• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

週刊いろいろ。

週刊といいつつ不定期ですね・・・。ちょっと仕事が重なった期間があり、尚且つアクシデントも発生したりということで、非常に調整に苦労をしつつ。何とか昨日に目途がついて、ホッとしている辺りです。

ええっと・・・。前回に許状を頂いた話を書いているので、10日以上経っているようで。先週は茶碗の焼成を中心に、同時に菓子鉢の製作。稽古場の倉庫整理の話も頂戴したので、そちらへも出掛けたり。稽古場の炭や灰などの整理をさせて頂きました。来年こそは灰形の稽古へ行ってみたいものだと思いつつ。

kasibati11.jpg 

ロクロは菓子鉢を継続的に。先週に30程挽いて、削り仕上げまで終わらせておいたのですが、春らしからぬ陽気と風によって9割に亀裂が発生。今の時期は例年窯焚きをしている事もあり、ロクロを挽いている知見が少ないのが災いしたのでしょうか。異常に乾燥速度が速くなってしまったことによる亀裂。水野先生にも相談しつつ、再度30個を挽きなおすという事態。すっかりと日程的な予定が狂ってしまいまして、随分と気苦労をしておりました。今回は手当をした上で雨も降ったりしているので大丈夫かと思います。

matuo0.jpg kamenoi1.jpg

と、忙しい合間に旅行へも。日帰りの食事と思っていたら、宿が予約してあると聞いてアタフタとしつつ。結婚して10周年ということで驚かせたかったようですが、内心気が気でない部分もありつつ。式は下鴨神社でしたが、当日は私、足を骨折していて松葉杖をついているという状態でしたか。嫁さんが妊娠中でもあるので、近場の京都。松尾大社にて「亀の井」の水を。

syukuhakuha2.jpg koregatyasitu4.jpg

宿泊先は嵐山。大学生の頃、自転車で遊べる距離ということでよく遊びに来たものです。温泉が出来たのも丁度その頃でしたね。掘削機が随分と風情を壊していたものです。お宿は「和風」ですね。茶室とは名ばかりの扱い。タタミはクッションにイグサでもない上敷き。ドアはダンボールに板目塗装したベニヤ。あらゆるものがエセ。偽物というのが現代風。今はそれが標準ですから、今更目くじらを立てる程のことではないですね。温泉は良かったのでゆっくりと楽しみつつ。

daigakude5.jpg 

翌日は大学へ。要は昔懐かしいコースです。最初は何か行ったことのない場所をコースに選んで悩んでいたようなのですが、「新しい場所へ行くばかりが旅行の醍醐味ではないよ~」と言っておいたこともあって。目新しい場所というのも楽しいものではありますが、そればかりが旅行ではありませんからね。そうそう。大学を卒業してすぐに結婚をしたのですよ。

それにしても変わっていないもので。学食で昼食を摂りつつ。

ryouanji6.jpg ryouanji8.jpg

あとは竜安寺へ行ったくらいでしょうか。

kakan9.jpg kakan92.jpg

晩飯はブライトンホテルの中華料理。披露宴をこちらでやったものでした。元々お招きしての披露ですから、料理の美味しくない披露宴はツマラナイということで、中華料理に予算を集中させて美味しいものを用意してもらったのですが、当の我々は食べる暇が無かったというもの。まぁ、長々と書いても仕方がないのでこれくらいで。

suetomiokasi10.jpg takenoko11.jpg

家に帰ってはロクロの続きをしつつ。土産で買った末富の和菓子。あとはタケノコ堀り。今年は豊作の年。周囲では豊作と不作と、どうも入り混じっているらしいです。ウチは配るほどの豊作ということで。

roiyaru12.jpg takekage13.jpg

先日日曜日は楽志庵の茶会にて水屋。淡交会では追善茶会も行われていて、宗道先生も早速から大車輪の御活躍という辺りでしょうか。毎度の茶会指導での講和にては、「言われた事を本気で守る」という訓示。軽い気持ちが、ついついとあらゆる所作を始め、仕事を軽く扱ってしまうものでしょうか。「慣れ」から来る油断も同じくですね。気を抜かない不断の努力を常に怠らない気持ち、でしょうか。

nouhin14.jpg osameru15.jpg

で、ようやく今週の話。茶碗の納品へ。梱包・包装は母親が手伝ってくれていたのですが、風邪でダウンをしてしまったので、忙しい中ながらにせっせと独りで梱包をして。無事になんとか納めさせて頂きました。運送業者さんに依頼すると、色々と割れることもありますので、今回は敦賀までお届けに上がりました。喜んでいただいて何より。数茶碗の箱は、通例ですと横掛けの紐で、一重の真田紐が多いわけで、「格(値段)を落としてある」というもの。

ちょっと桐箱の業者担当さんが4月から交替して、今回は納品もヤキモキしたのですが、届いてみると4方掛けの箱。想定外ではありましたが、なるほど、横掛けって不安定で、「紐で箱を持つ」とガッシャンと落ちやすいんですよね。もちろん紐で箱を持つというのは本来的ではないのですが、しかし実用面として、紐は紐であり、箱は箱。「調度品としての美装は二の次」というのが本来ですから、格式にこだわらずに4方掛けでも良いのではないかと改めて思ってみたり。中に入れる茶碗も、基本的に現代作家のものは主茶碗にはならないわけですからね。

kankouhakorekurai16.jpg sankanbunosakura16.jpg

まぁそんな感じの1週間と少しの間。帰りに金ケ崎城の城跡だけ観光。戦国時代の重要な要衝ですね。北廻りの港の中心地でもあり、越前徳川家、もしくは四天王酒井忠次から始まる小浜藩の所領として設置されたことからも分かるように、日本地図の要衝。戦国時代は朝倉家が敦賀港を抑えて栄えたもの。帰りは一般道を通ってみたのですが、浅井家の小谷城までは山1つ越えた近距離。浅井家の収入的な関係上、重要な大港であった敦賀との繋がりを断つのは難しかったことが伺われる次第。信長を裏切るという行為の背景ってのは、むしろコチラが大きかったのかもしれないですねぇ・・・。
 
と、妙な歴史話になってしまいましたが。

長くなりますのでこれくらいにて。また来週~。

炉の季節も終わって

 さて、炉の稽古も昨日で終了にて。季節もすっかりと冬の名残が無くなって、生長する草花や散り行く桜、そして葉桜。様々に暖かな夏への移行を感じさせる日々となってきているように感じます。

kyojyouwo.jpg

昨日は宗道先生が稽古場へと御復帰。実は少し療養をされていたので社中一同随分と心配をしていたものですが、以前の様に厳しい稽古が再開されて、朝からの講和も再開という辺り。そうそう。写真は許状。私は平点前を中心に稽古をさせて頂いてきたこともありますので、まだまだ許状という点では初心者。様々な働きを求められる点前も不十分であるし、平点前にも、まだまだ改善すべき点が多いもの。最近ですと大海茶入など稽古させて頂いているのですが、これ1つとってみても綺麗に点前をすることは非常に骨が折れるという次第です。炭などもまだまだ。

とはいえ。台子の点前。表千家では男子にしか許されていない点前。玄々斎の頃であれば、この許状は即ち「十徳」の許しと共に在るほどの、本来は非常に格式のあるものだと、宗道先生より御話がありました。何かで覚えがあるのですが、利休時代ともなれば台子伝授という話になるのでしょうか。それ1つで茶人の資格となるほどの格式を持っていると思えば、同時にそれに相応しい力量が求められるものでしょうか。

元より道具1つとってみても。旧来は本物の道具で点前の伝授をしていたそうです。四ケ伝の天目1つでも、伝来を持っていてもおかしくないクラスの道具を扱う点前。今はなるほど、稽古用の天目などあるわけですが、台子の点前ともなれば堂々たる大名道具です。重要文化財クラス。おいそれと、そんな重大な品々を「扱える者」として認可されるわけもないのが本来の資格の在り方でしょうか。それこそ貴人点てではないですが、貴人との折衝から会話まで出来るような者である必要があるわけです。それこそ旧時代であれば位階の上で、女性の立つ場所ではなかったのではないか、と推察されるわけです。加えて深い教養を始めとした人間的なものが求められてきた資格。今でこそ多くの人々が所持するようになってはいるものの、表千家が伝授をしていないのも、納得される点でしょうか。

と。

書くといいながら遅くなっている茶碗の話を。

 wanbiki.jpg motikaeri.jpg

およそ製作については終了をして、あとは焼き上げるだけという段取り。桐箱を待っての出荷という辺りでしょうか。刷毛目の茶碗です。課題としては薄挽き。京焼など磁器であれば削り込みをやってしまえば良いわけで、今回ちょっと薄挽きの茶碗として研究をしてみたら、京焼って・・・あれ口元だけ薄くしたりしているものがあるんですね・・・。ロクロ技法からすれば、また強度の観点からも許されないやり方だと思っていたのですが、現代の京焼茶碗にはそういったものも紛れている様です。もちろん、全てではないのですが、そういったものが含まれていても、特に何も思われていないといいますか、そこまでして「薄さの演出」をしなければならないことは、工夫でも何でも無く、職人として病的なものです。

そも京焼のロクロって、分業が残っているのでロクロ専門の職人も多いわけですが、名前が出るのは最終工程の「絵付け」を施すというか、デザインした「窯主だけ」です。実質はデザイナーというか社長ですが、つまりロクロは挽けない陶芸家。それだけに、ロクロに対する思想理解が無いのかもしれません。普通には形・頃・様子ですから、ロクロの形こそ最も綺麗で重要視されるべきものなんですけどね・・・。

と、他人のことはさておき。

kansoukire1.jpg hibiware.jpg
 
薄い上に、山土。小石を含んでいる状態で2㎜~3㎜程度に仕上げるものですから、不具合には多少の苦労がありました。乾燥に関してはロクロ部分は薄いので乾燥が一瞬で終わっていきます。小石は大きければ3㎜くらいの大きさがあるので、茶碗を貫通します。口元に1㎜の小石が来ればいわゆる山キズです。現代の精錬粘土を購入している99%の作家さんには関係の無い話ですが、自分で土を作る限り、どうしてもこれは避けられないもの。薄いだけに、ちょっとしたことでヒビも入ります。削り出しをする高台との厚み差によって、晴天時の乾燥収縮による亀裂で一挙壊滅したことも。

 kezurisugi2.jpg hanarezuni3.jpg

厚みが無いので。ウッカリとすれば削り過ぎて穴があく。厚みが1㎜を切ってしまうと、僅かなヒビが入る。手馴れていく程に、薄く薄くなって、この不具合が多くなった時期もありましたか。ようやく慣れてきた頃になると、さて御仕事も終了という辺りでした。今週はこの仕事に掛かりっきり。

hakeme_20140419152110729.jpg

焼成面も、刷毛目。強度的に、少し高めの温度で固く焼き上げるように配慮するわけですが、高い温度で薄いものを焼くと変形が起こり易くなる不具合があります。加えて、刷毛目であれば刷毛目の白が薄く溶けだして薄くなってしまいます。形も、それほど思ったような形で仕上げるのが難しい。まぁ、まだまだ課題としては満足の得られる結果ではないのですが、ともあれ現状で出来る限りの辺りで納めさせていただくもの。
 
yunomi_20140419152149131.jpg 

とはいえそれも一段落。 薄挽きのクセがついてしまうと困るので、残り土で湯呑でも挽いて感覚を戻しておきます。普段は倍の厚みで挽くことも多いのですよ。信楽焼祭りで売る様なものは、割合に息抜きなどで作ったものが多いですね。


と言いながら。別件にて御仕事を頂戴しましたので。
さて、今週もちょっと、忙しくなりそうです。

週刊です。

一週間も書いていないと、さて何をやったんだか思い出すのに苦労したりするような、しないような備忘録日記。先週の末尾に去勢の手術がと書いているので、その辺りから思い出しつつ。

kinakomoti_20140410014518d52.jpg 

手術後は随分と弱り切っていたものの。一週間程でようやく回復してきたようで何より。気温が高くなって、どうも今年はカメムシの繁殖量が非常に多いです。「カメムシの多い年は大雪になる」という話もありますが、さてどうなりますことやら。気温の高い間は外を飛び回っていたり野菜に付いていたり。気温が低くなると家屋の屋根などから入ってきているので・・・隙間の多い日本家屋では浸入を防ぐことは出来ず、即ちカメムシに子猫が飛びついて暴れまわるという、誠に残念な日々です。

まぁネコの話はいいんですが。

一応先週に被害を受けた猿の群れ。いまだに夜中や朝方、屋根の上をドンドンと歩く音がするので、起き出して見廻りをしてみたりもするのですが・・・何とか追加の被害は免れています。とはいえ、例年1度被害に遭うと、しばらくしてもう1回やられるんですよ。食べるほど育ち切っていなかったものが残してあるわけですが、彼らは「エサ置き場」として、次の時に食べるつもりで記憶しているんでしょうね・・・。少しは対策したものの、群れで来れば同じ結果であろうかと思います。

動物つながりで云えば。工房へ行くと中学生が逃げ出した牛を見つけてくれて、追い立てながら連れてきてくれたことがありました。まぁ、逃げ出すのはいつもの事というか、牛からすれば散歩みたいなもので、腹が減れば美味しいエサを食べに戻ってくるわけですが、どうも騒がしいというか、どの牛も興奮状態になっていて、「おかしいな?」と思って帰ってきた牛の様子を見に行ってみると・・・生まれたばかりの仔牛が肥溜めにハマッて、いまにも溺れてしまいそうな危機を発見。何とか事なきを得ましたが、逃げ出した牛も、どうやら助けを求めて走り回っていたのでしょうね。

子供で云えば、昨日は朝から交通安全で早朝から旗振りなどしておりました。最寄り小学校は全体で30人程度の、文字通り田舎の学校。それだけに村の人々からも大事にされているようです。

何故か色々と身の廻りで起こるのはいつもの通り。
余談ばっかりになってしまいますね。

tamaniha_201404100145300a1.jpg 

本焼きの結果でも。まぁ粉引を焼いただけのもの。放置してあった一重口の水指があったので粉引を掛けてみましたが、思ったよりも水指に使えるのだなぁ、と思いつつ。まぁ思いつきで焼いたので完全な試作品です。安い練習用塗り蓋でもつけて、どなたか欲しければ。

実はちょっと、予定していた仕事が減りましたので。忙しいつもりで用意をしていたので、気を緩めてしまったのか、先週来風邪を曳いています。この時期に風邪を曳くと・・・随分とヒドイものを曳くことが多いのですが、例にもれず結構厳しい風邪でした。今日になって少しマシになりましたか。とりあえず必要な仕事だけをこなしつつの1週間でしたね。

 hanamihe.jpg

今日はちょっと花見へ。最寄りの公園です。遠出するほどの体調もなく、一応それなりに仕事もする事がありますので、近隣にて。この時期は窯焚きをしている時期でもありますし、どうにも花見に遠出することは難しいですね。

kaisei.jpg gurandomo.jpg

とはいえ、綺麗に咲いているもの。随分と沢山植えられているし、立派なものではありますが、他に花見の客もなく。田舎の桜というのも、特別に観光MAPに載せたりしていない限りは静かなもの。見る人もなく咲いている花が沢山ありますね。このグランド自体も、秋の運動会で使う他はゲートボールが行われる程度です。

itumonosagyou.jpg 

えっと。それくらいだったかな。とりあえず本焼き中。茶碗の仕事をしております。
明日に窯を出して、調子を見つつ。明日の結果を見て、また記事を書くと思います。

年度の節目

週刊と言いつつ、一週間経ったのか経っていないものの、気にせずに近況記事まで。

meiyosihan.jpg
 

そろそろと社中の方々にもお知らせが廻った事でしょうか。金曜稽古では宗道師が名誉師範を授与されたという話が披露されて。「正式な披露は後日だよ」との話もありましたが、折よく一枚撮らせて頂いたので掲載を。本来なら80歳を越えての授与が通例ということですが、全国巡回講師など特別の御活躍により、との話。誠に御目出度い話でありました。

sakuratoumeto.jpg 

季節は桜と梅が一緒に楽しめる状況ですね。庭に植えられていた桜は早駆けの桜。なので、周囲はまだまだ木々が色づく程度です。山の桜は遅いですが、気候的にも春の色彩が一層に濃密になりつつある気配。肌寒いながら、日なたの嬉しい季節。年度末を迎えての多忙も4月に入って落ち着きつつあるのでしょうか。私も体育協会の引継ぎ会、例によって飲み会も終わりまして、年間渡って宴会準備をする御仕事も無事終了。来年は少し楽になります。

siitakekin.jpg 

手前に積んであるのは椎茸の原木栽培。以前に作ったものからも獲れているのですが、菌を打ち込んでから2年経たないと収穫出来ないのが原木椎茸。牧場の伯父さん御一家との共同作業にて。今年は暖かい日と雨の日が交互に来ていたからでしょうか。シイタケの収穫量は随分と多くなっています。暖かな日和の中、頑張って仕事もして、今日もガス窯を本焼き中。昨日は姪2人が遊びに来ていたので工房などにも外出していたのですが・・・帰ってみると・・・

tamenegiga.jpg konnnakanji_2014040113290343d.jpg

この有様です。残っていた大根なども引っこ抜かれ、捨てられていました。

昨日は完全に群れが畑を荒らしている最中に帰ってきて、正面から遭遇。およそ20~30匹くらいでしょうか。子供連れで群れの規模も拡大中のようです。毎年タマネギが美味しくなる頃と、トウモロコシの収穫の頃にやってきます。一応は網も張ってあるのですが、群れが来るとお手上げ。彼らの様子からすれば、遊園地にでも出かけるような、そんな風情でした。親が廻りを見張り、威嚇しつつ、子供がワイワイと走っていく。そんな感じで畑を好き放題に荒らして、食べないものも方々に投げ捨てて。「今年もタマネギを食べに行こうか」みたいな、そんな感じでした・・・。

oiharaenai.jpg 

各戸に配布されているロケット花火でも威嚇しつつ。山まで追い払いましたが、特に怯える様子もなく、群れは山の木々で遊んで、また人の気配というか、「自動車が出ていくのを見計らって」降りてくる。正直泥棒と変わらないんですよ。家に住んでいる人数を数えて、全員が外出するまで見張ってる。

とまぁ、色々な日々は変わらず。

予想通り、ガス窯の仕事が多忙になりつつあります。GWの信楽作家市の説明会にも行きましたが、申込み者が随分と増えているとか。とはいえ粘土などの材料価格は相当に高騰しています。粘土が2割アップという話も聞きましたか。原価にも関わって来るような値上げ。しかし当然ながら製品単価など上がるわけもなく。今年は・・・例によってそれほど商品が無いものの、クジ運は良かったので場所は良好だったり。実は申込みが出来ておらず、危うく出店出来ないところでもあったのですが、今年も無事に出店させて頂くことになっています。

今日は本焼き。明日は外出と、子猫の去勢手術。
4月一杯はガス窯仕事になるので、薪窯は6月末頃の予定です。
論者:近江の苔

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。かつて古伊賀が焼成された集落に近在。詳細はWeb・交通案内記事など。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。