• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

「中国文明論集」より、陶磁史の視点 第二回

itisada.jpg 

小難しい話、第二回です。宮崎氏の文章は、歴史学者さんとしてはとても判り易く、楽しい文体だと思うのです。暇な時間を使って書いているので、暇な時間に読んでみてください。

東洋史論:「宋代における石炭と鉄」より抜粋・雑感。
(※元本は宮崎氏の東洋史論文集です。)

>
三、四千年間、世界文化の先頭に立っていた西アジアは、その文化の先進性の故に、西アジアの自然を収奪し過ぎた結果、地力の消耗を来たして、少なくも十世紀頃になるとその文化・社会に一種の行き詰まり現象が現れてきたと思われる。地力の消耗の中で特に著しいのは森林資源の枯渇である。(・・・)燃料の不足は生産活動を拘束する。殊に金属の生産を阻害すること甚だしい。西アジアにおける金属加工品、精製品の名声は、どうも西アジアに金属地金が豊富であったためでなく、少量の輸入地金を最大限に加工費をとって再輸出せんとする努力の表れと見られる。古い歴史によって支えられた高度の技術を持ちながら、西アジアの産業はともすれば、次第に土地から浮きあがろうとする不安を蔽うことが出来なくなった。
>

高名なるペルシア銀器、イスラム青の器。技術は、資源と密接な関係にある。やはり磁器などに於いても、資源の希少性が、かの精華に昇華させたのである。貴重な磁土、貴重なコバルトを用いて制作するのであるから、勢い、そこには精緻なる技術が鍛えられるのである。日本ではおよそ、自然なる資源を用いるに際して、そこに敬意を払い、祀りを行ってそれを用いている。如何に水が豊富であろうとも、水神を祀り、大切にそれを扱ってきた。貴重な資源であれば尚更である。現代の様に「あるだけ使ってしまう」という発想では、到底、その心情は測り知ることが出来ないだろう。これは理論でもなく、思想でもなく、「実感」の話である。

現代。陶芸に於いては、量産食器を造るために、貴重な粘土資源を有する山を、数年で1つ、潰しているのである。古琵琶湖が堆積させた粘土というものを、山ごと1つ、潰して行くのである。山中のことであるが故に気付かぬかもしれないが、瀬戸・美濃辺りの「キャニオン」などと呼ばれる地域を見に行けば、山中に高大な平野が広がる恐ろしき光景がある。人々が器を、百円の価値しか見なくなった時、やはり工芸としても、そこに精緻なる技術は育たない。豊富なる資源を大切にしてきたからこその、高度な技術工芸と見るなら、「内情は資源の使い倒し」である現代に於いて、その技術が低下するのは当然の流れであると見て良いのではないだろうか。日本工芸二千年の歴史に於いて、かように土を粗末に扱った時代というものは、例を見ないのである。「技術立国」なる言葉は、今の工芸には正に空虚な言葉である。貴重な輸入貴金属を用いる科学技術が発達し、地力を用いる工芸が衰退しているのは、この歴史観に従えば、まず当然の帰結であると云える。要は、資源の豊富さよりも、資源を如何に大切に生かすか、という話になる。「量」は古代、「名目」が中世、「活用」が近世の文明である。

>
西アジアを停滞に陥れた燃料問題が、中国に於いては巧みな解決を遂げ、いわば燃料革命とも称すべき文化の発展が見られたという事実である。唐末から宋にかけて石炭の利用が普及し、これに伴って万般の生産が刺激され、夥しい物量の算出が可能となり、その物量を土台としたのが宋代の新文化であったのである。宋代文化の高度性は、単に精神的なものでなく、豊富なる物量を背景にして始めて可能であったと言える。
>

枯渇によって育てられた技術が、突如として豊富なる資源に出会って「華」を開く。厳しき時代に禅を生み出し、その精神性の高きもので以て、豊富な物量を差配したのである。桃山時代も同じことで、乱世における森林資源の枯渇、食糧難というものから解放された「直後」の時代である。細かいコトを云えば、モノを造るのも、文化を造るのも人間なのである。艱難に耐え、不足の中で最大限に活用をする精神を得た人間が物量を差配する時、全ての物が活かされた時代、即ち宮崎史観による「最も高度な文明」という時代が生じるのである。苦労を知らぬ人間には不可能、苦労あってこその文明開化。宋の高度な文明は、詩聖や禅僧に代表される精神性を以て、万物を生産したというものである。その時代の工芸品を造るのは「人」であるからして、如何に材料が豊富で、その質が向上したとしても、「製造する道具たる人間の質」が低下すれば、その範囲でしか文物は生産出来ないのである。魯山人を初め、「人間力こそが決定的な作陶能力である」と喝破する工芸の巨匠は、それこそ枚挙することが出来るのであって、広く歴史的に見ても、狭く個人作家の視点に立っても、人間力こそが文明を決めるのである。戦後の日本復興とて、これもまた同じことなのである。昭和の偉人作家は皆、その半生で資源枯渇なる戦争を経験して精神を磨いた人々だ。

>
石炭は、製鉄に利用されたのみならず、また製陶にも用いられた。そのことは『宋会要』食貨巻五十五、窯務の条に(・・・)とあり、在京の陶磁製造所では、その燃料に薪と石炭を併用したのであった。華北における製陶の中心はいうまでもなく磁州であり、磁州焼が普及した結果、「瓷器」に代って「磁器」という言葉が用いられるようになったほどである。さて磁州は鉄鉱と共に石炭を産するので、製鉄の要地でもあるが(・・・)先の引用文の続きに(・・・)特に在京窯務は宮中用の上製品を製作しなければならなかったので、石炭を避けて薪に頼ることにしたかったのであろう。しかし磁州のような大衆器物には石炭が盛んに使用されたと思われる。
>

森林資源の少ない中国北方は石炭を燃料に、華南では薪材を燃料として、精緻なる宋磁を造り出したことは常識的に知られているものであるが、歴史的な視点として考えれば、当然に宮中用というものは、即ち国の総力を用いて制作するわけであるからして、「石炭が豊富であるから石炭を用いた」という様な発想が、こと官窯に於いては通用しないという事である。「磁器」の由来についても少しく豆知識であるが、磁器という言葉自体、やはりその故郷は世界最高峰の精華陶技を誇った「宋磁」の世界に発しているのであり、なかなかに歴史浪漫のある経緯ではないだろうか。

>
宋が大量の鉄生産手段を有したのは、国防上に好条件であったが、しかし困ったことには宋にとっての最大の敵国であった遼も同様にその国内に鉄と石炭の資源を有していた。(・・・)宋に行われたコークス製鉄法を遼が知らない筈はなかった。遼が宋の北辺で東は日本海から西は中央アジアに至る大帝国を建設したについては、その鉄の威力による所が多かったことは疑いない。遼はこの武力的優位を守るために、領内の鉄が、特に西方に向かって流出することを極度に警戒し、(・・・)隣接する蒙古部族すら、長くその箭鏃(矢)に骨角を使用せざるを得なかった。(・・・)金代になって、金はこの鉄禁を維持するに熱心でなく、そのために鉄器が蒙古族の中に流入し、蒙古人はこの鉄を用いて武器を製したので。あたかも虎が翼を得たように、また掣すべからざるに至ったのであるという。
>

文明の伝染。鉄の量産技術は宋の高度な文明を成立させたが、同時にそれが蒙古に翼を与えたこととなり、却って蒙古帝国に呑みこまれることとなった。そうして元以降、その文明の精緻なるは次第に低下することとなる。著名なる染付が典型とされており、以降は「量」を貴びて紋様を次第に増殖させ、色彩は単一から過剰なる量へ。技術こそ高度であるが、文明の程度が著しく低下するのである。かくして史上最高の陶世界が失われた。現代も、技術こそ機械製の陶磁器は高度である。薄く、軽く、丈夫で、耐久性も高く、均一・均質であって、紋様も伝統的なものを踏襲することが多い。しかしその世界は明々白々に、「文明の低下」を確認させるのである。文明の高きは、力の低下を呼ぶ。それは国力の低下である。そのジレンマは文明論として宮崎氏も指摘するものである。文明は常に進化しているが、人は波の如くに進退を繰り返している。過去と現在を比する際、ともすれば現代を無条件で進歩的だと判断するが、それは技術進化の話である。人間力まで進歩したと考えるのは、現代人の我田引水ではないだろうか。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。