• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

写真付きの記事

さて。今年は写真付記事を心掛けつつ、ここ数日サボってました。

natuyasai_20110924180205.jpg
 
涼しいけれど、相変わらずの夏野菜収穫。そろそろ終わり。

okuraniari.jpg 
食物が無くなったのか、オクラにアリが群れる様になりました。
高さ1.5メートルほどの花ですよ。今年は害虫に苦労してます。
実際、畑の野菜って甘いものが多いですからね。

higanbana.jpg 
世間は御彼岸の時期でしょうか。噂では三連休と聞き及びます。

anaakikezuri.jpg 

ボチボチと茶碗を削ったりしておりますと

inekari.jpg 
稲刈りの音。ここ10日程の間で一挙に進められています。
雑草も背が低く。生育が衰えると牛の食欲が勝利します。

kemonomiti.jpg 
地面が少し乾いて来たので私も獣道を通って・・・

igatutisyuukaku.jpg 
伊賀土の収穫へ。今回はこれで足りると予測してます。

gasugama37.jpg 
ついで昨日に詰めておいたガス窯を点火。

kikyounoowari.jpg 
まぁしかし、涼しくなったもので、日の暮れるのが早いです。
長く楽しませてくれた桔梗の花も終わり。芙蓉も最後の一輪。

turiganeninjin.jpg 
そろそろと、秋の花でしょうか。釣鐘人参。自生の花です。


ちょっと点火が遅かったので明日の朝までガス窯になる予定。その足で、そのまま淡交会の研究会。茶会の水屋方に入らせて頂いて、勉強して参ります。御茶人だけの集まりって、とても朝が早いのですよね・・・。

でわでわ。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。