこの師法の権威も次第に成長し変化するもので、それと共に無数に分化していくが、苟も書画の道に入るには、師について徒弟的な訓練を受けねばならなかった。云い換えれば、一度は師法という型に投げ込まれて、自分の個性を殺してしまった上で始めて一人前になるのである。ところがこんなくだらない修行はやめにして、画ならば直接自然について学ぶ、書ならばなるべく古人の筆跡を選択して学ぶというやり方が、五代の頃から始まった。画の世界ではそれが南画の成立となって現れている。

欧陽脩はいう「唐代以前の人はまた幼少の物心のつかない頃から専心に書を習わされて、年が長ずるに及んで自由の境地に達しえた。ところが今の人は晩年になってから書を学び出すので頭ばかり働いて手が動かぬ。」。唐までの書は幼少の時から師法で鍛えられた書であり、宋以後の書は、十分に目が肥え、書に対する興味を覚えてから習い出した書である。前者はいわば書家の書であり、後者はいわば素人の芸である。どちらがいいかはにわかに断言出来ないが、腕から入って目の開けた書は完成しすぎて面白くない。目が肥えてから習い出した書は、技は未熟だがその素人くさい初心なところがかえって面白いという見方も成り立つ。そこには多分に個性が生かされているからである。『続書譜』にも、書は古人を学ぶと共に、「時に新意を出せ」とつけ加えることを忘れない。宋人の書で現今までも尊重されているのは有名な詩人、従って強い個性の持主の書が多い。

運筆の法についても宋人は型に拘泥しない。蘇東坡は「筆の持ち方はどうでもいい。要するにいい字が書ければそれでいいんだ」といって肘を机につけたまま書いていたという。それよりは道具を精選する方が大事だ。あたかも宋代にはこの要求に応じて地方地方に固有の特産品が現れた。曰く、湖州の筆墨、宣州の紙、端州の硯、これも各地の個性を活かして大量的に優秀な小品を提供したものといえる。

権威に反抗しようとした宋代自身がかえって新しい権威をもたされて後世に圧力を加えるようになった。いずれの時代もそうであろうが、特に1つの革新期に当たる宋代は、後世に及ぼした影響を通じてばかり眺めてはならない。
>

地方の特産。脅威的なことであるが、凄絶なる宋磁の産地も一箇所ではなく、各地方から独特の、それも歴史的に超一流の産物が同時多発的に生産されている。これは日本に於ける桃山時代も同じことである。師を持たない人々の、自由なる作品群を指して、後世にして芸術と呼称されているが、当時で言えば「新意の在るもの」ということである。

その核心というものは、王安石が永年に渡って膨張した孔子の付属権威を取り払った如き思想。純粋なものを原典として精選して、それを出発点とする作法である。常に自然を、常に史上最高の物を師とするコト。宋の至高芸術作品も、その様にして産まれたという歴史を持つ。「幼少から鍛えられた玄人芸」や「著名な師の劣化コピー」から解放された世界の産物。桃山時代とて、その作り手は戦乱と飢餓に苦しんだ人々であって、幼少より作陶術に専念出来るわけもなく、農業や剣術の稽古こそが生存に必須なる仕事だった人々である。長次郎だって、作陶に入るのは壮年となってからであり、瓦職人であったもの。昨今の昭和の巨匠に於いても、驚くほどに全員が師を持たず、独自の境地から切り開いたものばかりである。歴史教養に優れた魯山人など、上記と同じことを信条として作陶したことが知られている。ただ新しく自由であればOK、というものではない。 私は個人的に魯氏の作陶理論に共鳴するが、その底本は宋代の思想を踏まえているのである。

また、自由精神が権威となってしまってはダメである。また自由といっても、「際限無き自由」に在っては現実と乖離して「自堕落」と化す。常に原点に帰る。それが核心の原動力ということであろう。枝葉に拘泥してはならない。「自由」が「自由という権威」に変貌した時、「自由」という名の「不自由」となる。「自由」や「個性」という名の下に奴隷となっては、もはや自由精神は名目的・表層的な言葉遊びとなり、その本質は権威主義・保守主義と何も変わらない。振りかえって現代。自由を謳いあげた昭和期を経て、現在は「自由という名の不自由」に陥っている様に感じる。自由であるという「権威」を振り回している、個人主義・自由主義が「侵されざる権威」として、人々の間に暴威を奮ってはいないだろうか。

「古人の跡を求めず、古人の求むる処を求めよ。」

繰り返し核心として叫ばれてきたものは、常に芯となる精神。形式に陥るというのは、常に枝葉にコダワルということである。湖州の筆墨、宣州の紙、端州の硯。それを最上とした瞬間に、それは権威主義へと転化する。新しき筆墨の産地を「殺す」のである。道の言葉で言えば「慢心」であろうか。それは「停滞」の始まりであり、人々が哀しき時代へと向かう「折り返し地点」となるのである。上り調子の時代には、人々は権威に任せ、頼り、権威を信奉すればよい。しかし、下り調子の時には、それは権威主義・停滞の促進となる。「上り坂の儒家、下り坂の老荘」と云う様に、その原点の心は戦国時代の思想家こそが肝要なるものとなる。必然として、唐代に至る下り坂の仏教時代を転換した宋王朝は、正に上り坂として朱子学を発達させることになります。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。