• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月の話

さて。風邪ひいてます。はい。

11月に入って、気づけばもう20日過ぎですか。
色々と山積した仕事をこなしながらという辺り。

70syuunenngyouji.jpg bujiniowatte.jpg
月初には70周年行事。無事に終わってひと安心。
なかなか、不十分な作品もあろうかと。
行き届かぬ点を心配する次第でありました。

seisinnanntyakai.jpg
 seisinnann2.jpg
他、清心庵の茶会。御水屋にて勉強を。
紅葉の綺麗な晴天の日でありました。

urayamanoseibi.jpg  yamanokusakari.jpg
家では、3年ほど放置してしまっていた裏山の整備。
そろそろ雑木が手におえなくなってきていたので。
他、池の草刈りもあり。ぬかるんだ急斜面の草刈り。

taihuunotumeato.jpg houkaisitadouro.jpg
また工房周りは台風被害の修復も終わっておらず。
牛小屋の1つが崩壊してしまっているので、この解体もあります。
道崩れ、窯場のトタン屋根の補修も一部残っています。

huyuninarimasita.jpg 
お出掛けも、土日の合間で多少は。
どこにも連れて行ってやれなかったので。

いまはアンパンマンに夢中です。

あっという間に冬が近く。ロクロ仕事がやりにくい季節になります。
雪融け、3月を目途に次の薪窯を焚きたい辺りですが、さてさて。

スポンサーサイト
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。