冬備え?

itatigokko.jpg 

ここ最近はイタチごっこをやっておりました。夜中になるとゴソゴソと。ちょっと留守にするとガサガサと。
パンが御好みのようでありまして、長々と滞在してご丁寧にトイレまでして御帰宅されるという有様。

ホント、寝た直後に来ます。気配感じて居るのでしょうな。

ちょっとリフォームが手抜きの箇所がありまして、写真の床側面が張られておらず。といっても応急の補修はしてありまして、僅かに数センチの隙間でありますが、これがなかなかに。イタチさんは冬が近くなると御在宅されまして、ネズミ捕獲機を設置してみたり色々してみたものの、なかなかこれが捕まりません。現場を見るのがようやく。ちょっと色々と被害があったので困ったものです。とりあえずもう仕方が無いので完全封鎖。これはこれで玄関からの勝手口が塞がれるので不便ではありますが。

冬が近くなって。どうもエサが無いのでしょうな。野良猫さんもよく縁側で昼寝などしつつ、こちらが通りかかるとエサを要求する始末であります。前はすぐに帰って行ったもので、一度やればしばらく来なかったものですが、最近は毎日来るようになってきましたか。動物の様々な動きにも冬を感じるこの頃であります。
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。