• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

第二子 出産

  さて、ようやく落ち着いて?パソコンに向かう時間が取れました。

jirijirito.jpg
 
ジリジリと。結局は1ヵ月にも渡って出産を待ち続けたことになりました。

医者は・・・ 1週間毎に行くんですが。盆前ってことも含めて。
「いつ頃ですかね?」→「んー。いつ産まれても。産まれなかったら来週ね。」
「いつ頃ですかね?」→「(産まれる様に処置して)もし産まれなかったら来週ね」
「いつ頃ですかね?」→「(再度処置して)今日かな。遅くても盆までですよ。」
→「お盆終わっても産まれなかったねぇ。入院する?」

という感じで御座いまして。

ともあれ。
tukiyonobannni2.jpg tukiyonobannni.jpg
月夜の晩にようやく陣痛が来て。

うん。長男を実家に預かってもらったり、慌しいままに立ち合い出産。
 bujinosyussann2.jpg
無事に産まれてくれました。女の子です。

病院に入ってから4時間程度。長男の時も短くって、里帰り出産だったので
高速道路を飛ばしてギリギリ間に合った次第。それよりも短いのが通例らしく
実際、あっという間でした。この夜は4人もの出産が重なっていたそうで。

途中、容態の急変があって、随分とヒヤヒヤしました。
あと1歩進んでいれば 急遽の帝王切開というところ。
それもあり、嫁さんの体調はボロボロです。

昨今は35歳以上を高齢出産と分類するそうですが。まぁそれに近い年齢ですので。

namaeha.jpg 
ともあれ安堵と喜びの朝を迎えて。

okurebasenokaketuke.jpg umaremasitayo.jpg
無事に家族が1人、増えました。

rusubannnoneo.jpg
留守番の「きなこもち」さんも元気です。
(チャイルドシートが・・・・)

kousenntiryounaka.jpg 
2800g測定された赤子は、2468gの低体重。黄疸の光線治療中です。

okaerinasai.jpg

結局。医者の見立てとは違って、胎盤が小さかったらしく。
それゆえに出産時期が遅く、ギリギリまで延びて行って。
それによって、成長が途中で緩やかになっての低体重出産。
同じく、それに伴って発生したのが出産時の高血圧容態急変。

血圧数値は220を超え、アラームが鳴り続けていましたからね・・・
よくよく、母子ともに出産を終えたもので。

昨日の夕刻、退院して母子とも帰宅。

有り難い。本当にありがたいものですね。

もう少し?それとも

ジリジリと 蝉の声もまた風流ですが、昼間には厳しい陽射しの日も。
pu-ruasobi.jpg

さて、第2子も臨月にて、前回の記事の頃からずっと、これまたジリジリと。
はてさて、もうなのか、それともマダなのか。

医者もまぁ、滋賀では評判が良い医院なのですが、実際はちょいと微妙だったりして
こっちの方を見ずにモゴモゴと一方通行な話しか聞けず。
「あー いつ産まれてももおかしくないですねー」

という言葉を聞いてから2週間ほどが過ぎようとしています。
田舎なので・・・車でしか移動できません。なので不在がやりにくい。
そもパトカー1つ、到着まで30分は掛かるような場所の厳しさです。
タクシーってわけにも、ちょっと色々とね。

iroironaomaturi1.jpg tamuramanntoue2.jpg koukasihanabi.jpg 
その間・・・地元のお祭りを色々と。花火も。

doubutuennni.jpg doubutuenn2.jpg 
子供の誕生日もありましたので。京都動物園まで、ちょっと遠出。

asagayutyakai_201608072053284ba.jpg sannsyagoudoutyakai_20160807205329900.jpg
援軍の都合をつけて、私も茶会へ出たり。

2saitannjyoubi.jpg 
子供は無事に2歳。随分と色々な話をするようになりました。
意思疎通もずいぶんと出来るようになっているのですが・・・
わかることと、言う事を聞くかどうかは別のようで・・・

ともあれ田舎らしく、足腰も頑強に、健康に育ってくれていて何より。


とまぁ、ちょっと産休?じゃないですが。そんな感じです。

昨今は立ち合い出産が一般化していることもあって、
企業によっては「男の産休」っていう休暇の話がありますね。
 
現代の御祝い事、というあたりでしょうか。

そろそろ産まれんかねぇ・・・ジリジリ。
論者:近江の苔

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。かつて古伊賀が焼成された集落に近在。詳細はWeb・交通案内記事など。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。