• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

はや10月も

kosumosumaturi.jpg
今日は嫁さんが友人の結婚式へ出掛けたので子守をしつつ。減反の田圃にコスモスを撒く例年の地元コスモス祭りへ散歩日和。少し暖かい日が続いておりますが、気が付けば10月も暮れて参りましたか。何やら忙しい忙しいと思っている間に秋も終わってしまう様な気がしております。とはいえ山間部にはまだ紅葉は訪れておらず。まだ今少し猶予があるようです。

今週は日曜日から御来客だったので、折よく窯の掃除などもしつつ

tagataisyakentya.jpg
続いて火曜日には多賀大社の献茶式へと参列。五行棚に高取の細水指。「青松寿色多」にて茶合棗に茶杓は「仙境」。第一席に入らせて頂いて、朝から美味しい一服を頂戴しつつ。献茶式にも多く参列をさせて頂いているので、儀式自体に何か感動ということは薄れてきているのですが。それにしても日本には随分と寺社が多く在り、祈りが捧げられている。子供が産まれてみて、改めて思うコトには、祈らずにはいられない物事というのは、あらゆるものが便利可能になった現代においても、変わらずに多く不安なコトがあり、不要、不要と云いながら、やはり日本人の心の拠り所ともなっているのだろうかと感じる次第。何も殊更に、寺社仏閣が日本建築の技術伝統の守護者でありなどという必要はなく、必要なもの。それは茶道が殊更に文化芸術の庇護継承者などと効用を唱えなくとも必要とされるべき修練である事に、同質のものを感じます。

setosinano.jpg 
翌日は瀬戸は水野師のところへ。ひょっとすると半年振りか、それ以上。全くそんな感じは無いのですが、多分それくらいでしょうか。近い近いと思っている事もあるのでしょう。あとガソリンが高くなって厳しい・・・

misonikomiumai.jpg kansyokudesu.jpg
さておき。陶芸仲間の方が御一緒しての一日。 
連れて行っていただいた味噌煮込うどん。鍋も使い込まれ、銅線で補強してまで使い続けられているというのは、それは利益的にはどうか分かりませんが、作り手として、職人として、本来目指すべき器の姿ですね。用途無用の現代美術が巾を利かせて、何か革新という言葉によって葬り去られるようなところがある、工芸本来の本質。質実で長く愛用されるべきものを目指してこその職人。単に古い技術を流用しているだけのものを「革新的」「現代的」などと評する浅薄な評論が雑誌から何から、その手の芸術評論のような胡散臭いものが潰しに掛かっているのが、こういった器本来の世界。表面的には、例えば茶道には楽焼という耐久性に劣るものもありますが。茶道の心としても、心に残る逸品を「永く永く使い続ける心」があります。道具を大切に扱う。そういった心根を感じたいものです。割れた器を繕うにせよ、何も美術的な価値観で行うものではないということですね。

あ。ちなみにウドンも絶品でした。はい。
やはり道具の扱い1つ、土鍋1つを大事に出来る店ですよ。
美味しくないわけがない。

hutatabikimasita.jpg 
あとは肝心の大織部展。一度見に来ているのですが、改めてゆっくりと。まぁ1つ目の時点で九州から金覆輪の油滴天目
が来ていたので、あとは以下略という辺りでしょうか。あれやこれやと、まぁ陶芸家が3人も揃うとね・・・。永くなります。はい。

展覧のあとは水野先生の案内で凄腕の粘土職人さんの所へ行って。その方の助言と土を用いていれば劇薬の様に腕前が上がるというスゴイ方です。人間国宝さんとかね、そういう人も多く世話になっています。陶芸家にとって土は最重要ともいうべき項目なのですが、それだけに熟知というのは大変です。個展個展で忙しく、毎年に次々と新作を発表しなければならない時に。面倒な土の試験、それに適合させる釉薬の試験というような手間も暇も掛かる作業を全て省略して、完成品に近い品物をバンと出せる。そういった不思議の裏方さんですね。釉薬にもそういった方が居られたりしますので・・・まぁ云いませんけど、音楽の世界でゴーストライターなんてのがありましたね。志野なんかは・・・結構そういった作家さんがいるんじゃないかなぁ・・・

陶芸も、そういった土に関する親爺、釉薬に関する親爺、薪窯に関する親爺など、そういった超級の職人さんってのが多く存在していたようで、隠れて色々な面倒を見ていたらしいです。特に2世3世の作家さんなどは、そういった職人のバックアップを受け継ぐことで何とか誤魔化しつつ、という事例もあるように感じます。外に居る超級職人さん以外にも、職人として生涯その窯で働く人が居たりという辺り。とはいえ、そうすると自分の力量としては身に付かない部分もあり、職人さんが引退すると・・・という事もあります。昭和期から御存命されていた超級職人さんの方々も、ほぼ引退されている世代でしょうか。自己独りの力で出来ることにも限りがあるのだけれど。修行と思えば自分で土を掘る。結果だけを求めるならそういったものを全面利用する。その配分ですね。

あとは・・・会議会議。昨日今日と連続でしたか。

なかなかに冗長な会議は嫌いな性分にていけません。サッパリとした会議なら有用性も高いのですけれど・・・。あ。意外と田舎の常会などはサッパリとして内容も簡潔だったりします。今の田舎の人は、農作業の一方で会社勤めの経験の長い方が多いせいもあるのでしょう。粛々淡々と終えて、飲みながらのグダグダの会議ってのは無いです。酒は酒で、会議をキッチリ終わってからのもの。飲むために早く終わっている様な時もあるような時はありそうですけどね・・・

とまぁ、今週はこんな感じでありました。

怒涛の日々が終わって

 soramotakakunarimasita.jpg sukkarisamukunatte.jpg
綺麗な秋の青空が広がる行楽日和。一方で朝晩の冷え込みも随分と。

ええっと・・・ 前回の記事からは10日程ですか。思ったほども経っていなかったのですね。先週は本当に忙しい日々だったので、なんとも時間の経つのが早かったような、遅かったような。色々なことが限界の中で動いておりましたか。

前のブログが水曜日。木曜日はガス窯を焚きつつ足の治療を進めて、金曜日は午前中が茶道の稽古、午後から窯出しして商品の取り揃えなど信楽焼祭りの搬入準備。更に素焼を焚いて、ロクロも挽いて、文字通り徹夜に近い作業工程。まぁこの辺りは例年通りで、多忙につき何の宣伝も出来ていない辺りも例年通り。そもそも信楽焼祭りは説明会に行くことも出来なかったので出店場所も残り物。商品もいつも通りにB品のかき集めという辺り。なかなか販売用に商品を作ることが出来ないままに。

Bhinitidesune.jpg 

まぁこの辺りまでは平常運転。初日を終えて、後半は台風到来の見込み。

ironnnasagyouga.jpg kaettekaramo.jpg 

ですが同時に釜形碗の納品も迫っていたので。帰宅してからも作業。帰宅してから素焼を出して釉掛けから点火まで。翌朝の信楽焼祭へ出立するまでのギリギリの焼成。とはいえギリギリで間に合うだけの算段はついていたので、点火をしてホッとしていたというのが初日。準備も早朝からですし、全く休み無しの状態。
 
nenzasimasita.jpg 
面倒なのが脚。まぁ杖は不要になっていたのですが、とにかく信楽焼祭りの会場たるや山の中。駐車場からの距離だけでも遠いし、トイレ1つでも足を引っ張りながら。脚の具合も悪くなろうというもので、連日夜の作業も相まって疲労は相当なもの。とはいえ祭り3日目は楽志庵の茶会水屋へいく予定であったので。脚が悪くともということで無理を依頼して入れて頂いたもの故に、限界を超える様な疲労は貯められない・・・と思いきや、巨大台風の影響によって3日目の信楽焼祭りは中止。更に楽志庵の茶会も同じく中止との連絡を頂いて。さてこそ3日目は休暇かな?と、ホっとしたのが2日目の日曜日。展示物から何から、全てを撤収して帰宅してみると・・・さて、釜型碗のフタに想定外の亀裂が発生。3日後には納品という状態での壊滅的な被害。台風当日には電車を止めるという決定がなされ、ニュースから大々的に報じられていたそうですが・・・全くそんなことさえ知らず。脇目も振らずに知恵と労力を絞り出すことに。

tukikkirinosagyou.jpg 
で、休日となるはずの三日目。本来ならば納品も延期しての所ではあるけれど、あらん限りの知恵を用いて不眠不休で僅か2日で乾燥→素焼→本焼までを仕上げる活路を切り開いてみる。それこそ50個作って5個生存すればOKというような、無理に無理を重ねて強引に押し通す仕事。やり方だけは聞いたことがあるものの、さてこそ上手くいくかどうかという点の不安もありという綱渡り。茶会・祭りともが中止となったので、「限界を超えての無理」が「使える」という環境を用いての無理。台風で外に出られないことも計算しつつ・・・

kamadosan1.jpg kamadosan.jpg
数量も本当のギリギリの数だけが生存という辺り。計20碗の納品。
ガス窯から出して、検品処理を終えて、すぐさま京都へ納品へ。
まぁ最悪の場合、フタだけ後日納品という辺りでした。

humiya.jpg sinnsoukaiten.jpg
納品先は昨日に新装開店した御飯司「ふみや」さん。白米を中心としたメニュー。店長はウチの長兄です。こちらも依然として庭から2階も改装工事を進めながらの開店。銀閣寺の参道に面した小さなお店です。車両通行止めの、本当の門前です。メニューは定食と、たまご御飯などなど。まだこれから追加されていくのであるとか。おめでとうございます。当面は無休で開店しているそうなので、さてこそ長兄も大変そうです。紅葉のシーズンですからね。料理人さんは転々としながら出世というか腕を磨くものらしいですが、和食への転向。少しシーズンの盛りも過ぎた頃に行ってみましょうか。

nouhinsimasita.jpg 
無事に納品を終えて。さすがに急ぎ仕事のフタの仕上がりなので、フタは暫定の納品。元々、製作には相当な時間を掛ける必要がある形状。今回のアクシデントもそれを少し急いだことに依るもの。ざっと100は蓋を作って、生存20個という辺り。さてさて本当に目まぐるしい御仕事でありました。昨日はようやくに骨を休めて、ちょっとロクロを挽いた程度。今日は朝から茶道の稽古。風炉の季節も終わりにて名残の季節。とはいえ最後の最後には三井寺の献茶式という大きな一門の晴れ舞台あり。

一応、もうすっかりと歩ける様にはなったのですが・・・特定の動きが痛い。先生から「ホンの小さなケガや痛み。茶道はどこをケガしても支障が出るもの」と仰っていただいた通り。脚にせよ腕にせよ、声が枯れても話にならないし、鼻がグズグズとしても困ったもの。点前はもちろん、なにくれと全身を使って機敏に動くものであることを改めて身に浸みて感じつつ。今週は・・・歩けるようになったので貯まっていた外出の用事などもありますが、ゆっくりと。脚をしっかりと治療してしまって臨みたいものであります。


困ったことに

kurinokisetu.jpg tyottositaraikyaku.jpg

さて、栗も沢山に獲れるようになって本格的な秋の気配と共に。夜の月も綺麗ではありますが、同時に随分と冷え込みも厳しいものになりつつ。今週は細々と御来訪も沢山に頂いて、楽しく日々を過ごしております。

kanarikibisii.jpg

と・・・行かないのが足の捻挫。長引いてます。先日の茶道稽古も残念ながら御休みを頂きました。まぁ捻挫といっても靭帯損傷というものですから止む無しではありますが、正直仕事がね・・・・。かれこれ10日程も経つのですが、歩けるようになったのはここ数日の話。足を伸ばしながらロクロをするって・・・どっかで見た体勢だな、と思いながら。意外とロクロは出来るので、まぁまぁ少々の無理をしながら(多分これがいけない・・・)

とりあえず納期のある御仕事が一段落。あとは素焼に本焼。釉薬の調合準備も出来たので順次進めていくだけになりまして、ホッと安心。ガス窯とはいえ、窯に詰める作業は脚が使えないとなかなかに難儀ですが、まぁなんとかなるでしょう。

 yaburewomini.jpg

で、先週末ですが岐阜現代陶磁美術館、止む無しで美術館へ松葉杖を突きながら。目的は伊賀水指の「破袋」。水野先生と御一緒で行く予定だったのですが、結局脚は治らず。「破袋」は末日までの展示だったので止む無く嫁さんに運転をしてもらって、破袋だけを見に行ってくる感じで行ってきました。2大目玉の卯花の方は最初の1週間くらいで展示から消えている具合で、なかなか困ったものです。ちなみに併設で国際ナンタラという公募展の展示が行われていたので無駄に陶芸家がワンサカ歩いていて、いつもはガラガラの美術館なのに苦労をしつつ。国際ナンチャラっていうのは、基本的にオブジェ作家さん、および「ソレ」系の作家さんのためのもの。滋賀県でも琵琶湖ナンチャラとか国際公募展を名乗るものがありますが、結局、あれって実際には日本人に受賞させて美術画廊や業界の権威者が身内に肩書を与えるためという色彩が強いですね。B級グルメと同じく地元作家が受賞するもの。

まぁそれはいいんですが

実は「破れ袋」は初見。東京の五島美術館には何度か足を運んでいるのですが、なかなか機会が合わず。ビデオや写真などの映像は一通り見ているのですが、どうも最終的な感じが掴めないでいたので、さて実物を見ない事にはと思っていたもの。予定通りには行かないもの。で、乳児を連れた松葉杖という、何とも身動きの執りにくい状態。ともあれ「破れ袋」だけを見る感じだったのですが・・・

正直言って、期待外れ。まずこれが第1の所感。

名前ばかりが先行して、「実物は今一つ」という典型に分類されるでしょう。第一に造型。文字通りの「破天荒」というようなイメージが付いて回る本品は、今回の展示会でも会期の半ばで不在となるにも関わらず主役扱い。伊賀の中でも別格の扱いを受けているものですが・・・「迫力」は今一つ。「写し」を作っている際にも気付いていたというか、不思議に思っていたのですが、どうも風格が備わり難い。「こうすればもっと迫力が出るんじゃないか」、というような改良点が感じられるのが「破れ袋」。名品というのは、そういうことを感じさせない。余程の名品であればこそ、特別なのかと思っていたのですが、どうもそうではない。形状も、写真から想定されるもので同じ。写してきた形の通りに出来ていた。

第二に焼き上がり。さてこそ、あらゆる画像や写真では綺麗に映っているビードロですが、残念ながら実物のそれは「一級の冴え」では無い。昔の図録などをみると、ちょっと色褪せた感じで映っていたものがあるのですが、実物はそれが正解。最近のものは全て写真技術による加工というか、そう見える様に意図的な工夫を加えて撮影されているものばかりという結論。図録が全く信用ならない点はコレです。実物をよりよく見せるための工夫によって、我々からすれば、例えば再現にしても非常に邪魔になるというか、本当の情報が手に入らない。角度的にも特定の角度からしか撮影はされず、キズや土見せ、裏側などから得られる重要な情報は手に入らない。前面のビードロのみならず、背面は更に不味い。その名声にも関わらず、2流か3流に近い。ひょっとすると手紙と一緒に本品も炎に焼かれたのであろうか。それならば本来の色彩が失われていてもおかしくはない。

さて、肝心の「破れ」。元より「破れ袋」は後世大正かそれ以降の追名であって、他の水指が所有していた銘であるが、実際本品が最も破れが大きいというか、完全に壊れた状態を漆で大きく修復したもの。実際これは背面から側面から相当に大きく割れているが大きな亀裂というよりは、連なった亀裂が続いている。割れ具合から察するに、焼成中による割れではない。というか、背面の焼き上がりからして「焼き潰れる様な高い温度の場所では無い」のだから、その筈もないというのが加えての実感。総合して、実際に織部が手紙を書いて名品としたというが、「元々のものが、さてここまでの修復をする程の名品だっただろうか」という疑問さえ感じる。元より伊賀は藤堂家の所管であるからして、織部は必ずしも伊賀の第一級品を手にできたわけでは無かったのかもしれない。

とりあえずの雑感までザックリと書いてみた。同展示で見るならば、半泥子が愛して命名した「鬼の首」の方が堂々たる名品。実際私も過去に実物を見て以来魅入られているものであるが、改めて見てもその魅力は高い。他の展示では伊賀花入も佳品が来ていた。黄瀬戸など桃山陶も優れた品々が多い。疑惑の多い伊賀上野城出土の伊賀水指は贋作と云われても仕方ない出来。見分はその辺りか。

あと・・・最後になぜか荒川豊蔵氏の志野。いつも思うのだが・・・あれは「我らが人間国宝の力をみよや」と言いつつ、「再現したというのは嘘で、並べてみれば瞭然に別物です」としか感じられない。素人目にも明らかであろうものを、あの手の意図は全くなんなのか不思議で仕方がない。ちなみに織部の茶室も再現されているが、着色木材とプレハブダンボール?の屋根からなるもの。これもそうだが、何事も実物に触れてこその体験であろうか。

ともあれ簡単に。

早く脚が治らんものか・・・
論者:近江の苔

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。かつて古伊賀が焼成された集落に近在。詳細はWeb・交通案内記事など。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。