• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

月が綺麗に

夜の明るい季節になりましたか。田舎は夏が短く、早々に秋を迎えて冬になる感じがあります。夜はもう、すっかりと寒いもの。五月頃まで炬燵が出ている様なトコですが、炬燵を出すのも早い。もちろん、本格的な雪国と較べれば大したこともないのでしょうけれど。

akinosora.jpg 

今日も綺麗な青空。心が洗われる様です。

mitikuzure.jpg

まぁ少し、台風の爪跡もあります。新しく舗装したばかりの処。
和歌山を中心に、やはり相当なものでしたか。

道崩れというものは、詰まる所、「地下を流れる水流」によって起きるようで、アスファルトの下はトンネルになってます。水は最も弱い処へと集注して道をつくり、表面に出るほどに強い水流が川となる。土が水に流され、空隙が出来て行く。全体に浸み渡っていくものではなく一箇所に集中するというのは、空気にしても水にしても炎にしても、大したものです。花や野菜で、果実に栄養が集中するものと同一のこと。水の流れは止められないので、昔の窯は斜面に対して縦方向に、また川の傍に作られていることが多い。窯の中に水が湧いたら大変なのです。近くに川が、というのは、もちろん火事防止もありましょうけれど、それに優先して、「窯内に水が流れることを防止する」という意図があったのではないかと愚考します。逆にこれを活かす場合、全地下式の窯の横に、水路を意図的に掘り下げるという技術試案が成立します。

と、クダラナイ話は置いておくとして

gasugama35.jpg 

今日もガス窯。昨日の窯は・・・ちょっと微妙な結果でした。
挑戦的なことをやると・・・失敗はつきものであります。

igatubo.jpg 

とりあえず、秋の伊賀焼成に向けて始動しつつ。55サイズの大壺です。
すっかりと作った土が無くなりました。今が一番、作り良い時期であります。


明日は荷作りして、セトモノ祭りの用意。週末も晴れると良いですね。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。