無事に年越しを /焼成記録

さて、すっかりと年の瀬となりました。昨日の朝方に窯焚きを終えて、約二日間の休息を摂らせて頂いて。お陰様で風邪も随分とひどくなってしまいましたが、ボチボチと窯焚きの模様まで記して新年を迎えようかと思います。

kamataki201401.jpg
 kamataki201402.jpg
風邪でダウンしての休息を2日経て、窯詰めから窯焚きへ。世間ではクリスマスの頃合いだったのでしょうか。窯詰め自体もやはり、なかなかに大変な作業という事もあり、炙りの時間帯は同時に休息をとりつつ。私自身の体調も十分ではなく、乳児の世話もあっていつもより戦力ダウンの状態での窯焚き突入という辺り。 

窯焚きの際は気力も充実しているので、なんとか風邪も抑え込んだと思いきや・・・

kamataki201408.jpg kamataki2014032.jpg
2日目の昼になって突如としてダウン。交替して睡眠を摂りに帰って、そのまま起き上がれず。ウチの窯焚きは嫁さんに父母、私の4人でずっと行ってきたもので、何とか窯の維持は可能。とはいえ、状況的に火を止める他は無いかと覚悟したのですが・・・。8時間寝込んで、ギリギリ12時間で復活。何とか窯焚き継続へ。

kamataki201403.jpg kamataki201405.jpg
食事は精々、差し入れで貰った焼き芋と、ゼリー飲料。カロリーを簡単に飲み下すことが出来るというのは便利な道具ですね。窯焚きの際は熱さから来る時に重宝したりしたものですが、食欲の無い時にはコレしかないです。 

kamataki201404.jpgkamataki201406.jpg 
あとはもう、体力を保持しながらに。窯は松薪を多く消費して労力を軽減しつつ。

kamataki201407.jpg 
とはいえ外は極寒。朝になれば、雪も降っていないのに一面の銀世界。
 
kamataki201409.jpg kamataki201410.jpg
幸いに天候は荒れず、窯焚き中のアクシデントなどは一切起こらぬままに。

kamataki201411.jpg 
何とか窯を焚き上げる事が出来ました。深謝。


窯を開けるのは来年の初仕事となります。今しばらくの静養。
部屋の清掃も出来ぬままではありますが、何とか新年を迎えられそうです。

皆様も、よい御年をお迎え下さりませ。

無事に

昨日は僅かながらに積雪もある寒い日となりましたが、無事に窯詰めも完了。
焼成へ突入しております。

誠に勝手ながら年賀挨拶は失礼を。
では、年の瀬まで頑張ってきます。

あ、そういえば

クリスマスですね。明日まで寝込んで朝から窯詰め・焼成へと入る予定です。
親父が最高級栄養ドリンク(地元甲賀産)を置いていきましたが、あれプレゼントだったのか・・・?


んじゃ、寝ます。全力で体調と格闘中です。

ここでまさかの

ええっと・・・

kamadumenohau.jpg 

結論から云えば、窯焚きを目前にして寝込んでいます。蓄積した疲労もあいまってでしょうか、全く回復の兆しもなく一日中動けないままに過ごしています。食事もほとんど摂れず。作品も完成して、乾燥もしっかりと手回しを終えて。いつもなら窯詰めから勢いのままに窯焚きへ突入して焚き上げるのですが、そろそろと気力だけでは何ともならなくなってきたと言いますか、20代の勢いの保持は難しいようで。誠に無念であります。少々の風邪なら無理をすればどうとでもなるのですが、今回は土も少々粗めのものを使っているので、無理をしても焚き上げるのは厳しいという観測もあり。4回目の焼成、随分と私も若いころの焼成ですが、非常に粗い土を使った際、焼き上げるのに相当に苦労をして、もう自分が負けそうになるような事がありましたか。

kontousaisyonoyuki.jpg muiri.jpg

何日も徹夜といいますか、昼夜問わずの製作を進めつついたのですが。シモヤケになりながら釉薬を掛けた作品の焼成は、結果として全て惨敗。違和感を感じてはいたのですが忙しさからの強行。しかし、やはり釉薬が凍結してしまっていたようで、それによる全滅という結果に。釉薬が全て剥がれ落ちて棚板も全滅。かなり大きな被害。いい茶碗が挽けていただけにガックリ。これがちょっとした隙になってしまったようで。

kyoutoeki.jpg rikyuusigva.jpg

翌朝には完全に体調崩壊。3時間ほど睡眠を加えて風邪を一時的に抑え、青年部の行事のために京都へ。中心となる道具類の提供がありましたので、休むわけにもいかず。しかし途中から相当に苦しい状態になっていって。実は薄茶を一服頂くのが精いっぱいでしたか。

seinenbugyouji.jpg subarasiideki.jpg 

懇親会も無事に終わって。青年部幹事の引継ぎ顔合わせも兼ねており、来期も幹事を勤めさせて頂くことに。来年も色々と忙しいのだろうなぁと思いながら。

nekonndeimasu.jpg

とりあえず今は何も出来ない状態。一日寝込んで全く変わらず。
長引けば普通に1週間くらいは寝込むことも多いので。
冬至のカボチャプリンを食べつつ、辛い日々を過ごしております。

窯焚き前の

sukkaritosamuku.jpg 

すっかりと寒い日々になりまして。窯焚き前の追い込みにて記事の更新の間もなく。製作しては睡眠を摂って、製作しては睡眠を摂って。茶道の他は昼も夜もなく作品の製作に追い込みをかけておりました。1つ作るに1時間程。集中力を大半使い果たしてしまいますので、少々の睡眠などで状態を白紙にして、それからまた1つ。そろそろと今日辺りが最終の追い込みで小物を作り上げる辺り。ようやくに目途がついたという辺りです。

とはいえ凍り付くというか、ここ数日は本当に水道も凍って困ったものでした。釉薬を掛けるにしても温度が足りなくて乾燥せず、むしろ30分ほどで釉薬が凍りついてダメになって。そのダメにした釉薬を掛けるために、氷の様な釉薬に手を突っ込んでシモヤケになって。やはり冬は難しい。乾燥も非常に遅い。

いつもいつも、製作はギリギリになってしまうのは困ったものですが。感覚といいますか、製作に没頭出来るまで入り込む前に作ったものは結局のところ駄作。今回も少し前以て製作したものは全てダメ。入り込まないと難しいというのは、どうもなかなか分かってもらえないのですが、現実というものは厳しいもの。疲れた状態で作ったもの、不十分な精神状態で作ったもの、時間に追われて急いで作ったもの。こういったものは全て作品に表れてきます。もちろん他人から見れば差異など無いのかもしれませんが、自分は誤魔化せないもの。

そういった多忙の中でも茶道は怠りなく。茶会に稽古。
茶道の効用というのは本当に大したものであります。

茶会は月曜日にロイヤルオーク楽志庵の定例茶会。

 rakusiannoroji.jpg asuwokisazu.jpg

今回は寒い冬の中。厳しい御軸を前に水屋方で濃茶を一席頂戴して。長い長い年月行われてきた楽志庵の茶会。皆さんに御話を伺うと、それこそ何十年も前から。若い頃に連れてこられて、また水屋に入って。そんな話を伺いました。今も変わらず県下でいつも素晴らしい濃茶を頂戴出来る御席。私も入門の頃から2年程はお客として通わせて頂いて、随分と色々な感動を頂戴した覚えがあります。茶碗に感動したり、御軸に感動したり。初個展もこちらでさせて頂いて。水屋入りの後も、楽志庵の水屋でこそ様々育てて頂いた感があります。

bujidesu.jpg

今年も無事に。いや、まだ窯焚きがありますけれど。無事という言葉。年末にはどこかの茶会でお出会いさせて頂く言葉でしょうか。何度拝見しても、その年々の感慨がありますね。見る度に自分の成長と向き合って。出会ったその時々で、自分の力量に応じて禅語を拝見するものだと聞き及びます。そういった禅語の拝見における奥深さを訓えてくれる言葉でもあるのでしょうか。最初の頃は「また”無事”か・・・」などと無知なことを思っていた頃もありました。同じものを繰り返し見る。自分が成長していればこそ、同じものを見ても奥深さを感じ取れる。道具の本質でもあり、製作側としてもまた、「奥深いものを籠められる様な道具を」と思う次第です。底の浅い、一度見ただけで飽きてしまう様な浅薄な道具。そんな人間に、そんな道具になってはいけないのだなと訓えられる日々です。


そうそう。今日は稽古納め。午後からは忘年会にての食事会もありましたが、今年最後の朝の講和にては「1つ1つ、小さなことからも感動を味わえるように」との御言葉にて。今年は「花を見ては花から学び、茶碗を見ては茶碗から学ぶ。」普段の道具1つ1つ、飾られる花1つ1つから、人間のあるべき姿を学ぶのが茶道だという事を訓えて頂いて、それが最も印象に残った講話であり、教訓。茶を一服点てさせていただいて、頂いた方から「おいしい」との言葉を頂ける。所作を誉めて頂ける。形式でない本物の姿のありがたさ。本当にありがたいものだと思いつつ。


さて、そろそろと窯詰め作業へ。今年も無事に、より良い作品を。

製作へ

seisakukaisi.jpg

ようやくに製作へ入っています。気候的にも寒くなっているので普段は客間にしている場所での御仕事。乾燥も兼ねて温かい部屋にしての作業です。水指や花入のサイズともなれば、冬は自然乾燥では全く仕事が進まないことになるので、さてさてという辺り。変わらずに花入と水指が主となる作品。あとは細々とした辺りを作っていくのみ。

実際の製作の日数的には10日間くらいでしょうか。1つ作り上げるのに1時間程度。細かい調整に1時間程度。手間はそれほど難しいものではないのですが、感覚を総動員して、どの部分をどれくらい調整するか。1㎜削ったり、動かしたりという作業を進めていくので、非常に疲れます。基本的な形は変わらないのですが、そういった細かい部分ですね。僅かなことでも、雰囲気が大きく変わります。

仕事としては、創造的か?と言われれば、一般の人が考えるような、「アイディアを捻り出す」ような御仕事ではないのです。そもそも、そういったアイディアなんかは日常の中で考えて貯蓄したりするものでしょうか。基本的にその場で即興で新しい形を考えることは少ないものかと思います。そういったものではなく、自分の感覚に従って、どれだけ追求することが出来るか。研磨と追及。「美的感覚」という言葉を使えば説明は簡単なのですが、茶道というのは「用」のものであって、「美というものを至上に考える」ようなものではありません。従って、言葉にするとすれば「茶道的感覚」です。仮に「美的感覚」に従ってしまうと、次第に文字通りの「華美」ならぬ「過美」になってしまって、茶道的な用途を満たさなくなってしまいます。

意外とね。アイディア陶器っていうのは、普通にデザインの会社にでも頼んだりすれば、そういった人々が考えてくれるでしょう。そこに陶芸家がちょっと参画したとして、技術アドバイザーくらいなもので足ります。単に市場として陶器というのは長期間斜陽産業なので、わざわざ総力を結集するような産業にならなかっただけであって。景気の良かった昭和の頃などでは十分に色も多彩で形も考えられていたように思います。今の現代的な陶芸作品も、本当に目新しいというようなものは滅多になくて、それこそ昭和の陶芸家が片手間に作ったものであるとか、ヨーロッパの陶芸作家であるとか、また陶芸以外の分野であるとか、どこかしらで同じものというのが存在している場合が多いようです。まぁ、最近の著名作家など全くしらないようになってしまっているので素人論ですが、10年くらいではサテ、全く業界というものは変わらないです。著名作家の作品があって、若手がそれの模倣的な、ちょっと違うものを作って、窯元がソックリの安物を作る。量産化ってのはそういうものです。著作権なんてものがないので、真似するにも誰も止める人もおりません。

そういう話はさておいて。

とりあえず夜。寝静まってからの御仕事ですので、昼頃まではグッスリと寝ていることが多いです。寒くて風邪を少しひきましたが、まぁまぁ大丈夫。ここ1週間が最も大事なところです。

何が上達への道なのか

どうもです。えっと・・・4日振りでしょうか。

今日は土造りが終わっての製作準備。昨日が地元のJA祭り、午後は青年部の会議から実家のPC設定へ。
更に前日が茶道の稽古。も1つ前日は素焼と土堀りに資料作りだったかな。

igainioisii.jpginakanimo.jpg

正直それらしい写真がないので申し訳ないのですが・・・ 意外と美味しかった地元の農産物祭りでの手打ちそば。自家製の蕎麦粉で打っておられまして、直産の大根おろし。その辺りの店で食べられる様なレベルよりも遥かに美味しいものでしたか。右側は近所に出来たパン屋さんの看板。実は一年半程前に開店していたらしいのですが、完全に自宅内販売をされていて、週末限定という話でした。こういった店も、素材なりしっかりと作られていたり、いわゆる原価や利益競争とは別のところでのものとなれば、期待以上のものが買えたりしますね。

こういった店を見ていると、昔の民芸であるとか、要は家内制手工業の時代の産物における品質が平均してかなり高度であったというのも了解されてくる気がします。今は会社という組織の中であったり、給料のためであったりするわけですが、家内制ともなれば品物の出来は即ち家名にも関わるというか、現代風にいえば一種の自己表現に相当するわけで、品質を高くするという事は、周囲から認められることでもあったでしょう。今は・・・工場で如何に頑張ったところで、同僚の評価があるくらい。社会的な評価とは無縁とまでは言わないものの、相対的に価値が低くなっているのは確かでしょう。農作物1つでも、誰それの家の野菜は美味しいとか、出来がよいとか、まぁ「それがどうした」と言いかねないのが金銭価値が主軸の現代ではあります。金銭的に儲かるか?っていえば、家庭菜園なんていうのは儲からないんですけどね。
それでも。やはり美味しい野菜が出来るってのは、やはり大したものですし、尊敬されて然るべきもの。現代って、お金にならない行為への評価が、過去に比べて明らかに低くなっていますね。

製作は追々となので・・・茶道の朝の講話についてかな。

12月になって師走の寒い季節。宗道師の講話は「茶碗の形」に始まって「茶事・茶会は何のために行うのか」という根本についての講話。花を見てどういった反省をすべきか、茶碗を見てどうか。話を1つ1つ聞いていくほどに、あれを見れも学ぶことが出来る、これを見ても学ぶことが出来る。そういった茶道の奥深さといいますか、近日に見た御軸で感じるところの「歩々是道場」の言葉を思い浮かべながら。私も、どうしても職業柄、相変わらずに茶碗を見るとまず第一に出来具合を見てしまうのですが・・・。反省ですね。まずはやはり茶を見て。そこに学ぶべきを改めて感じてからの一服でしょうか。

師匠からも頻繁に?叱られるのですが。どんな時でも、1つでも学ぶ。何も学ばずに単に繰り返すことに意味はない、と訓えられるのですが、茶碗作り1つにしても同じ。名工と言われる人の中には、1日に200の井戸茶碗を挽いて、その中から作品を選んでいくという仕事をされていた方が居たりします。年に何回も何回も薪窯を焼く作家さんもいる。でもしばしば、全く進歩がなかったりする。やがて手を換え、品を変えての作品になっていったり。単にロクロ、ロクロで回していれば上手くなるかといえば、決してそうではない。この辺りは、多くの職人が惑い、迷うところです。単に同じものを作っていけば熟練の名工になれるかといえば、そんな簡単な話じゃない。ベテランと聞いてロクロを見てみれば、ハテサテという職人さんも見ることがある。何をやれば上達するのか。そういった点も学びつつというのは茶道のお陰といいますか、師匠のお陰です。

とまぁ、長くなっても何ですので、とりあえずはこれにて。

ご機嫌いかが

さて書こうと思うと子供が泣くってのはよくある話。なかなか両手が自由にならないので文字を打ち込むにも御機嫌伺いが必要です。片手だけなら何とか使える時間も多いのですが。寒くなって猫もよくパソコン前にやってきます・・・

tutidukuri_20141204051747a5f.jpg

さて、仕事は年末の窯焚き日程も確定したので土掘りから土造りへ。細かいものの一部が作ってあるのですが、中核となるべき作品はこれから。ちょっとその合間に粉引の井戸茶碗も焼くので、さて上手く焼き上がると良いのですが。久しぶりに大井戸形の茶碗を挽いて。久しぶりではありますが、やはり以前よりも良い形で挽けますね。ありがたいことです。この感じで水指花入も製作できるとよさそうです(と、ここまで書くのに3度中断です・・・)

eikandou1.jpgeikandou2.jpg

ここ数日は・・・京都の漆教室にちょっと御挨拶に伺って。ついでに南禅寺の紅葉を見に行きました。

sikitumerareta.jpgsyasinndesu.jpg

生憎の雨模様だったのですが、丁度頃合いに雨も上がって。
見頃には数日程遅かった様ですが、雨に濡れて鮮やかな色彩でした。

koredesuyo.jpgoyatudesu.jpg

まぁしかし。京都の団子は美味いですな。いつもながら感心します。

磨崖仏の名所

一昨日はロクロ。昨日は行楽へ。

kouyouwomini.jpg 

ママ友?交流中の従妹のところへ行楽へ。子供が同い年ということでお食事会と

isiyamakannnon.jpg gokigennhadoukane.jpg

津市の紅葉の名所へ。

isiyamakannon2.jpg 

石山観音という磨崖仏の名所。33体の仏様が山中に彫られています。
山全体が1つの岩で出来ているらしく、岩そのものが信仰の対象だったのでしょう。

ピラミッドの不思議ではありませんが、これも不思議なもの。人里離れた山中の仏様。現代は科学技術や電化製品に人智を結集するような側面がある一方、昔の人々が叡智や努力を注力したのは、こういった磨崖仏など宗教にまつわるものが多いように思います。仏像も、現代でこそ「宗教芸術」などと芸術区分にされてしまっているものの、当時からすれば芸術などというものとは全く違った感覚の努力でしょうか。それこそ現代の電化製品が本来的に「人々がより良く暮らせるように」という目的であるように、こういった仏像や神社というものも「人々がより良く暮らせるように」という目的のため、人々が結集して努力したのかな、と。ただスゴイ、ただ素晴らしい。そういう感覚ではなく、祈りの結晶として、こういった仏像は楽しむというか、感じるというか。そんな感じ方をしたいなぁ、と思いつつ。
論者:近江の苔

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。かつて古伊賀が焼成された集落に近在。詳細はWeb・交通案内記事など。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。