• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育休状態にて

さて、気が付けば月1回の更新ペースになっているようで。
完全に育休状態であります。

どれほどの方が御覧頂いているのか、
また、見る程の価値のない駄文ばかりで申し訳ない限り。

yanenosyuuri_20181015131657dfb.jpg enntotu_2018101513165871e.jpg

台風、皆さんそれぞれに御苦労でしたでしょうか。
行事や茶会、運動会などなど中止となったり延期となったり。
色々と御座いました。

工房は、なんとか屋根が飛んだり、ガス窯の煙突が折れたり。
ちょっとガス窯の煙突は、場合によっては痛手になりそうです。

tegatukerarenai.jpg ennennto_201810151317026df.jpg
 
冬に窯を焚く心づもりでしたが・・・。
相変わらず無理をすると、折り返しの体調不良があって。
1週間に渡って無理を重ねる窯焚きには大きな不安材料。
嫌いながら病院にいって薬とか貰うかなんかですかね。

子供も、かれこれ1ヶ月は風邪を引いていて。
ちょっと、子供の喘息が再発しないか心配しつつ。

kusakari_201810151316594d0.jpg 

ともあれ工房の再整備を進めています。
去年からの1年で、随分と自然に呑まれているので。
体調の良い日に草を刈る程度では追いつかない。

草の高さは2mにも及びます。
刈っても刈っても終わらない。
土地も広いですが、足場も悪い。

ほぼ全面的な、広大な草刈作業、道の修復。
工房の修理、水道の修復。雨水による窯の破損修復。

今は家事全般を引き受けているので、送り迎えなどもあり、
掃除洗濯から、食事、買物、ミシン使ったりもして。


なかなかに、建設的な事というよりは、日々の修繕ばかり。


正直、あまりに工房が荒れてきているので。
「こんな状態では窯を焚きたくない」という思いもあり。

伯父が亡くなって3年。

きっちりと工房回りの目途を固めないと、
延々と草刈り作業になります。

また、昨年来、色々土地問題のあった牧草地が、
結局は太陽光発電の設置という決定がされたそうで。
寝耳に水でしたが、地権者さんが決めたようで。

「臥翠窯の名前の由来となった牧草地」は、
どうも大半が無くなってしまうようです。

それだけに、手元に残る牧草地を綺麗に戻したい。

そんなこんなの経過状態の中、出来る範囲のことをようやく。


振り返ってみると制作は「育児休業中」という次第。
きっちり足場を固める作業が続いています。
スポンサーサイト
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。