• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

初茶会

さて、週末は保育園の入園説明会から、金曜は稽古、土曜に前日準備、日曜日には初茶会。今年は青年部にて初茶会の薄茶席を持たせて頂くこととなり、滋賀青年部の表彰について披露させて頂く運びと相成りました。2年間に渡って茶会運営の機会を沢山持たせて頂いた成果でしょうか。皆さん非常に動きも機敏で、それぞれの責務をしっかりと果されておられました。頼もしい限りです。

seinenbuhatugamaseki.jpg hatugamaseki.jpg
薄茶席の様子。いつもなら客側で頂戴する初茶会だけに緊張しますね。
表彰については、親支部との合同での茶会、また地域行事との連携の点で御評価を頂いたと聞き及ぶ辺り。言葉だけを並べてみると「如何にも普通のこと」に聞こえるかもしれません。しかしそういった平凡な点をしっかりと深めていくのは、なかなか難しい障害も発生してきますし、運営も難しいものです。何事も根本の基礎をしっかりと深めていく。特別に何かをするよりも、一層に難しい事も多いように思います。長年に渡って参加して、信頼関係を築いていく。何らかの特別な利益や見返りを求めるのではなく、「茶道の良さを広め」「地域社会の発展に貢献する」という理念の元でのこと。古臭い手法に見えるかもしれませんが、目新しい事をやれば評価され、注目されるという現代において、こういった地道なことをやるというのは、また1つ、新しい視点を考えさせられる良い機会だと思います。

haretahuyuzora.jpg pierimoriyamayori.jpg
冬の青空。前日準備の際、琵琶湖を見に連れて行っておきました。数千年どころか、地球の生誕から存在する青空。水の色。言ってみれば最も「古臭い」というものでしょうか。でも、いつも新鮮ですよね。芸術や美術、色々な言い方があるものですが、本来あるべき、最も芸術的で、また美しく、気高いというものの最高の手本です。時代がどうこう、流行がどうこう、新しいだの斬新だの個性的だの、そういった言葉で表せないものにこそ、最高のものがあるように思います。

butamandesu.jpg 
と、それらしい文句を考えながら、
新しく大津SAに出来た551を頂戴している和晴であります。
(※まだ離乳食です)


論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。