強風の日。

朝になってから今日が台風らしいという話を聞いて。急な話で御座いました。最近はあまりニュース見て無いんですな。新聞も読んでおりませんから、割合に田舎に隔離された生活を送っております。夕刻頃には随分と降りましたが、それ以外は割合に小康状態という辺り。

kamibakotoutyaku.jpg
 

そうそう。台風の中を紙函が御到着。ありがたいものです。意外に軽バン一回で運搬出来そうなので安心しました。と云っても相応の養生をしなければ難しそうです。梱包などなど、これも時間が掛かりそうですから、いづれ手伝ってもらわねばなりません。ノシ一枚貼るのでも、数が数なのでなかなかの手間になります。納品まで少し時間がありますから、も少し造りこんでからの話ですが。

しかしサスガにちょっと、家の中がジメジメとしております。古い家ってのは湿気といいますか、要は空気をよく吸い込むだけに、空気中の湿度が高いと同じく畳や材木も湿度が高くなって参ります。やがて許容量を超えて来るのか、梅雨頃では湿度が高く感じられるような気がします。いやまぁ、実際に多分高い。機密性の高い現代住宅と違い、家の中でも何か、外の空気を感じます。


今日はさすがに。納品も在ったのでホトンド仕事が出来ておりません。

台風なれば、たまには休みもいいか。
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。