• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

独学「禅のすすめ 道元のことば」その9

「禅のすすめ 道元のことば」角田泰隆氏 より、適当な独り言。その9。

ようやく夏休みも終わって。子供2人は楽しんでくれたけど
さすがに大変でした。波からして今月は体調が落ちていくので。
今月後半までは低空飛行に勤めようと思います。

p54 道元と弟子(懐奘)の対話より
弟子「古人の語録を読んだり、公案(古人の禅問答)を
工夫したりすることは無用なのでしょうか?」
道元「公案を学ぶことによって、少しばかり分かったような
気持ちになることもあるが、それはかえって仏の道から遠ざ
かることになる。所得を求めず、悟りを求めず、座禅をして
時を過ごすことが、そのまま仏の道である。」
~~

禅の臨済宗と曹洞宗の違いの部分として知られるものですね。
座禅を中心とする曹洞宗と、公案を大切にする臨済宗。
茶道は臨済宗に属しているような側面が色濃いので、
お茶会では、高僧が書いた、公案など書物にある禅語や仏道を
床の間に飾らせて頂くことが通例となっていますね。

陶芸の上達でも、技術書は色々あるし、変わった技法もあります。
陶芸に限らずですが、そういった「技法をたくさん覚える」ことを、
「上達」と考える人も普通にいます。そういった技法を組み替えて、
なんか新しいっぽいものを作ったり、アイデア競争をやるのが現代式。
まぁでも、アイデアが珍しいことは、それ以上でも以下でもないです。

技法だけでいえば、「手ひねり」なんてものは単純極まりないので
ホトンドは電動ロクロばかり重視して、軽視する人も多かったりします。
その電動ロクロも、流派?によって全然最終的な到達レベルが違ったり
するのですが、そんなことを知らないと、いつまでも初心者ロクロだったり。
造形という面でみれば、手ひねりも相当に勉強になるものです。

勉強と経験は最初こそ大事ですが、技術には思考と練磨が大切ですね。
何の苦労もなく到達点だけを摂取したりすると、応用が効かないです。

土は買って、釉薬も買う、窯は電気ガスなら、応用の勉強は不可能。
そうするとまぁ、「どこそこの業者の釉薬がうんぬん~」というのが
「陶芸家同士の会話」になってたりして・・・これが現代かなぁ。
いやむしろ、品質安定で必須になりつつあるのが今の流れかも。
私は古典的な手法でやってきましたけど、ほとんど居なくなりました。

さて、禅語は、「わかったつもり」が一番よろしくないとは聞き及びます。
とはいえ、禅について何も勉強しないというのも違うような気がします。
何も学ばないと・・・「茶会で書家の芸術作品を床の間に飾る」という、
そういう例が・・・よく「陶芸周辺発の品評会茶会」にはあるんですが。
茶道から仏教的思想部分を排除して文化イベントにしたら、そうなるらしい。

「何が悪いねん!」という話の向きもあるでしょうけどね。
あれって、伝統が重ねてきたイメージを、借りて消費してるかな。
道義的にはちょっと、如何なものでしょう。

ちょっと道義的な感覚がしっかりしてたら、と思うのですが。
今どころか、とっくの昭和の頃から、陶芸は文化派が主流。
茶道具の形を借りながら、現代美術に移行していったもの。

伝統的に大切にされてきたもの道義的な決まりごとなども、
「経済至上主義の前に破り去られる」ことが、よくあります。
道義的なものを学ぶより、経済を優先するという発想が現代。
「所得を求めず」に修行するのが仏道的なものだとすれば、
「所得」という経済、例えば「プロ=食ってるかどうか」という
考え方が現代では普通のとらえ方で、今は仏道や道義は薄く
なってきていますから、経済1つがモノサシになってくるのかな。

経済効果だの、損失だのが評価の基本。


駆け出しの頃もよく言われました。
「そんな善良にやってたら苦労するよ。貪欲にあれもこれも、
タダでもらえるもんも、もらえないものも、全部もらって行かないと。
みんな、そうやってるし、他人の分とか、考えちゃダメだよ~」
(といって遠慮した機材をドカドカっと下さりました。)

まぁ、その方は慈善で駆け出しに機材を分けて下さってるわけで。
善良なことをされている立派な方々。今でもたまにお世話になります。

お金とか、名誉とか。そういうのを目指していくと、
そういった方々の様にはなれないのだというのは、よく分かります。
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。