• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

潮目

 kiironohappa.jpg
 田舎の山々にも紅葉が訪れています。

toriaezumottekaette.jpg taiyounotou_20161101121519494.jpg
そういえば。前回の記事、後半が欠落してました。窯出し・万博公園・宮参りなど。

まぁそれはよいとして。

taikousannsou.jpg 
茶道は三日間にわたる開炉席。太閤山荘にて。

他、市民茶会に参席、研究会にては水指を。


issyuukigasugite.jpg nanimokawaranai.jpg
そして、伯父の1周忌。突然に亡くなって1年。変わらぬ牛舎の中。
土地のコトも色々にありました。


実は今年、陶芸を始めて10年と相成ります。
臥翠窯として独立してから数えて9年。
時代はより一層に厳しくなりつつ。

良い腕を持つ同期も、まだまだ雌伏の時を過ごしているようで。
久しぶりに粘土屋さんにもお会いして景況を伺って。
40代、50代の作家も、別で収入を作っているばかり。

現状を打破しなければ・・・という切迫感。
「10年」と思い定めた修行期間も、そろそろと終わりを迎えます。
嫁さんもよく、支えてくれたもので、感謝しきりです。

「10年も耐えれば絶対に良くなっている」と言われた業界。
年数を経るほどに倒産は増え、バブル期以降、下降線のみ。
「淘汰の時代」はまだまだ続くようで。

ネット上の友人などに率直な意見を聞いてみても・・・
正直、そういう「美術工芸品」というものは他人事。
「紙の器」で問題がない。独身男性は実際、そんな感覚。
「ポイっと台所に放り込んで割れない器」が「便利」です。

消費の合理化・効率化の進展。紙コップにペットボトルの茶。
友人の家に行っても、保温効果の高いプラのコップなどなど。
便利なもの、実利的なもの。外見的な価値の相対的な低下。

陶磁器は、身近な必需品から、趣味のモノへ。
人々の趣味は、茶道などの教養から、ゲームなどの娯楽へ。
私も、夜中は会ったこともない人々と会話をしながら。

これが、次世代を担う若者の感覚。
10年の、陶磁器を巡る潮目の変化。

これらを踏まえながら、さて陶器に何が出来るのか。
茶道具の立つ位置、焼き締めの価値とは。
時代に棹を差すのか、流れに沿うのか。


様々なことを勘案した上での建て直しを考えています。
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。