• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

ガス窯開けて

gohonte.jpg 

昨日のガス窯。御本手を狙ったモノの、ちょっと還元が強かった様子。
行き先は七月の職人展。特価品の広告原稿が必要なのですよ。

gohonte2.jpg 

土の具合にも拠るのかな。釉調整は悪く無かった様子。
御本手としては二回目の焼成で、この写真が一回目。


予定としては薪窯もあるので、あまり時間がなく。
少し薪も不足しているので追加も依頼して到着!

makiteate.jpg 

(ありがとうございました!)

そういや、友人がまた一人、薪窯を造るので相談を、という話があり。
以前は安価・独力で薪窯を造って焼く方法の記事を置いていたものでしたが、
昔の記事だから消えてます。でも、頭の中には改訂版が入ってます。

水野一門の同門弟子さん。大いに支援したい所です。


あと、いつか登り窯も作ってみたいものです。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。