• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

岡倉天心「茶の本」に見る思想 「第七章(最終章)」より

okakura2.jpg okakuratensin.jpg

第七章「茶の宗匠」より

最終章は茶の宗匠。宗匠ということでは各流派ありますけれど、詰まる所、天心が利休流の茶道を推戴し、それを本流であると認めている事は、本文を読むほどに明らかなもの。宗匠とは、即ち、利休。

>
茶の宗匠の考えによれば芸術を真に鑑賞することは、ただ芸術から生きた力を生み出す人々にのみ可能である。ゆえに彼らは茶室において得た風流の高い規範によって日常生活を律しようと努めた。すべての場合に心の平静を保たなければならず、談話は周囲の調和を決して乱さない様に行わなければならぬ。着物の格好や色彩、姿勢や歩行の姿などすべてが芸術的人格の表現でなければならぬ。これらの事柄は軽視することができないものであった。
>

茶室・道具、茶、炭火、様々な芸術を真に鑑賞し、また客に供するならば、亭主もまた芸術品で無ければ点睛を欠く事になる。故にこそ、亭主もまた芸術的人格を持ち合わせた立派な人物であることが必要であり、若輩者が文化財級の道具を用いたところで、基盤となる土台からして、不調和・不釣合ということになる。真塗板の上に信楽水指を載せる様なもので、誠に不調和ということになる。何も小難しいことが語られているのではなく、道具が良ければ、亭主も相応しい人物であれ、と、それを説いているだけのこと。

この当時。文明開化などと云いながら、従来の伝統文化が打ち捨てられ、貧しきに喘いで道具を手放した宗匠。財閥系数寄者がそれを引き取って、戦利品的な道具茶会が行われていた頃のもの。もちろん、茶の宗匠を庇護したような立派な方も居られる。一方で、正座さえしなかった亭主が居る。多く、現代の美術館に収蔵された品々。もはや扱える者の居ない道具という事になるのでしょうか。美術館が・・・果たして「茶道具の納まるべき処」なのかどうか。

>
この人生という、愚かな苦労の波、騒がしい海の上の生活を適当に律してゆく道を知らない人々は、外観は幸福に、安んじている様にと努めながらも、その甲斐もなく、絶えず悲惨な状況にいる。われわれは心の安定を保とうとしてはよろめき、水平線上に浮かぶ雲に、ことごとく暴風雨の前兆を見る。しかしながら、永遠に向かって押し寄せる波濤の中に、喜びと美しさが存している。何ゆえにその心を汲まないのであるか、また列子のごとく風そのものに御しえないのであるか。
>※列子:風を意のままに操るという仙人。

少しく抽象的な文言が多い。過去に無い大きな国家間戦争を目前とした戦慄であろうか。遠くに堂々たる暗雲を見る日々。そういった荒波・暗雲。しかし、暴風と雷雨をもたらす巨大な入道雲にさえ、人は美を感じ、夏の喜びを感じる。入道雲に不安なるを知りながら、そこに喜びをも見いだして行く。不安に陥るか、それとも心を強く持って美を楽しむか。それは列子が自在に風を操るが如くに、己自身が、入道雲をどう見て行くかという事に拠るのである。悲観の上に何を載せるか。展望批判を並べ立てるのか、科学分析を並べ立てるのか、人の生きる術を説き立てるのか。そういった事を、改めて説いているのだと感じる文章かと思う。

>(利休切腹の日)
「不幸の人の唇によって不浄になった器は、決して再び人間には使用させない。」と言って、利休はこれを粉砕する。その式は終わった。客は涙を抑えかね、最後の訣別をして茶の室を出て行く。彼に最も親密な者がただ一人、あとに残って最期を見届けてくれるようにと頼まれる。そこで利休は茶会の服を脱いで、大事にたたんで畳の上に置く。それで、その時まで隠れていた清浄無垢な白い死に装束があらわれる。彼は短刀の輝く刀身を恍惚と眺めて、次の絶句を読む。

人生七十 力囲希咄 吾這宝剣 祖仏共殺

笑みを顔に浮べながら、利休は冥土へ行ったのであった。
>

最後の文章。「茶の宗匠」とは「利休」のこと。「不幸の人の~」という話は、1つ楽茶碗に通じる。カワラケとして低温で焼かれた楽茶碗は、何度も使用する事を想定してはいない。もちろん、当時の客も同じく、一期一会の戦国時代であり、大将・大名とは云え、その流転は先が見えないものであるし、合戦のみならず、失策による斬首なども多く行われていた時代である。それは利休とて蚊帳の外では無く、やがて切腹を申し渡されることになる。

書かれた英文にも、しかしこの絶句に関しての説明は無い。現在も色々と云われるものだが、色々云っているのは学者さんや小説家に多いのかと思う。説明は不要。不可能ではなく、不要というものだろう。蛇足は茶の心に在らず。天心もまた、説明を不要として、「茶の本」を締めくくったのである。


以上、第七章「茶の宗匠」(最終章)より、抜粋・雑感まで。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。