独学「禅のすすめ 道元のことば」その7。

「禅のすすめ 道元のことば」角田泰隆氏 より、適当な独り言。その7。

p38『宝慶記』道元
”いっさいの生きとし生けるものが仏であるというのは、
自然外道(ありのままでよいという誤った考え方をする者)
の言うことである。すべて善も悪もなく、何をやっても、
ありのままでよいとする考え方であり、仏法ではない。”
~~

まぁ、現代に仏道を目指す人がどれだけいるのかは分かりませんが、
日本の伝統的価値観”道徳”は「仏教と儒教の融合的なもの」ですから、
ここが変わってくると、「大切にされるもの」が変わってくることになります。
例えば、明治維新の大改革では、「仏像が木片として」焼かれました。
それが起点となって、今の時代があります。

ありのままでよい、という考え方をどう考えるか、難しいところですが、
善悪の区別も何もなく、「犯罪行為でない限り自由が認められるべき」
というのが現代的な価値観の前提であろうかと感じています。
陶芸の世界でも、経済性の前には、デザインの盗用はもちろん、
もうほとんど、何でもござれとばかりの様相で、「今が良ければ」の世界。
まぁ、自由といえば自由ですけど、その自由が当たり前の時代。
道徳的には悪いことだと分かっていても、犯罪じゃないし、やってしまう。

こういう時代に、仏教だの、道徳だの言ってみたところで、どうでしょうか。
終末思想じゃないですが、なかなか、教えは広まらないかもしれません。
仏道が最上位に置かれてきた時代は、過去になりつつあります。
今の、祖父母の時代、今100歳や、そういった方々が最後の世代かな。

子供の教育でも、「叱らない教育」とか、まぁそんな方向性も多いです。
「自由に!自由に!」と、一直線に結果を求めているような、そんな感じ。
規律を体得した上に自由を乗せないと、道を踏み外すと思うんですが。

子供はやんちゃと言っても、他人への暴力は、大人なら警察に御用です。
でも何かね。叱らないから、他人への暴力をしている子も、口だけで止めたり。
そうするとね。子供なんて、言われても聞かない子も多いんですから。
そのまま、親に反抗するような年頃になるかもしれないのになぁ。

やがて、その世代が中心を占めると、価値観は変わっていきます。
神仏の、例えば七五三や祭りなど、色々な風習がイベント化していますね。

仏道修行で使う茶道具もまた、すでに「美の競演」のような工芸品です。
こういったことは、時代の流れから見ると、流れがよく理解できます。
みんなで仏教をやっていた時代は終わったのですから。

美術教育でも、私の子供の頃でさえ、
「あなたが、良いと思ったものが良いんです。それが個性!」
なんていう教え方でした。実際は・・・

書道の授業でしたが。
幼少から書道教室に通って、奇麗な筆文字を書くと通知表が最低評価の4。
可愛らしい字体で書いてみたり、ハート書いたりした人が、通知表で10。
単なる先生のエゴですよね。ファッション的に個性とか自由って言ってる。

そんな価値観で育ってきた人が、日本の工芸美は、ちょっと難しいですよ。
文字1つ、奇麗に書くだけの初歩でも、練習が必要だし、バランスの感性も必要。
こういった「感性の練磨」の結果が、日本の伝統的な工芸美の根底なのですが。
そういう前提自体を、そもそも教えられていないのですから。

そうすると、工芸品をちゃんと評価できる人もいなくなってきて。
わかりやすい、現代風のものを、マスコミを始め、取り上げるようになって。
人気の出るようなものを、作家も作るようになっていって。

という感じで、工芸品にも、流行のような、ファッションのような。
職人的なものも、流行の一種、「1つの様式」になりました。

自由の中で、何を選んでいくのか。とても難しい選択だなぁ、と思います。
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。