• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

大雨の夏

そろそろ週2くらいの更新に戻そうかと思っていたのですが、結局1週間が経過してしました。豪雨の降る日も多く、合間を縫って猿の襲来も。大きな被害を受けた方も居られる様に聞き及びます。台風もまだ続くのでしょうか。なかなかに大変な夏ですね。

地元では地蔵盆もありましたか。和尚さんから地蔵菩薩の物語の説明を聞いて、なるほどと思う話も多く。どうやら関西に集中した風習?らしいのですが、道端に祀られている石仏のお地蔵さん。しっかりとした仏像ではなく、というものですね。それを綺麗に洗って、祭壇に祀って。昔からの山の村であるせいか、まだそういった風習が残っています。道祖神自体は、山などを歩いていると必ず見掛けるのではないかと思います。熊野古道などは特に多く祀られていますね。

石1つに神仏の救いを託して、更にそれを祀り、祈る。菓子を供え、子供の健康と幸福を願う。これだけ書いてしまうと、随分と原始的というか、それこそ昔からの風習という感が強いですね。今は随分と形骸化しているので、何かのイベントのようなものになっているというか、正直私が子供の頃でも、ただ「公民館に行って御菓子を貰うだけのイベント」だったような気がします。でも、よくよく考えてみると、12月のクリスマスと同じですね。本来はキリストへの信仰と感謝のものを、宗教忌避的な観点から、分かり易く楽しいイベントにしてしまう。地蔵菩薩への感謝が、御菓子をもらうイベントに。お盆は先祖供養ではなく親族宴会の場に。厄払いであるはずの夏祭りも同じ。花火も元来は厄払い。寺院参拝は観光の享楽。こういったものを「現代風」と云うのですから、さてさて文化の底がどんどん浅くなっているような。「面白ければいいんじゃない?」「何か意味があるの?」「誰も得をしないよ?」という感覚は、時に悪意を以て築かれた文化の深淵を馬鹿にして破壊してしまう側面があります。

そんな話はさておき。

koityasekinimo.jpg  shouhuu.jpg
 
昨日は楽志庵の定例茶会。今月から月曜日の水屋へと移籍。新しい御仲間も増えて切磋琢磨の場も増えて参ります。そうそう。稽古日には朝の講和もありますが、様々な茶会の場でも訓示を頂戴することが多くあります。時間があれば水屋が客入りをしての茶会実践稽古の場を頂くことも。昨日の講和では「花の見て感じるべきこと」という話にて、華厳宗の姿勢を例として在るべき姿を教えて頂きました。完全に目からウロコという辺りでしょうか。「そうか!だからこそ花は床の間にあるのか」と納得。軸に代わる花。それを考えれば、花というものから多くを学ばなければならないのですね。綺麗であるとか、珍しいとか、そういった次元とは全く違うもの。茶は修道の場と聞きながら、まだまだその感覚が身についていないということを痛感しつつ。何か分かったようなつもりで居る点の多さを改めて感じましたか。そういえば水屋には「道具は生き物」という言葉も書かれています。まだまだ、奥深いものがあるのだと思います。

お地蔵様もそうですが。石1つ、花1つに何をか託し、それに学ぶ。自己を修める。何の変哲もないもの、単に自然のものと見るだけでなく、意味を自ら与えて、そこから多くを学ぼうとする。「歩々是道場」という御軸がありましたが、そういった意味の一端を感じたような気がします。多く陶芸も、武道なども同じ行為を実践することができるもの。単に茶碗を挽く、竹刀を振る。そういった行為を自己修養の場に変えてしまった所に「道」があると聞くものでしょうか。

そういえば。先日の稽古では朝の講和は無かったのですが、御多忙の中、ヒョイと帰宅されて、弟子の昼食に素麺を茹でて頂いて、サッと出掛けられる。言葉だけではない師の姿勢には感じ入るばかりです。

hakemenohanasi.jpg suyakidesu.jpg

と、仕事の話も。雨か晴天かということで、乾燥具合が少し把握しにくい日が多いのですが茶碗をまた挽いています。素焼まで進んだので、今日明日くらいで釉薬を掛けて、今週中には焼き上げられるかと目測しつつ。今月前半も茶碗を作って、一応の納品もさせて頂いたのですが、どうにも具合が悪いというか、不満足な結果しか得られないので再挑戦中。ロクロの調子も今一つで、釉薬も思ったようにはならず。良くしたつもりが、はてさて困ったもので裏目に出ることが多い。「改善した”つもり”」というのは怖いものです。平茶碗的なものでありまして、季節的にはもはや過ぎてしまうわけですが。ともあれ納得の出来るところまで進めておかないことには、また必要になった際に1からの苦労をするというもの。進むことの出来るところまで、一応進んでおかねばなりません。

まぁ、それにしても。調子の良いものを選ぶことが出来るというのはありがたいものです。問題はそれを引き出すまでの時間が掛かるという点ですね。


そうそう。内祝いは自作の菓子鉢か湯呑辺りを考えています。
そちらの製作にも取り掛かりつつという辺り。来週には里帰りからの帰郷です。

大文字の茶会にて。

sounyuubadarai.jpg  sensinann.jpg 

さて、今週は大文字茶会の水屋を楽しみにという週でしたか。宗道師は淡交社で掛釜をされることも多く、茶事茶会様々されている様ではありますが、私自信は淡交社の中に入るのも初めてという辺り。ビルの中に在る洗心庵にては毎年の大文字茶会。8月16日。大きな宗教行事。

nantokamottasorramoyou.jpg daimonjityakai.jpg

天気は荒天。大文字の送り火は例年好天という話を聞いたのですが、この日は朝から大雨警報。滋賀県も同じく警報が出ている程の荒天。ひょっとすると土砂崩れで道路が寸断されているのではないかと危惧しながらの京都入り。実際に何カ所か小さな崖崩れを見かけましたか。日頃みない濁流が京都市内へと流れ込んでいたのですが、頃好く、茶会の頃には雨も上がって、少し道路も乾いてきたかという辺りの天気。無事に送り火も行われるとのことでしたか。

茶席にては「茶三昧」にて鬼桶の信楽を花入れとしての蓮一輪。私の住む集落でも、送り火としての焚き上げが行われておりましたか。「京都の夏の夜を彩る風物詩」とは書かれているものの。大伽藍の多い京都でこその行事ですね。5つ見えるとか、見えないとか色々場所の話も聞くのですが、ともあれ御先祖に見えれば良いというものなのでしょう。

続き薄茶による御席。薄茶の馬盥茶碗は宗入にて、素晴らしい馬盥の茶碗。遠路の御客様もホッと一息つかれての旅程であったでしょうか。送り火の前の、ほんの一服。

amenodaimonji.jpg tensinseki.jpg

私事の方では菓子蜂を御使用頂いて。屑の中に大文字が描かれた主菓子。右は点心。私は点心席にて給仕をさせて頂きました。料理は三友居さんにて、若旦那さんが自ら差配されておられましたか。来客頂いた方々もゆっくりと楽しまれておられました。私自身も、色々と勉強になるもの。点心席のついた席自体、滅多にあるものではありませんからね。そういった席における役割や心得などを勉強させて頂きました。


帰りの頃には京都の人々もそぞろ歩きで外を歩いておられましたか。
こういった風情は京都の良さですね。

盛夏の頃

さて、台風一過という辺りでしょうか。今日こそ晴れでしたが、夜になって再び雨が降ってきていますね。伊賀一帯、また信楽にも避難勧告が出て、携帯からは緊急エリアメールが何通も入ってきたものですが、囲まれながらも避難指示が出ることなく、また被害としても無事に何事もなく。台風一過の今日は所用で出ていたので、まだ工房の被害が確認できていないかな。まぁ悪くてもトタンが飛んで屋根修理という程度。例年のこと?ですね。

taihuuikka_20140812031942e36.jpg
 kazuharu.jpg

丁度台風の日は岐阜の嫁さん方実家まで届け物などをして、危ないところで帰ってきました。写真など載せてもおりますが、一応ここは茶陶のブログでもあり、それほど記事に使うつもりもなく。世間一般的には子煩悩にも子供の写真ばかり載せるようになってしまう方も居られるようですが、そこまでの実感もないのが正直な辺りでしょうか。

あ。一応テレビ電話?でマメに連絡を取っています。
(時々心配される方が居られるので書いておきます)

茶道の方も書かないといけませんね。今週末は大文字茶会の水屋へと呼んでいただいているので、楽しみにしている辺り。稽古でも師匠から「水屋入りというのは野球でいうところのベンチ入りレギュラー選手に選ばれるということ」という訓示もありましたが、日頃の稽古と、実践の茶会と。両輪をしっかりと回転させながらに学べるのは素晴らしいものですね。実際問題、陶芸も趣味で自分用をいくら作っていても伸びません、やはり実際に使ってもらって、代金を頂いてという実践から学ぶものが無ければ話にならないもの。多くの実践を経るのは大事なこと。

今作っている器もそうですが、刷毛目1つにしても、満足してしまえば満足は出来ます。宗道師にも使っていただく機会を頂戴することがあるわけですが、しかし日頃から高水準な道具も使われ、高い格式の茶会もされているというものを目の辺りにしていればこそ、相当なものを作らないと、という自負もあり、なかなか険しい仕事です。技術だけでなく調和などなど、同時に兼ね備えたものを作るのは、実際にやるほどに難しい。実践が無いと、どうしても自己満足で終わってしまうことが多いのが現代における陶芸家の弱味です。特に茶道具はそうですね。多く茶道具らしきものを作っている人はいますが、明らかに実践の場、実践の光に照らされたことが無い作り方をしているものが多く見受けられるのは残念なことです。

そういえば今日ですが。「出生届」を役所へ出してきたのですが、2~3人の応対があったにも関わらず誰からも「おめでとうございますの一言」が無いんですよね。「無いだろう」と予測していたので特段に思うコトも無かったのですが、出生後14日以内の届け出義務があるので、出生届というものは生まれたばかりの人しか提出に来ないし、役所の地元の人だけが提出に来るもの。茶道の大切にする「思いやり」が失われていくと、こういう世界になっていくのだろうなぁ、と思いつつ。事務仕事も随分と遅いものでした。何かしらサービス業なり実践に照らされたことがあれば、絶対にこういう対応は無いんだろうな、と思います。失敗や失態をしっかりと指摘されて、反省する場所。そういった厳しい位置に身を置いてみるというのは非常に大事なこと、また有難いものですね。


ええっと・・・あとは・・・


そうそう。セトモノ祭り。毎年9月に同期生と出店していたのですが、今年は申込みで手違いがありまして出店出来ないことに相成りました。これも1つ、日本で一番安く手作り作品が買える焼物祭りですからね。毎年、売上はともかくとして様々な傾向なり話なり勉強になるものだったのですが、今年は出店無しということで。まぁ水野先生は展示があるかと思うのでボチボチ散歩がてらに見学に行くのもいいかなぁ、と思いつつ。



あ。そうだ。息子の名前は「和晴」と名付けました。
色々な方からお祝いを頂戴して。ありがたいことです。


そんな感じの今週の日記まで。

7月後半の。

まとめて日記を書こうとすると、存外に気力が必要と言いますか、ちょっと忙しいと書かずに時間が経ってしまいます。2日に一回書いていた頃の方が楽だった様な気がします・・・。

7月の後半は・・・怒涛の勢いで色々なことがあって。まずは猿の被害。朝からロケット花火の音が鳴り響いていたのですが、猿の大好物であるトウモロコシの収穫が始まる時期。集落の猿対策をされている方が手製の6連ロケット花火やプラスチック弾のモデルガンなどを持って周回。ウチにも何度か来ていたのですが・・・ちょっと家の中に入って別のことをしていると・・・・

saarunohigai.jpg

気付いた時には半分以上が喰われていました。僅か10分~15分程度の話です。厳重な囲いをして、猿対策用の網を買って。前回の襲来の際は被害なく済んだものでしたが、今度はいとも容易く千切られて。網の中には決まったボス猿らしき者が入ってバケツリレーで運び出す。一般の猿対策、猿対策用品というのは、網(実際には網を支える支柱)を登ったり、網を持ち上げて網の下を潜ってくることを想定して作られています。つまり、普通の猿であればそれで十分。実際、3年前くらいまでなら確実に防げたのですが、人間が網をして対策をしたものに1年中挑戦をしている内に、知恵比べが力比べになってくる。泥棒的に云えば、田舎なんて人が居ないんだからガラス割ってしまえばいいという状態。もうこうなると金網以外では防げない。ウチ以外の被害なんて、もう壊滅も壊滅です。

とりあえず少し太い網を上から巻いて2重にしたのですが・・・無駄。最終的に昨日、水屋仕事で出ている間にトウモロコシは全滅しました・・・。ウチに取り残していたトウモロコシが標的という感じでした。

まぁそれは置いて。
asagayutyakai2.jpgasagayutyakai_201408021927212d8.jpg

朝粥茶会。淡交会滋賀支部主催の人気茶会。朝六時半からの御席。濃茶・薄茶を頂戴出来る上に、美味しい朝粥も頂戴することが出来ます。いや、別に食べ物主眼というわけではありませんが、菓子も涼やかに。朝から心地好いひと時でしょうか。とはいえ、御軸にては「大地無寸土」仏教用語?という雰囲気は感じます。意味を考えるというよりは、「早朝の座禅」という雰囲気の厳しさを以て、濃茶一服というものを感じました。道具も深いものばかり。数茶碗にてはありがたくも拙作。厳しい御席なればこそ、深謝ですね。

と・・・合間合間で仕事もしているのですが・・・

bujinimumaremasita.jpg  areyakoreyato.jpg

7月31日に子息が生まれました。出産予定は8月17日だったのですが、無事に。ありがたいものです。夜中、日付も変わろうかという頃に「入院するかも」という連絡が入って。私は連日にガス窯を焚いている最中。一般的には「入院してから数日、どれだけ早くても入院から12時間は掛かる」という話でしたから、数日宿泊できる用意をして、朝までガス窯を焚いたら出掛けるつもりをしていたのですが・・・

・・・はい。「入院するかも」の1時間後には「もう生まれるかも」という連絡でした・・・。いやはや。もう少しで焚き上がるというガス窯を途中で止めて。里帰り出産にて岐阜の病院なものですから、高速道路を飛ばしての移動。なんとかギリギリ、立ち合いには間に合いました。母子ともに元気にて、感謝ですね。昼頃には両親も集合。

kaiseinohi.jpg快晴の日。

翌日には朝から稽古へトンボ帰り。皆様から祝福の御言葉を頂戴して。また、大事な茶会の水屋入りの話も頂いて。子煩悩で茶道稽古が停滞する方もおられるそうですが、何ともまだ実感もそれほどなく。病院で嫁さんが奮闘中です。数日後にはまた様子を見に行く予定。

myourenhasu2.jpgmyourenhasu.jpg

ついで昨日は妙連茶会。近江妙連という珍しい蓮の花の元での呈茶。遠方県外からも、多くの方がカメラを片手に来られます。また地元の方々にては一服を楽しみに来られる人も居られて、年々と著名度が増している様に感じます。蓮の池の中に茶室が建てられておりまして、そちらでのお呈茶。その水屋入りをさせて頂いて。

myourenhasu3.jpg

「蓮は早朝」と言われれば、なるほど露一滴の美しさを見ることが出来るのは早朝。一滴というものについては、いくつか宗道師から話も聞いた覚えが。しかし綺麗なものですね。蓮に乗った一滴というものは朝露が1つになったもの。乾坤一擲ならぬ乾坤一滴という辺りでしょうか。

tokonoma_2014080404492819c.jpg
 
床の間にては拙作の花入れも。昨日は小学生が団体で、午前午後とバスを仕立てて4度の御来訪。それも初めて茶を頂く体験をするということにて、宗道先生、宗香先生とも水屋に入られてという、日本屈指の御水屋でした。「初めて頂く茶の大切さ」というものを常々から言っておられるものですが、実際に実践としても大切にされていることを感じます。また道具組も「あくまで主役は蓮の花」という御指示にて、一つ一つ臨機応変の道具組を勉強させて頂きながら。 


とまぁ、そういうわけで、水屋から帰ってきたら、トウモロコシが全滅。
嫁さんが食べたいというので持っていく予定だったんだけどなぁ・・・・・。
論者:近江の苔

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。かつて古伊賀が焼成された集落に近在。詳細はWeb・交通案内記事など。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。