風炉も終わりに

さて、日曜・月曜と楽志庵の定例茶会にて。私は日曜日の薄茶席水屋に入らせて頂いて。定例とはいいつつも毎回、色々と勉強を重ねてのものでしょうか。茶花一つ勉強すれば、また一つ見方が変わる。軸の言葉に感じるものも、客としての態度も。器もそうなのですが、日々の変化というものは、むしろ定例的なものが在ってこそ自己に感得される側面もあるかと思います。同じ茶碗を作る。同じ古伊賀の花入れを写す。そういった中に、日々の進歩があってこその歳月を重ねていくのが修業というものでしょうか。

nagori.jpg

濃茶席の風炉釜に水指。特に説明は無かったものの、稽古場にて使っている風炉と釜。軸は「一閑」。道具の主役こそ大海茶入にてというものではありましたが、カンはすべて感に通じるという話を教わった覚えがあります。一感。「一」に何を感じるかは様々でしょうけれど、それぞれに何かを感じ取られたことでしょうか。道具組としては茶入に茶碗を主役としつつも、私に多くを感じさせたのはやはり風炉釜ですね。日々への感謝という意味も含めて。

usutyaseki_20131028204508381.jpg

薄茶席。「千峰に入りて万峯去る」。「去」という字は原義としては「行く」。「どこに行くの?」という日本語は、漢語では「どこに去るの?」と書きまして、「去く」をイクと読む場合もあるように思います。漢文といいますか、禅語は元より中華由来の文が多いので、ちょっとしたことですが、感じ方が変わるかと思います。花入は貞光さんにて。

稽古にせよ何にせよ。終わりなく続くもの。そうで在ってこその奥深さ。
信楽花入。土を薪で焼くだけの仕事に、果てしない奥深さがあります。

karahasi.jpg

茶亭を出てすぐに面する瀬田川。舗装も綺麗にされているものの。同じ川にて古来より。
もちろん利休もこの川を何度となく眺めたことでしょうか。

kohikinoutuwa_20131028204506f7d.jpg 

器も。先日納めさせていただいた粉引。同じ作り方ではありますが、少し使うだけで景色も様々に。大きなヒビが浮かび上がってくるものもあるかと思いますが、古作に在るニュウと同じくするもの。製法をしっかりと古式にした場合に入りやすいものです。高台にキズのあるものを自宅で使っているのですが、やはり変化は早いです。昨年に記念品として多くの方に贈った粉引茶碗。毎日のように使ってくださっているというものを拝見させていただく機会がありましたが、かなりの変化を帯びていました。

そんな風に。しっかりと日々の変化を遂げたいものですね。  

一息。

御久し振りでしょうか。ちょっと色々と気に掛かることがありまして、煩悶としながらに過ごしておりました。
昨日は茶道の稽古にて、茶一服といいますか。諸々氷解してようやく元通りスッキリと。

hottohitoiki.jpg hitoiki2.jpg

ここ一週間では、来客があったことと、子猫の体調が悪かったので病院へ連れて行ったりというような辺り。
実は色々気に病んでいた間に、すっかりと多賀大社の献茶式を忘れてしまっていて。

私自身の性格ではありますが、一点集中の反面は神経質。基本的には何事も気にしない方ではありますが、気になってしまうとホントに囚われてしまって、よくありません。その上でちょっと諸々に細かいコトが積み重なっていたので、無駄に疲れ切っておりました。そういった辺りでも、茶から整ってくるというのは有難いものですね。

そうそう。明日はロイヤルオークホテルは楽志庵の茶会です。改めて心身共に整えておかねばなりません。
ともあれ今日は土仕事。そうそう、熱電対の修理を頼みにいかないといけません。

ホント、気の掛かる細かい仕事が膨大なので。1つ1つ処理していきますか。



次へ向けて

少しづつ。一応に窯の計画を簡単に立てて。今日はロクロ。土の準備、薪の準備も。

秋の好日。とはいえ少しづつ寒くなってきました。先週末は地元運動会で随分と忙しいことになるトコロを、雨による延期ということで一先ず連続しての外出が抑えられています。延期なので、その内にまた準備云々が出てくるのですが。

茶道具を挽いていると先日の茶会を思いつつ。まぁ茶席には入っておりませんが、色々と拝見させて頂いたのでおよそ推測しつつ。茶道具を作る際には、やはり思い出深い茶会の雰囲気などを思い出しつつ仕事をする事が多いでしょうか。今回は薪窯の仕事なれば水指・花入が核となる作品。花入1つにしても。やはり花を美味く入れて下さる方の手に掛かれば、本当に花も花入れもお互いに引き立ってくるというコトを思いながら。花というコトでは宗香先生の職人技とも云うべき妙技を見せて頂いているので、それを思いながら考えるのですが、まぁその辺りはまだまだ。

今更に技術云々という仕事でも無いだけに、どういった雰囲気を求めるか、という思案というか、感性を採り入れるべく。色々な茶室がありますが、桐蔭席は本当に格調ある席でした。そういった雰囲気の中に置いて、さて浮き上がってしまうようなこともなく、と言って主張もせず。ひっそりと溶け込むようなもの。そういった作品が出来上がれば、まずまず茶道具としての合格ラインなのでしょうか。

とまぁ、そんなことを考えながらに。ホントに一歩ずつです。数を挽いても意味は薄く、進歩も僅か。むしろそれ以外の物や経験を求めながらですが、なかなかそれも難しい。いい茶席を知るほどに、その上となればどんどんと数が少なくなっていきますから、次第に行き詰まってくるものでしょうか。

ともあれ。頭で考えたり、デザインしたり。そういった仕事ではなく、身に浸みた経験をどれだけ活かせるか、という次第になってきて、より一層に難しい仕事になってきたものだなぁ、と思いつつ、土の仕事を進めています。

桐の紋

ここ数日忙しくしておりましたが、ようやく一息。
mansai.jpg 
柿に栗。秋の季節を感じさせる好ましい素材。良いものを探して手伝っていただいたもの。
早朝夜明けと共に採取して、その足で運搬。この風情を必要とされる方の処へ。

茶の世界では最も著名な茶席の1つと云っても良いのではないでしょうか。京都は桐蔭席。
touinseki.jpg touinkai.jpg
席主はもちろん宗道先生です。この日は前日準備。

kyoutonohasi.jpgtaikoudenka.jpg
京都の端に位置する太閤廟。豊臣が桐の紋。その門前は「桐蔭」。
管理されている方も同じく。茶会の日は18日にて、太閤の月命日。

touin.jpg zenjitujyunbi_20131019112007605.jpg
いわずもがな。準備に入らせて頂くだけでも光栄なものです。
茶道をされていない方には、権威も何もないかもしれません。
それで、いいんだと思います。

 touinhiroma.jpg 
広間にては点心席。拙作の伊賀破れ大壺。ありがたい限り。
柿も栗も菊も。その配置は見事という他なく、壺も引きたてて頂いて。

(さすがに本席の写真は御座いません!)

byoujyou.jpg  
当日は後片付けにて。水屋にも、また客としても入るコトは叶いませんでしたが、
代わりと申しますか。いや十分に有難いもの。

御家元もお越しになられたと聞き及びます。もちろん、他の御来客も、決まった方々。
ツトに知られるような方々が会員として名を連ねておられます。

実は製作していた菓子鉢も、御礼として配っていただくためのもの。

簡単ではありますが、日記まで。本席の様子などは、やはり桐蔭。参席された方の大事なものですから、公開というものではないかと思います。ただただ、深謝するばかりです。

有難うございました。

一息ついてみれば

maturi_201310160421267fc.jpg tenji_20131016042131ff3.jpg

近所にて御不幸があり、陶器祭りが終わって通夜、今日は御葬式へ出かけておりました。
少し遅くなりましたが。改めて販売の御礼を申し上げます。

3日間無事に。各方面の道路が崩落によってほとんど復旧されていない中での開催でありましたが、来客の数も例年通りという辺りでしょうか。高原鉄道の運行不可によって駅前市が開催されていない分、例年とは違う客層の方も御来場されて、ありがたい限り。なかなか、十分に用意出来ていなかったものの、楽しんでいただけたとすれば、嬉しく思います。

kakinomi.jpg 

季節はすっかりと秋。少し柿の実などを探して。
色々な柿の種類があるもので、山の柿一つでも様々。現代は植えるものも決まっていて。例えば植樹がすべてソメイヨシノであることが多いように、食用に植えられる柿は随分と、品種改良にせよ特定のものが多いようです。実のもの。柿色と云われる美しさの本来を思うわけですが、青い柿もあり、橙色にしても色々と色の深浅があるようで。

少しく寒くなりつつあります。さてこそ、次は薪窯。12月初頭辺りでしょうか。そちらへ向けて、しっかりとした準備をしたいと思いつつ、なかなか、乾燥が遅くなりつつありますから、ちょっと期間は短めかもしれません。

会場から

bluetoothnのキーボードに携帯が対応しているので会場から更新です。ちょっと反応がおかしいのでやりにくいのですが、テスト的に。今日から信楽焼祭りにて、陶芸の森にて展示販売中です。ブログが携帯に対応していないので画像はどうも使えなさそう。

店の場所は中央付近のC列13B。今日の朝4時に窯だしをしたものを含めて、雑器類を中心に、焼き締め酒器、展示茶道具など。朝から駐車場は満車ということで、駅前廉価販売市がなくなった分だけ来場者は多いのかもしれません。忙しい時期であったせいか、全く状況を知らないのですが、浸水なども多くあったようで。窯が使えないという状況の方も居られたそうです。高原鉄道も動かず、県内からの山道も使えないという状況のままという事であるとか。私自身はあまり信楽の作家団体とも繋がりを作っていないので、ほとんど知らないままという辺りでした。伝統的なものも少なく、出身も意図的ながら県外の方がおおい多い中、今の方向参加する意義を見出だせずにいます。

それはいいとして。

昨日は無事に菓子鉢も納品を。寸法の感覚というのも難しいもの。ともあれ今回も非常にありがたい場所にてご使用を頂くものにて、出来る限りを尽くしたものの、まだまだ頑張らねばなりません。また別途、佳い話も頂いてきたので、ちょっと山歩きをして、これもその内に話をしますが、今は秘密。

とりあえず現場からの更新まで。

何かが起こるとは思っていたけれど

kawatta_201310102036495ca.jpg kosumosubatake_201310102037032da.jpg

やっと一息。予想外とは云いますが、疎漏無く算段が整ったので、一方で何かが起こりそうな気がして、諸々備えをして進めていたものの。思わぬところで足元を掬われてしまいました。 いくつか手間取るかと思われたものが、予想外に一発で手に入ったので、安心していたところでした。夏祭りの準備で色々な業者さんや店を廻っていたのですが、梱包関係のものはそちらの業者さんでの処理が効いて難なく進んだり。

juyuutenn.jpg 

問題が起こったのはガス。連日にガス窯焼成中の処へ、まさかの「残量0」での燃料切れ。ボンベ自体にも残量0にならない様な工夫が在るわけですが、それを超過している印に気づかず。先月末にガスボンベが入っている筈なので、すっかりと油断でしょうか。まぁ使い過ぎというコトもあるかもしれませんが、理由はともあれ900℃からの時点での停止なので「丸一日の時間浪費」という事態。まぁね。お金はいいんですよ。問題は時間。とりあえず台風の日だったらしいですが、朝一番に直通電話で依頼をして、営業時間前なのに配達をして頂いて。う~ん。ホント、融通を利かせてくれるガス屋さんで助かりました。ガス窯の設置からお世話になったもの。

hakodume.jpg iroiro.jpg 

まぁ。納期を一日待ってもらうというのが普通かもしれませんが。無理の上に無理の算段を組んで。とりあえず3日連続の徹夜仕事で強引に捻じ伏せてみました。ただ今梱包作業中。数量の変更も在ったのですが、一応予想しての紙箱発注を掛けていたのでこれも無難にやり過ごしていました。「降らずとも雨の用意」でしょうか。梱包は応援が来ているのでなんとかなりそうです。いくつか御本が出たり、御本と粉引の関係というか、そんな御話も書こうかと思っていたのですが。

そう。明後日からは信楽焼祭りなので。

そういや高原鉄道が動かないので駅前陶器市は中止であるとか。県内の大きなニュースだったようですが、ついぞ忙しくて全く知りませんでした。来場者数は、さて減るのか増えるのか分かりませんが、品物は必要ですからね。そちらの焼成の時間を使ったので、さっき窯出ししたばかりなんですが今日の内に窯詰め。いっそ焼き始めようかと思ってもいたのですが、ちょっと時間的にも入りきらないので。明日は納品&茶道の稽古なのですよ。

ともあれ。今少し忙しく。睡眠も1時間程度のものを数度という辺り。
ついでに嫁さんは社員旅行で不在という・・・ (共働きです)
最近全く世間のことを知らないままに過ごしているような気がします。

と、そんな感じでドタバタとしながらの御仕事です。

連日

kawatta.jpg 

台風が近づいているとか。少しく雨も降って涼しい日々。

kasibati_20131008222230797.jpg

相変わらずに菓子鉢の製作で手一杯という辺りです。更新も滞っています。

梱包なども見本を持ち込んで確認を頂いて。意外に困ってしまったのは、包装紙を最後に止めるシール。ちょっとしたものですが、昨今はあまりシールも流行らず、なかなか入手に苦労。あと意外に高額だったりしますね。昨今は百貨店などの梱包も随分と粗雑な場合があり、それだけ、包装紙一つにしても梱包する仕事は少なくなっているのでしょうか。結婚式の引き出物も、カタログになってしまうと商品だけという風情ですね。いわば器も料理など中身を飾りたてる装飾品のようなものですが。包装もまた然りでしょうか。手配も全て付いたので、あとは焼き上げて梱包をするのみ。

 kyoumo.jpg

昨日・今日と連日に。一昨日も焼いてます。ちなみに明日も焼くので4日連続での稼働。普通は毎日焼くとなれば二つの窯を交互に焼く、ということを指すのですが、もちろんウチは窯が一つしかありません。ちょっと色々と無理というか、小技を効かせての運用でしょうか。扇風機などはまさにそれなのですが。信楽焼祭りで販売するものを焼こうと思うと、こういった段取りになってしまっています。

ともあれ今日も深夜まで。

少し風邪が流行っている様子。皆さんもお気をつけて。

秋の好日

単衣の季節ももう終わり。随分と肌寒い季節になってきましたか。暇を見つけて書こうと思いつつ、更新まで行かずになかなか記事が更新出来ずにおります。

yaiteyaite.jpg
当面はガス窯。ちょっとの合間を使いつつ時間を節約。連日焼いています。
仕上げに向かっての追い込みにて、順次焼いていく作業。納品まで一週間。一応順調な筈。

同時に紙袋に熨斗紙、包装など細かい準備物の手配が色々と大変です。ネットで注文できるものは色々と助かるのですが、モノによっては簡単に「2~3日後」が「1~2週間後」。要は「在庫を注文して入手出来たら発送」といういつものパターンに困らされつつ。

少しづつ薪窯のことも考えないといけないのですが、地元の運動会も近いので準備作業。今日はグランドの草刈作業にて、飲料の準備から諸々。20人程度の飲料などを安く買ってきて冷蔵庫で冷やすだけ。とはいえ、なかなか面倒なものです。午後からは備品の買い出しで色々と廻りつつ。ちょっとしたものですが、例えば花火一つにしても依頼から何からあるわけで、運動会一つでも準備は多いものですね。そうそう来週末には信楽焼祭りですので、そちらの品も1回くらいは焼成をしたいと思いつつ。時間が無いので時間の使い方をパズルにしつつ。

atarasiku_201310042142207c6.jpg 

そうそう。あと一匹増えました。自宅の中ですが。御近所の酒屋さんにて貰い手を探しておられたので、はい。私もすぐに請け負うのでよくないのですが、「残り物が居ればウチで~」という話にて、ウチへやってくることになりました。なかなか家の中に居ても忙しない感じです。まぁ元気ですね。そろそろ二か月という辺り。

と。色々と細々としたものが重なっての負担。

そうそう。稽古へも行きました。菓子鉢についても色々と意見を伺いつつ。早くも10月にて、中置ですね。もう風炉も終わりという辺りにて。実際に朝晩など火の恋しい季節でしょうか。今はまずファンヒーターなどが多いわけですが、火鉢などの埋もれ火などがあると柔らかく部屋が暖かかったりと、本物の火の魅力というのも好いものですね。

というわけで。今日は終日運動会の事前準備作業。会計処理も色々としなければならないのですが、ちょっと手が回りきらずという辺りです。

茶会のこと

soujikara.jpg temaeza_201310012236240c8.jpg

忙しくしている間に一昨日のコトとなってしまいましたが、ちょっと記事まで。長浜は慶雲館。天皇をお迎えするための迎賓館というようなものであったそうで、今は埋め立てられているものの、もともとは琵琶湖湖岸。京を出発された天皇が、大津港から舟に乗ってこちらに来られていたという話。

青年部の席という事で、諸々の不備や不手際もあったであろうかと思いますが、無事に茶会を終えました。延べ140名ほどでしょうか。20人ほどの席でありますから、8席ともかなり大勢のお客様が楽しまれて。また、伊賀水指も大層にお褒めを頂戴して、誠にありがたい限りでありました。青年部席という目新しさもあり、そちらを楽しみに来ていただいた方も。一同、苦労して準備をした甲斐もあろうというものでしょうか。

  teien.jpg ryuureiseki_201310012235599b3.jpg

茶席は2つ。御指導を兼ねて朝の一服も頂戴して。本来の建物に横付けされて洋館が建てられています。有名な盆梅展もこちらで行われるのでしょうか。明治頃の折衷式の洋館に伴っての立礼席。これもまた時代の流れを感じる組み合わせですね。

niwanokesiki.jpg tyasitunonamae.jpg
 
庭師さんの話もいろいろと。なにくれと、良い経験になりました。


asamade.jpg 

とはいえ。茶会で疲れてしまって、午後から仕事の予定を崩してしまっていたので。

昨日・今日と大忙しで時間を取り戻しています。ガス窯も深夜0時に火を入れたり。また昨日は来客日というものでしょうか。色々な方からの連絡があり、突然の御来訪ありということで、すっかりとテンヤワンヤという感じにて。とりあえず今日もこれから仕事に行こうかと思っております。窯出しをして、明日朝から焼成をする準備に入ってきます。

でわでわ。
論者:近江の苔

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。かつて古伊賀が焼成された集落に近在。詳細はWeb・交通案内記事など。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。