• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

10月も半ば

最近は「記事の分類」がゴチャゴチャになりつつ。
当初から「修行の雑記」と「茶の湯修行」に分けていたんですが・・・

正直、今現在は「茶道の修行=陶芸の修行」という側面が強く、
陶芸と茶道の境界があいまいになってきています。

tennmannguu.jpg doutyuu.jpg
先日は天満宮の月釜へ。宗道師の掛け釜。
久しぶりに客として寄せて頂いて。

 wabinokyokuti.jpg
 ううむ・・・。これは!

侘びの時節。その極意。先日の稽古の講話で伺った話の、実際の茶会。
一重切。私も作ったことはありますが。

似たような風情の花入を、先の薪窯で「新しい形」として作ったもの。
同じ系統の、その貞光さんの作品を、やはり先生はお持ちであって。

それが、窯出ししようとする日に、その前日の茶会で出会う。
早朝の第1席。正客様も花を大層に褒められて。

他、風炉、釜。侘びの灰形。その実際。様々に。


まだまだ、新しく学ぶ所も多く。


makinoseiri.jpg douroseibi.jpg
日々の方では、薪の整理に、工房の道路整備。
少し土手が崩れてきていて。そのメンテナンスも大層なもの。

kyatapiraga.jpg kyatapiraga2.jpg
んで・・・前々から危なかったキャタピラが・・・
さすがにこれは・・・手に余る修理になりそうです。

キャタピラだけでも、運ぶのは骨なくらい重いです。
修理費用は厳しいので、応急処置をなんとかしたい。

utiiwaidesu.jpg 
ロクロは内祝の輪花鉢。最初に焼いたものは色が少し微妙。
まぁ「これはこれでいいと思うけどなぁ」という言葉も多いですが。

ちゃんとした色のものは出来るなり配ってしまって、2度目の制作。
色々とお祝いを頂戴して、ありがたい限りです。

syoukoukaimaturi.jpg kouryuukai.jpg
そういや。一応信楽の街中は今月中が「お祭り期間」です。
といっても、混雑するほどのものではありませんで。意外と出掛けやすい。
今日は陶芸の森で「商工会祭り」をやっていました。んで、

産業会館の「信楽の今」展へ。「若手作家展」に出品中。
その「作家交流会」がありましたので、今しがた行って、帰宅。
なかなか、若手ほぼ全員の、9割の作家が働きながらの制作。

その方向性も、芸術系と云いますか、つまりオブジェ作家が多いようで。
そういう方向性で信楽が県外からも作家を集めてきた側面もあるのでしょう。

なんだろう。作家って何か。
別で収入を得て、「好きなものを作り、好きなことを言う。」
西洋思想的なオブジェに、和の文物思想、禅語なんかを取り込む。
禅語には禅僧があり、茶道具には茶人が在る。それと無関係に。
ちょっと借りてくる。そんな感じに、楽しそう。

雑誌なんかも、そういうのを「斬新」と云い、また大衆受けも良いのでしょう。
マスコミを含めて、そういったものを「現代陶芸」として評価するのが現代。
私が陶芸を始めた頃から強くなってきた流れが、しっかりと本流を作りつつある。

そういうのが「作家さん」の主流になっていくのかなぁ・・・、と。
批判というわけではないです。それが、「今」の時代なんだなぁ、と。
陶器と言っても。あくまでオブジェ制作の過程で土素材を選んだだけ。
そういう話ですから、例えば粘土に対する情熱というか、敬意というか、
そういうものは無くて・・・。全然、信楽じゃなくていい。

いっそ土も素材にするし・・・他のものでも作るしという作家が清々しく感じたり。

ともあれ。
どちらかと云えば「信楽のこれから」展かなぁ。


うん。だからこそ、です。私は今の道を、しっかりと踏み締める。
そんなことを。今の自分の立脚している場所を、再確認しつつ。

秋の連休もあっという間に

bujiniowatte.jpg meganesannga.jpg
さて、無事に窯焚きも終わって。土の耐火度が高かったのでしょう。
相当に強い炎を当てて、ようやく五分の勝負という辺りでした。
都合4日間の焼き直し焼成。少し窯の改造による影響が強すぎた側面も。

途中・・・メガネの表面が溶けました。
プラスチックですからね・・・。
ちょっと溶けるだけで見れなくなります。

natumoowatte.jpg
涼しい頃合いの窯焚きが終わったのが水曜日。

 kannsounaka.jpg tuduitenogasugama.jpg
翌日はガス窯。信楽祭り用。薪窯と並行して削り・乾燥・素焼・釉薬と。
窯の火で乾燥を進めて、ようやくギリギリのタイミングでした。

金曜日は朝からメガネの修理へ。茶道稽古の御休みを頂いて。
今はレンズも即日交換してくれて助かります。多少は待たないといけませんが。

午後からは搬入。
setueinihaitte.jpg sigarakinoimatenn.jpg
ついで伝統産業会館にて「信楽の今」展の陳列確認。
うん。。。やっぱり裏表逆に置いてありました。
なんでしょう。完全素人さんが初見でよくやるんです。

なんでか「火裏の、景色の薄い方を正面」ってやるんですよ。
綺麗な自然釉の景色が・・・どうも綺麗に思えないのかな。
でもですね・・・信楽の「伝統」産業会館やでぇ・・・

ともあれ。工房にて、ガス窯の窯出し・作品の下処理を深夜まで。
setueikannryou.jpg tenkounowariniha.jpg
土曜日の9時より作家市。と云っても、9時には広い駐車場が満車。
天候が微妙でしたので、来客のカタヨリが大きかった様に思います。
新作?でサンマ皿を3つほど作ったのですが、売れ残ったのが残念かな。

mikkamenohare.jpg hasirimawarerubasyo.jpg
3日目には快晴となるも、随分と涼しい気候になりました。
遠路お越し頂いた方々も沢山に。本当にありがとうございました。

gyuugyuudumede.jpg
お店が1つ分。軽バンですが、なかなかに大したもので。
後ろで設営する行楽テント類も全部入ります。

yoikisetuni.jpg 
とまぁ、ようやくホッと。

昨日は工房の道路整備。ユンボ動かしてます。古いせいですが・・・
キャタピラが・・・キャタピラがやられそうです。

で、今日は役所を色々回る予定です。

行きつくところの

kamataitemasuyo.jpg 
さて。今は穴窯を焚いています。
前回の焼成失敗を受けて、再度の火入れ。
挑戦的な焼成方法の延長戦。

簡単に云うと。

・「まず安全策で、失敗も少ないであろう」の焼成理論A
・「うまくいけば格別のものが出来るが、成功確率は未定」の焼成理論B

と、私の中で構築してきた推論には2つの柱がありまして。
ここ数年に渡って、A論とB論の中間地点を探るような焼成方法をしてきました。

んが。

よーわからん。という事で、「ガチガチの焼成理論B」で焼成をして失敗。
その結果の再調整といいますか、再検証という辺りでしょうか。
失敗なら失敗で、しっかりと要素を把握してしまいたい。

色々と忙しかったこともあり、ちょっと準備も十全ではないのですが。
さて、結果はどう出るものか。


ええっと。最近ですが、茶道。

syoitinenn.jpg sikigamanotyato.jpg
志季釜。 初めて釜を掛けて亭主をされる方の御席。
それぞれの感慨を持たれての御席が多く、水屋としても嬉しい次第。
今回は灰形と火入も担当させて頂きました。亭主の御苦労の大きな部分。
1年半ほども灰形の稽古をしてきて、少しばかり、役に立てるように。

「灰が出来ないような者は、本当の水屋ではない。」
とは宗道先生の御言葉。亭主の気苦労を大きく引き受ける。
それこそ裏方水屋の大事、ということを実感させて頂いて。

sinnnotyajito.jpg sinnnotyajito2.jpg
また一方では、淡交社の「真の茶事」の水屋を。
こちらでも火入れをさせて頂き、お客様からもお褒めの言葉を頂いて。

席としては、「極み」の席。道具も違えば作法も。
色々な御話を漏れ聞きながら。

でも、根本はやはり、お客様をお迎えして、心を尽くす事。
どうすれば良いか、ということを常に考えながら行う。
志季釜と、真の茶事と。茶道の根を訓えて頂いた様に思います。


色々な経験を積ませて頂きながら。それが降り積もる様に、
少しづつ、少しづつですが、成長をさせて頂いて。



来週というか、今週末は信楽祭り。そういえば土曜日から信楽伝統産業会館で
伊賀水指も展示されています。30人くらい?の若手作品の一堂展覧の端っこ。
搬入は委託したので、どんな展示か私も見れてないのですが。

ともあれ、目の前の焼成へ。4日程の焼成予定です。

(さっきからアライグマが屋根を歩いてて、新しい頭痛の種が・・・)

論者:近江の苔

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。かつて古伊賀が焼成された集落に近在。詳細はWeb・交通案内記事など。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。