• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

独学「禅のすすめ 道元のことば」角田泰隆氏 より。その11

良い季節になりました。秋の初めの、涼やかな風が嬉しい日々ですね。

「禅のすすめ 道元のことば」角田泰隆氏 より、適当な独り言。その11。

p65『正法眼蔵』道元
「他をして自に同ぜしめてのちに、
自をして他に同ぜしむる道理あるべし。」
~~

「お坊さんって、何のために居るの?」
今の大人には、ちょっと答えるのが難しい問題ではないでしょうか。
本来、お坊さんは、人々の中に飛び込んで、周囲を感化させていく。
そうして、人々を仏の道へと導いていくのが「お坊さん」です。
これが、多くの仏教の教え。

対して、禅仏教では、人々が、お坊さんと同じ座禅をしていくことで、
仏の在り方を実践しながら学び、それぞれが感化していくという発想です。

茶道は禅宗ですから、後者の存在だと言うことが出来ると思います。
茶道自体が、そもそも本場中国の禅宗の修行様式を基礎にしていて、
茶事という正式な場では、それを色濃く感じることが出来ます。

裏千家の御家元方針には、「社会に交わりながら、茶道を広めていく」
ということが明確に示されています。これは現代風に茶道の思想を翻訳
したものだと言われますが、

茶事(出家した茶名を持つ者が集まった場所)では、修行様式。
イベント(普通の一般の人々との交わり)では、良さを広める。

という区分で考えられていることが読み取れてきます。
今の茶道では、茶名=出家という感覚もないですから。

茶事=旨い抹茶、旨い酒、最高の食事、最高の道具。
という様な具合のものも、多く在ります。修行?と思われるでしょう。
通常には手に入らないような、特別なものが沢山使われています。
茶人でない著名人などを招いたりするような場では、更に顕著でしょう。
そういった果てが、大正時代の数寄者による茶事だったわけですが、
それも、現代の評価としては、「大手を振っての高評価」という具合です。
行きつく先が、「日本文化の粋を集めた殿堂」としての姿。
現実、世間が茶道に求める役割が「文化の殿堂」でもあるような。

実際、歴史的に「そういう茶道もあった」わけですからね。
仏教的には否定されるような豪勢な茶事茶会も、
文化的には大いに肯定されるという、難しい局面です。

仏教、茶道。それを学んで、どうしたいのか。

流派の看板を掲げるなら、御家元の方針に従うのが道理でもあり。
でも、御家元が何を目指しているのかは、簡単には測れない。
軽率に推測しても、あて推量でしかありません。

そういった制約の中で、どんな茶道を思うのか。
厳格に仏道修行として考えるもあり、文化の担い手もあり。
そもそも日本文化は仏教文化とは切り離せないものですから。
そして仏教には儒教もあり、思想も混在、発想も混在。
なかなか、五里霧中といった感じで。
追えば追うほど、何が正しいとも、正しくないとも。

ちょっと、答えの出ない課題ですね。

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。