• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

試作結果

jyoukonnyuu.jpg 

そうそう。ガス窯による試作結果。なんでぃ、ただの条痕釉じゃねぇか!・・・とまぁ、一度で巧く行くものでは無いのです。条痕を残しながらの調整を掛けて行きます。昔の、手探り状態の釉薬調合。きっとこんな感じだったのではないでしょうか。もちろん昔というのは桃山時代の事です。織部の条痕って辺りには、そういうものを感じるのですよ。

土に鉄分が多い事によって、銅の呈色が完全に喰われている感じです。よって、目的としていた緑色方向に動かすよりは、これによって得られる色彩を追ってみた方が勉強になるかもしれませんね。

mamusi.jpg 

最近は蛇も起きている様で。1メートルくらい。草刈り時にはクレグレも御注意下され。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。