• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬も終わって

huyumoowari.jpg 
さて、お久しぶりです。
春の気配が日々感じられるようになってきて嬉しい限り。


私も。ようやく体調も完治を感じられる所まで快復。
皆様には色々と御心配をお掛けいたしました。

冬の充電期間の経過も良いようで、昨日くらいから、
食欲やら何やらが急速に充溢してきているのを感じます。
充電期間といっても、まぁボケーっとしてるだけです。
ほとんど育児とか、家事とか。ゴハン頑張って作ったり。

毎年、4月の窯焚きは欠かさないでいるのですが、
冬の凍結期にボケーっとして過ごしてると、2~3月に
自動でスイッチが入ります。不思議なもんです。

まぁ、窯焚きは色々と消耗が激しいですからね。


世の中も色々と変わりつつあるようで。最近は記事として
書くのは止めたものの、人々の器への視線も、従来にない
方向に、やはり流れて行っているなぁというのを感じます。

そういや、昨年は少し商売の話もありましたが、まぁ。
あんまり書きたくないですが、ちょっと騙され加減というか。
そんな話で終わって、先日にようやく決着がつきました。
正直、こういうのはへこみます。

昔に、師匠も同じ人にやられて、同じような目に遭ったようで。
口車っていうのは怖いものですね。

まぁともあれ。昨年は大きな仕事にて乗り切らせて頂いて。

やれることをやっていこうと思います。地道に。
スポンサーサイト
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。