• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

九月。

んと・・・九月です。

sigarakikohiki.jpg 

昨日に焼いたのは、薪窯で融け切らなかった粉引。中を覗いてみて、いくつか焼直し。時間的に、来週にはせともの祭りがあるものだから、手早く仕事をしておきたいトコロです。

tenmoku.jpg 

面白く上がったのは天目釉。粉引の一枚下で動かしているのが、天目と緑釉。緑釉は・・・ちょっと興味を失いかけているのだけれど、天目は意欲もあり。しかし茶碗の修練が必要になってきます。中途半端な作品というのは、売れる・売れないは別として、如何にもコダワリの低調を具現化してしまうので格好悪いもの。

natuyasai.jpg
 

まぁ・・・何だかちょっと、何から手を付けるか困ってます。野菜云々、小屋建築云々、ガス窯云々、薪窯云々・・・。茶道も色々とあり、セトモノ祭り、信楽焼き祭りもあるし・・・茶会もあるし・・・試作色々もあり・・・。う~む。困ったというか、抜け忘れが絶対に起り得る・・・。

とりあえず・・・現実逃避か・・・?

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。